2019年NHKマイルC 前日予想 3強すべて先行馬で早仕掛け濃厚なら・・・ヒモ荒れ期待!

今年のNHKマイルは現段階で桜花賞を制した⑦グランアレグリアが単勝1.5倍の圧倒的1番人気に推されています。

内にモタれて末脚が鈍った朝日杯こそ、今回2番人気の⑰アドマイヤマーズに敗れましたが、前走の桜花賞では、まっすぐ走り、2馬身半差の圧勝と成長を見せてくれましたし、阪神→府中替わりも速い上がりの使えるこの馬にとってはプラス材料。鞍上もG1を3連勝中で絶好調のルメール!まぁ1倍台も納得のオッズです。

そして現在、6.5倍と離された2番人気なのが、⑰アドマイヤマーズ。

こちらは⑦グランアレグリとは対照的に、瞬発力勝負にはしたくないタイプで、東京1600mは正直、プラス材料とは言えず、外枠の8枠17番もマイナス材料・・・距離を意識してか、皐月賞は消極的な競馬で控えましたが、マイルならその必要はないですし、実際に⑦グランアレグリアを負かしているわけですから、もっと人気になっても良いのですが、鞍上のM.デムーロも最近不調なので、結構、オッズに開きが出ましたね・・・

この2頭に人気で続くのが、きさらぎ賞の勝ち馬③ダノンチェイサー。この馬は好位から速い上がりが使えるディープインパクト産駒で東京芝1600mはいかにも合いそう。枠も絶好のとこを引きましたし、鞍上も川田将雅と買える材料はかなり揃いましたからね・・・

この先行馬3頭が単勝オッズ10倍以下で残りの15頭はすべて二桁配当という3強ムードになりましたが・・・展開的には完全に差し馬狙いが正解だと思います!!!

この3頭以外にもアーリントンCを逃げ切った④イベリスにテンの速い中山マイルで逃げてNZTを勝利した⑫ワイドファラオと重賞を逃げ切きれるようなハナ候補が2頭おり、これを3強が追いかけるわけですからね・・・更に今回は⑰アドマイヤマーズが早めに動くでしょうから、前の組はかなり厳しい展開になると思います。

ただ、今回の先行勢は結構、強力なので、そこそこ流れても結局、33秒台で上がられて、後方からでは届かないという結果になる可能性もあるので、差し馬の単複で複勝厚めという買い方をしようかと思っています。

馬名と買い目はコチラから

※単複日記のトップページに記載してあります。

ピックアップした馬は前走、良い脚で伸びてきましたが、直線半ばで内にモタれ一瞬、脚が鈍った事を考えると、左回りの方が走りそう(実際にこの舞台で勝利している)。速い上がりにも対応できるし、露骨な内有利馬場にならなければ、やり合った人気勢の中で垂れた馬を捉えるのはそんなに難しい話ではない!!

まったく人気がないので複勝でも十分儲かるし、このレースが1〜3着ガチガチと言う事は考えづらいので、今年はこいつで勝負します!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    正直オークスに出走していたら、真っ先にカモ扱いしようと思っていたグランアレグリアでしたが、流石に陣営も周知していた為、適距離のNHKマイルの方に参戦という賢明な対応をしてきました。

    まあ正直前走の内容を見る限り、グランアレグリアは精神的にも体力的にも格段に成長しているみたいです。
    桜花賞の内容は強かったですし、時計も破格、今回は得意の左回りの府中に変わるため、もたれる心配も無さそうです。
    枠も内過ぎず外過ぎずの好枠で、この馬は先行力もありますから大きく崩れることは無いと思います。

    なので今回はこのグランアレグリアから外枠の差し馬中心で狙っていきたいと思います。
    なので本命はもちろんグランアレグリアです。冬を越して格段に成長しているので、今なら2歳時に負けたアドマイヤマーズよりも格段に強くなっていると思います。
    先行力のある馬なので、去年のタワーオブロンドンのように不利を喰らう可能性も少ないでしょう。

    対抗はヴィッテルスバッハにします。この馬はスローの流れの府中で32秒台の上がりで差しきっており。直線の短い中山のニュージーランドとローフィーでも最速上がりで3着に突っ込んできています。
    グランアレグリアが前を粉砕して圧勝の流れなら、漁夫の利で追い込んでくるにはうってつけですし、あわよくばグランアレグリアすら差し切りもあるかもしれません。

    3番手評価はカテドラル。マイル戦で今までとは違った新味を見せました。
    元々素質はあった馬なので、前走みたいな競馬をすればここでも好走出来る可能性は十分あります。

    4番手評価はトオヤリトセイト。アーリントンCで3着に追い込んできた馬です。
    殆ど上がり最速を叩き出しており、決め手は1級品。この馬もグランアレグリアの粉砕パターンで展開利が見込めそうな1頭です。

    5番手評価にケイデンスコール。新馬戦ではアドマイヤマーズと僅差の2着になった馬です。
    2歳時の朝日杯こそ体調不良で惨敗しましたが、毎日杯では最速上がりで4着に来ました。この馬も左回りの府中は良いと思う馬なので、人気を落としている今回は狙い目です。
    あとはファルコンステークスを良い脚で追い込んできたハッピーアワー、距離短縮は良さそうなファンタジストをヒモで上げようと思います。
    アドマイヤマーズは、最近のデムーロの不振を考えると切りたいのですが、実力的に一応抑えることにはします。

    今回、きさらぎ賞は展開に恵まれての勝利で、今まで戦ってきたメンバーレベルにも疑問の残るダノンチェイサーは切ります。
    あとグランアレグリアに潰されそうな先行脚質の馬及び、速い上がりの脚の使えないマイネルフラップ、ヴァルディゼール、グルーヴィットあたりも切ります。

    例によって予想と買い目は下記に書いておきます。

    前回はデムーロの糞騎乗のせいで、馬券を取り損なったので、今回デムーロはかなり軽視しての扱いにします。

  2. ボムジュン より:

    NHKマイルカップ予想・買い目

    ◎グランアレグリア
    ○ヴィッテルスバッハ
    ▲カテドラル
    △トオヤリトセイト
    ☆ケイデンスコール
    ×ファンタジスト
    ×ハッピーアワー
    ×アドマイヤマーズ

    買い目

    3連複軸1頭流し  軸◎ ヒモ○▲△☆×××  21点

    今日の府中も比較的外が伸びていたので、外枠中心で勝負します。

  3. よしだよしお より:

    以前、連絡させていただいたことのある吉田と申します。体調こわされたのですか?それとも悪質な嫌がらせでしょうか、いずれにしても寂しいばかりてす。
    また、再開されることを楽しみにしています。