2019年天皇賞・春 前日予想 今年は血統重視で穴狙い!

明日はいよいよ平成最後のG1レース、天皇賞・春がおこなれます。

節目のレースなのでオカルト馬券が売れそうですが・・・それはさておき結構、難解なレースになりましたね・・・

阪神大賞典の圧勝で出走してくれば、人気必須だったシャケトラが調教中のアクシデントで不幸な結末となり、出走できなくなったとはいえ、強い4歳世代の菊花賞1〜3着馬の⑩フィエールマン、②エタリオウ、⑨ユーキャンスマイルが揃って出走し、同世代で菊花賞こそ5着でしたが、年明け初戦で日経新春杯を勝った⑦グローリーヴェイズに逃げればしぶとい⑤メイショウテッコン、そして去年のこのレースで見せ場たっぷりの3着だった⑫クリンチャーと強力な本命馬は不在で、どの馬にもチャンスがあるレースとなりましたが逆に言うとどの馬も信用は出来ない感じですね・・・

現在、1番人気の⑩フィエールマンは勝った菊花賞が「なにもかも上手くいった」感があり、ここでの”絶対感”はありませんし、安定感は抜群ですが、父ステイゴールド同様、2着が続いている「最強の1勝馬」の②エタリオウ。

逃げられなければ、大敗も十分考えられ、今回、⑬ロードヴァンドールや④ヴォージュがいる為、ハナが奪えるか疑問の⑤メイショウテッコンや海外遠征失敗の後に日経賞で着外に沈んみ去年程の勢いがなく、それでも馬場が渋れば軽視出来なかったが、明日は、良馬場で開催されそうで外枠も不利な⑫クリンチャーと上位人気馬達も不安材料がありますからね・・・

そもそも今回、人気に推されているのが、去年の菊花賞上位組なのですが、このレースが特殊な展開で、超スローペースからのヨーイドンで上位入線馬が軒並み33秒台で上がっており、今年の天皇賞・春はまず、そんな展開にならないので、菊花賞上位組の長距離実績は、かなり疑わしいんですよね・・・

今回は⑤メイショウテッコンに④ヴォージュ、そして鞍上横山典の⑬ロードヴァンドールがいますから、淀みのない流れになる可能性の方が高そうで、そうなると、菊花賞を切れ味で乗り切った上位入線馬達、特にディープインパクト産駒の⑦グローリーヴェイズと⑩フィエールマンはスタミナ負けする可能性の方が高いような気がします。

ただ・・・他の馬も弱いので、当初は「それでも4歳勢かな?」という気持ちの方が強かったのですが、どうしても淀みのない流れの3200mでディープインパクト産駒が勝つイメージが湧かなかったので今年は実績よりも血統重視で馬券を購入しようと思います!

馬名と買い目はコチラから

※単複日記のトップページに記載してあります。

正直、今年はG1というには残念なメンバー構成なので、中距離では「弱い」馬達にもチャンスはあると思いますし、少頭数は意外と荒れるので、穴狙いでいってみようと思います!

軸の馬は2頭ともスローの瞬発力勝負では”用無し”ですが、淀みのない長距離戦なら話は別!!1頭は去年のこのレース、せっかくの好枠を鞍上が台無しにするまさかの3〜4角大外ブン回しでも微差でしたので今年は”リベンジ”期待!もう1頭は元々「長距離でこそ」の馬で1流馬のいない今年のメンバーならなんとかなっても良さそうです。

ただ、2頭とも頭はなさそうですし、少頭数の為、複勝もそんなにおいしくはなにので、今回は単複にはしませんでしたが・・・

なんか馬券的には②エタリオウの馬単2着付が正解なような気もしますけどね・・・

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    なんか去年と同じ事をいっているような気がしますが、メンバーのそこそこ揃った大阪杯と比べ、今年の天皇賞春もG1ホースはフィエールマン1頭だけと、やや小粒なメンバー構成になってしまいました。

    今は、ドバイや香港などでクラシックディスタンスのレースがあり、大阪杯もG1昇格になったことが影響してか、有力馬はそちらのレースに出走する事が増えたため、距離が今の主流とはかけ離れた3200mという距離でやっている限り、今後もこういうG2レベルのメンバー構成になっていく傾向にあるのは避けられないのかもしれません。

    今年はフルゲート割れの13頭とやや小頭数の競馬になりましたが、メイショウテッコン、ヴォージュ、ロードヴァンドールなどハナにこだわる馬が3頭もいてそこそこ淀みの無い流れになりそうです。
    しかも先週までは超高速馬場でしたが、金曜日から土曜日にかけてかなり雨が降ったので、そこそこ普通の時計でも走れる馬場状態にはなっているものと思われます。
    なので、ビートブラックが勝った時のような超絶前残りというケースは考えにくく、やっぱり消耗戦で後方で脚をためていた馬に分がありそうな気がします。

    なので今回はスタミナに自信のある差し馬中心で買おうと思います。

    本命はエタリオウにします。勝ち味には遅いものの、長距離では全く崩れていません。
    今回のような消耗戦決着はむしろ望むところですし、自力でスパートをかけられる息の長い末脚は魅力です。
    枠順もいいですし、鞍上もデムーロですから複勝圏から外れることは無いと判断して今回は不動の軸馬にします。

    対抗はグローリーヴェイズにします。この馬は菊花賞で不利な大外枠で一番外を回しての5着、菊花賞で上位に来た馬とほぼ互角の競馬をしたと思われます。
    日経新春杯で淀の消耗戦決着で勝ちきった事を考えると、今回想定される流れにも対応できる可能性は高そうです。末脚の切れ味は今回のメンバーならNO.1の可能性もありますから若干人気を落としている今回は配当妙味を含めて楽しみな馬です。
    鞍上が戸崎騎手なのが若干不安ではありますが・・

    3番手評価はユーキャンスマイルにします。菊花賞の内容を見る限りエタリオウとは若干力量差がありそうですが、この馬もスタミナや切れ味は良いものを持っており、今回の流れもうってつけだと思います。
    こちらは淀の長距離を得意としている岩田騎手ですから、鞍上も魅力ではあります。

    4番手評価にフィエールマン。切れ味は認めるものの、ガチの消耗戦決着は未知数ですし、体調の弱さも気なる為若干評価を落としたのですが、スタミナが持つようなら決め手はNO.1なので。展開的に無視は出来ない馬です。

    正直勝ち負け出来そうな馬はこの4頭だけのような気もします。
    ただ3着争いには漁夫の利の人気薄という可能性もあるかもしれないので、今回爆穴で内枠でスタミナのありそうな、チェスナットコート、リッジマン、カフジプリンスの3頭は抑えておこうと思います。

    今回ヴォージュ、ロードヴァンドールがいてハナを取れるかどうか怪しいメイショウテッコンは切ります。他の先行2頭も同様の理由で切りです。
    クリンチャーも近走を見る限りもうかつての勢いは無さそうですし、極悪馬場には程遠い今の淀の馬場もマイナスなので切ります。
    パフォーマプロミスは57kg以上では好走出来ないのでこれも切り、ケントオーはそもそも3000mは長いと思います。

    例によって予想と買い目は下記に書いておきます。
    今年は年配の馬が軒並み調子を崩しているので、4歳馬有利は揺るぎ無さそうな気はしますが果たしてどうでしょうか。

  2. ボムジュン より:

    天皇賞春予想・買い目

    ◎エタリオウ
    ○グローリーヴェイズ
    ▲ユーキャンスマイル
    △フィエールマン
    ☆リッジマン
    ×チェスナットコート
    ×カフジプリンス

    買い目
    3連単フォーメーション 1着◎ 2着○▲△ 3着○▲△☆××  15点
    3連単フォーメーション 1着○▲△ 2着◎ 3着○▲△☆××  15点
    3連単フォーメーション 1着○▲△ 2着○▲△ 3着◎     6点

    合計                          36点

    爆穴馬の中ではリッジマンに期待したいです。前走は休み明けの上に恐らく道悪が影響したものと思われます。
    消耗戦決着の3000mオーバーでの実績は十分ある馬なので、有力馬が抜けきった後の漁夫の利3着という流れなら十分可能性はあると思います。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      今年の天皇賞・春は予想通り、そこそこ流れたのにも関わらず、
      ディープインパクト産駒のワンツーという結果でしたね・・・
      レース上がりも34秒5と昨年の菊花賞ほどではないにしろ、瞬発力も必要な
      展開で、この流れで道中、最後方のエタリオウは厳しかったですね。

  3. よし より:

    お疲れ様です。
    単複さんやボムジュンさんのように気の利いたコメントが出来ませんので、買い目のみ。
    まず3複軸2流し②エタリオウ⑤メイショウテッコンから①チェスナットコート⑩フィエールマン⑫クリンチャーと、3複軸1流し②から①⑤⑩⑫の実質6点。テッコンと心中ってとこでしょうか。①はお二人に便乗、⑫はミーハー馬券ですね。⑩は腐っても鯛ということで。

    • 単複 より:

      よしさん お疲れ様です。
      平成最後の天皇賞でこれまで勝てなかったディープインパクト産駒のワンツーでしたね。
      ノーザンの外厩で休み明け→いきなりG1好走も当たり前の時代になってきましたし、今回のワンツーもそうですが、様々な過去データが
      まったく通用しなくなってきたのを痛感した天皇賞でした。