2019年高松宮記念 回顧 あの手応えでダノンが負けるとは・・・

昨日行われました高松宮記念でしたが・・・大荒れでしたね。

昨日の中京の芝は朝から時計の速い、前の止まらない馬場で逃げ馬が大活躍!「差し馬狙いは失敗だったか?」とちょっと思っていましたが、「⑮モズスーパーフレアが飛ばすだろうからさすがにメインは逃げ切りはないだろう」と前日予想通り、⑥アレスバローズの単複を購入したのですが・・・ポジション的には絶好の位置だったにも関わらず、追ってからまったく伸びず、9着に敗退してしまいました。

展開的には予想通り⑮モズスーパーフレアがスタートが悪かったにも関わらず、外枠から強引にハナを奪ってくれて2ハロン目から一気にラップが上がり、前半3ハロン33秒2のHペースで引っ張ってくれて、「これなら前が垂れる」と思ったのですが・・・伸びて来たのは内ラチから3頭分以内を通った③ミスターメロディ、④セイウンコウセイ、⑦ショウナンアンセムという露骨な「内有利」の結果でしたからね・・・

まぁ本命の⑥アレスバローズは4コーナーを回った時点で手応えも悪く、伸び切れなかったので、通ったコースどうこうではないのですが・・・1番人気の⑬ダノンスマッシュに関しては、この流れを馬なりで楽に好位を追走し、4コーナーも持ったままで回ってきましたから直線入口では「楽勝じゃねーか?」と思ったくらいでしたからね・・・あの手応えで内から③ミスターメロディに交わされ、一旦は完全に捉えた④セイウンコウセイにも差し返され更に⑦ショウナンアンセムにまで差されるわけですから、馬場の内外の差はかなり大きかったと思います。

今回は後方からの競馬で枠的にもイン突きが出来なかった⑧レッツゴードンキや1200mで位置取りが後方になってしまった⑫ロジクライはこの状況では、勝負圏外でしたし、スタートがあまり良くなく、外枠だった為、ハナに立つまでに脚を使ってしまった⑮モズスーパーフレアも内からすんなりなら結果は違ったと思いますが・・・今年に関して言えば、「直線で内を通れたかどうか」が能力以上にモノを言った感じでしたね。

馬場がちょっと露骨過ぎたので、今回の上位入線馬達は次走以降微妙な感じもしますが、勝った③ミスターメロディに関しては、1200mなら芝でも最後一脚使えるという認識を持たなきゃいけなさそうです。今回は上がり33秒6と今までのイメージにはない脚を使っていましたからね・・・ただ、この馬は良績のある左回り+馬場の良いところを通ったという恩恵もありましたから(まぁそこを通った福永騎手の腕もありますが)次走は確実にパフォーマンスを下げそうですけどね・・・

今年の高松宮記念は馬券的にはどう足掻いても当たらなかったと思うので、別に良いのですが・・・それよりも、いくら内の馬場が良いと言っても⑬ダノンスマッシュがあの手応えで勝てなかった事にびっくりしました!ここらへんがやっぱり「騎手の差」なのでしょうか・・・

関連記事=2019年高松宮記念 前日予想

コメント

  1. よし より:

    お疲れ様です。
    所詮ギャンブルなのは百も承知ですし、予想→結果の過程で知的?に楽しめて当たれば配当が得られるのは面白いと思って遊んではいます。が、こうも「当てモン」的な要素の占める割合が大きいと、データもへったくれもありません。考えてもムダということになりますね。「やらない」のが一番儲かる、となれば(ならないのがギャンブルの本質ですが)困るのは競馬ムラの連中のはす。機嫌よく遊ばしてもらってもお互い損はないと思いますが。
    北村友はまだ若いですし、これからやと思います。私の中では福永なんかより信頼できますね、がんばってますし。
    田辺(ついでに横山のムスコ)にブチ壊されました、中山のG3は。田辺は極端な展開でよっぽどハマった時しか来ない、駆け引きが下手というより出来ません、やっぱり。たぶん目が悪いと思います。せめてヒラボクくらいは来てくれると思ったんですが、もう一人迷手がいました、戸崎。そもそも来る気がなかったかもしれません、ならば得意技「放馬」を繰り出してくれたほうがよっぽど気が利いていたと思います。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      先週の重賞は「理詰め」では馬券を取りづらいレースでしたからね・・・
      G1の日は時計を速くする意図が主催者側から物凄く感じるので、
      能力云々よりも内枠でそこそこの位置取りができる馬を買った方が
      今は正解かもしれませんね?

  2. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    今年の高松宮記念は中心となる馬が居なかったので、難しかったですね・・
    ダノンスマッシュは、立ち回りの上手さで勝っていた感じだったので、外枠での正攻法で勝ちきるまではいかないと思っていたので、こんなものなのかなって気がします。

    勝ったミスターメロディは、立ち回りが上手そうでしたし前走は不利があってのものなので、2~3着ならあるかと思っていたのですが、想像以上の強さだったので、ちょっと見くびっていていました。1400mのほうがベストだとは思うので、京王杯でも上位争いは出来るとは思います。

    私が推奨した4頭は早仕掛けで失速したアレスバローズや先行出来ずに惨敗したナックビーナスなどどれも消化不良のレースでしたが、その中でティーハーフだけは上手く内を立ち回り、直線でも射程圏にいたので、一瞬夢を見たのですが坂がダメなのか直線はいつもの伸びが見られずの5着でした。

    正直3連系で勝負したらショウナンアンセムも十分勝負になるとは思っていましたが。3着候補は10頭ぐらい残ってしまいましたし、それでもセイウンコウセイは入れることは出来なかったでしょうから、ちょっと今回は3連系で当てるのは至難の業だったと思います。
    なので、今回は単勝勝負のみに徹したのですが、それでも及ばず・・
    何とか泥沼状態を抜け出したいものです・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      ティーハーフはいつもよりも前で競馬して掲示板確保とがんばりましたね!
      このレースはボムジュンさんがおっしゃるように「3着候補」は10頭くらいいましたから、
      ショウナンアンセムまではなかなか手が回らないので、この配当になったと思います。
      そしてセイウンコウセイは私も3着候補にも入っておりませんでした(笑)