2019年弥生賞 前日予想 この時期の3歳馬なんて信用できない!

明日は中山で皐月賞の前哨戦、弥生賞が行われますが・・・今日のチューリップ賞も単勝1.3倍のダノンファンタジーこそ勝ちましたが、2番人気のシェーングランツが5着と馬券圏外に飛んだ様に、この時期の3歳馬は本当に信用できないですからね・・・

明日の弥生賞も京成杯を勝った①ラストドラフトと東スポ杯の勝ち馬でホープルフルSでも3着と好走した③ニシノデイジーが人気に推されていますが・・・オッズほどの信頼度はないと思います。

①ラストドラフトはキャリア2戦目で葉牡丹賞の1、2着馬シークレットランとランフォザローゼスに勝ったのは評価できますが、先行有利の中山芝2000mでスンナリ前に行けた恩恵もありますし、当時は4番人気の伏兵でマークも甘かったですからね・・・今度は確実に目標にされますし、先行勢が前走よりも強力ですから、楽な競馬は出来なさそうですからね・・・

そして実績的には最上位の③ニシノデイジーも新馬戦を取りこぼしている様に「鉄砲?」という感じですし、ホープフルSで先着されたアドマイヤジャスタが次走のすみれSでサトノルークスにあっさり負けた事を考えると、ホープフルS組もほとんど追わずに勝ったサートゥルナーリア以外はレベル的に疑問符がつきますし、年明け初戦で余裕残しのつくりでしょうから、ここも2、3着クサイんですよね・・

ただ、他の人気馬もこの2頭を逆転できる材料は乏しいのも事実なので、2頭で決まっても仕方ないかもしれませんけど、だったらまだ勝負付けの済んでいない馬の一発狙いの方が、ギャンブルとしては正解なような気がしますので、今年の弥生賞はキャリアの浅いあの馬の一発に期待したいと思います!!

【ブログランキング記載文】

シュヴァルツリーゼの単勝とラストドラフトとニシノデイジーへの馬連2点。

本命馬の前走のレースレベルが低いのは百も承知ですが、超スローペースでも折り合えた点と直線でフラフラしながらも楽に差し切った内容に魅力を感じたので叩いた上積み期待でこの馬で勝負したいと思います!!

この時期の3歳馬なんてまだまだ分かりませんからね!!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    今年の弥生賞はG1馬こそ不在ですが、重賞馬2頭筆頭にそこそこ良いメンバーが揃いました。
    ただ、当日は雨模様の天気予報で、降り具合によっては、道悪の巧拙が鍵を握るようなそんな状況にもなりそうな感じでもあります。

    展開的には逃げ切り勝ちのあるラバストーン若しくは初戦で逃げたカントルあたりの逃げが予想されますが、いずれにしてもペースはそんなに速くはなりそうも無く、スローペースが予想されます。
    ただ、頭数も少ないので後ろの馬でもそんなに放されず追走できるので、普通に実力通り決まる可能性が高いのではと思います。

    ということで今回の本命は、ニシノデイジーにします。
    展開不向きで内に閉じ込められたホープフルステークスでもお終い鋭く伸びて3着。瞬発力はここでは恐らくNO.1では無いかと思います。
    力のいる北海道の洋芝でも結果を出してきていることから、多少の道悪はむしろプラスに働く可能性が高く、今回も不動の軸馬とします。

    対抗はカントルにします。前走負かしたアドマイヤスコールは、次走水仙賞を好時計で快勝。2走前にはすみれS勝ちのサトノルークス相手にも僅差に迫っており、ここ2走はレベルの高い相手に好走しています。逃げ差し自在の脚質で展開に注文もつかないので、中山コースは向くと思います。

    3番手評価はラストドラフト。道悪の巧拙に疑問があるため若干評価を下げましたが、2連勝で重賞制覇と勢いに乗っています。
    そこそこ位置を取れるのはアドバンテージになるので、道悪さえこなせば上位必須だと思います。

    4番手評価はサトノラディウス。前残りの流れを外から差し切り。初戦は33秒前半の上がりタイムを叩き出すなど、中々決め手のある馬です。
    2000mの持ち時計はNO.1ですし、馬体も大きい馬なので、力のいる馬場も向くかもしれません。

    あとは京都2歳ステークスで、クラージュゲリエに肉薄したブレイキングドーンを上げようと思います。

    例によって予想と買い目は下記に書いておきます。

    今回は非常につまらない予想になってしまいました。
    しかし、穴狙う根拠も乏しいので仕方が無いですね。

  2. ボムジュン より:

    弥生賞 予想・買い目

    ◎ニシノデイジー
    ○カントル
    ▲ラストドラフト
    △サトノラディウス
    ☆ブレイキングドーン

    買い目

    3連複軸1頭  軸◎ ヒモ○▲△☆ 6点(金額は調整します。)

    正直今回は当たってもショボいです・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です!

      重馬場で淀みのない流れになり、人気馬同士が早めに動きましたから
      このレースの結果は鵜呑みには出来ませんが、ニシノデイジーもラストドラフトも
      ちょっとだらしなかったですね・・・

      まぁ私はシュヴァルツリーゼが好走してくれたのに、不的中という
      最悪の結果で終わってしまいましたが・・・