複勝2,020円を取りこぼしたが・・・もっと高い配当が当たった!

今日は京都1Rで初ダートの⑬スナークスターを買おうか悩んでいたら締め切り時間になってしまい、馬券が買えないと・・・こんな時はキッチリ3着に入るもので、しかも1番人気がコケたので、複勝配当はなんと2,020円という高配当!「うわー!やらかした!!」こういうのは引きずると1日ボロ負けするパターンなので、「狙った馬は走っている」と自分に言い聞かせ冷静に検討をしていると、中山3Rが勝負できそうだったので、気持ちを切り替え、挑む事に!

中山3R 3歳未勝利戦 ダ1200m 15頭立て

このレースで狙っていたのは、⑮モリトローテローゼでした。この馬、初ダートの前走で中山ダ1800mを使い、16頭立ての7着とそこそこ走っていたのです。父タイキシャトルで血統的にも短い方が良さそうだし、芝でも1400mの時が1番成績が良かったので「距離短縮はプラス材料だし、ダート2戦目の上積みも見込めるなぁ」と思っていたのです。更に中山ダ1200mでは有利な外枠を引いたし、なにより単勝82.1倍の11番人気とまったく人気がなかったのです!

そしてこのレースは⑮モリトローテローゼの単勝オッズがこれだけつく要因となっていた単勝1.6倍の⑫ブラックアウトがかなり危険な人気馬というおまけつき!!

⑫ブラックアウトはこれまで中山ダ1200mで2戦して共に先行して3着、2着と好走していたのですが、着差が0.6秒、1.2秒と勝ち馬から離されたものだったのです。「この着差じゃあ、普通のレースなら5〜6着でもおかしくないだろ?」と断然人気に疑問を持っており、元々、午前中の未勝利戦で先行して2〜3着を繰り返す馬は「カモ」の可能性が高いので、11番人気の⑮モリトローテローゼの単複を購入したわけです。

すると・・・好スタートから楽に2番手につけた断然人気の⑫ブラックアウトが直線で抜け出そうとしたところに明らかに⑫ブラックアウトよりも良い脚色で迫っていったのが、なんと13番人気の⑬チャンダナ!!そして残り200mで脚色どおりに⑬チャンダナが先頭に立ったところに外から迫ってきたのが、3番人気の⑧トピアリストと⑮モリトローテローゼだからテンションが上がる!!!

「差せ!差せ!!」当然、⑮モリトローテローゼに声援を送るが・・・一番外の⑧トピアリストの脚色が1枚抜けており、あっという間にこいつが差し切ってしまい焦点は2着争いへ!

粘る⑬チャンダナに外から⑮モリトローテローゼが並びかけた時点で複勝的中は確信したが、更に外から⑥ペイシャカノープス(4番人気)も突っ込んできていたので、「なんとか⑬チャンダナが3着に粘ってくれ!」と願うも・・・

ハナ差⑥ペイシャカノープスが3着に上がったところがゴール・・・「ああ〜人気の方か・・・」13番人気の⑬チャンダナが3着であれば、⑮モリトローテローゼの複勝配当はほぼ上限だったろうが・・・まぁ単勝1倍台の⑫ブラックアウトが着外に沈んだ為、そこそこ跳ね上がるだろうと配当を期待していると・・・

なんと!!⑮モリトローテローゼの複勝配当3,560円30倍オーバー!!!

ちなみに⑮モリトローテローゼの複勝オッズは8.6倍〜38.1倍だった為、⑫ブラックアウトが飛んだ影響がでか過ぎた結果でした!

そしてこのレースはズブズブの差し馬決着で決まったのに、先行して断然人気の馬を競り落とし、微差の4着まで粘った⑬チャンダナは次走は絶対買いですね!

今日は3場とも単勝1倍台の馬が飛びまくっており、この後中山7Rのダ1800m戦でも先行馬が少なく、スローペース濃厚のレースなのに差し馬の⑪グロンフォールが単勝1.5倍の圧倒的なオッズだったので、先行馬の中で唯一、まともな成績だった⑯グラスブルースの単複を購入したら・・・

展開利を味方に⑯グラスブルースが圧勝し、2着も前にいた④オーケストラという行った行ったの決着に!!当然、この流れでは単勝1.5倍の⑪グロンフォールの出番はなく、5着まで追い上げるのが精一杯。

まずは⑯グラスブルースの単勝2,920円を仕留め、続いて

複勝1,270円もGET!!

⑪グロンフォールが3着以内だったら、⑯グラスブルースの複勝なんて3〜400円でしたからね!!

京都1Rの取りこぼしを中山でカバーでき、大満足の1日でした!!!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    中山3レースは私はダディフィンガー鉄板と思っていたレースだったのですが、取り消したのでブラックアウトが押し出された感じでダントツ人気になりました。
    正直ダディフィンガーが出走していればブラックアウトは危険だと思っていたのですが、展開が楽になりそうだったので、流石にこれなら複勝圏は硬いかと思っていたのですが想像以上に弱かったのは驚きました。

    モリトローテローゼは調教の動きが良かったですし、初戦の内容から距離短縮は良さそうでしたが、他にも穴っぽい馬もいたのでこの馬1本に絞っての狙いは見事だと思います。

    中山7レースに関しては、グロンフォールは前走でマクリ戦法を取っていましたし、タイムも秀逸で完全に一皮むけたと思ったのですが、実際には休み前と何も変わっていなかったですね。
    私はグロンフォールのマクリで先行馬は厳しいと思い、グロンフォールから、ヒロノワカムシャ、トミケンエンデレアへのワイド2点流しで勝負したので完敗でした。
    前残りと読むならば、グラスブルースは当然買える馬ですから、マクリ不発の展開を読み切った単複さんの眼力は流石だと思います。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      この日は午前中から各場で1番人気が飛びまくってましたからね・・・
      単勝1倍台が馬券圏外に飛ぶと、複勝配当が単勝なみに跳ね上がりますから
      おいしかったです!!