2018年ホープフルS 前日予想 今年最後の中央G1は・・・

明日はいよいよ、今年最後の中央G1レースであるホープフルSが行われます。

そして、現在1番人気は単勝1.8倍と圧倒的な支持を集めている5番サートゥルナーリア!「やっぱりか・・・」という感じの人気ですが・・・

血統的にも母シーザリオに父が初年度からアーモンドアイという”怪物”を輩出したロードカナロアで半兄がリオンディーズやエピファネイアですからね・・・まさに”超良血馬”で実績的にも前走の萩ステークスが圧巻!!

この血統らしく、気性はかなり荒そうで、終始行きたがり、かかり気味に道中を追走。ところが、いざ直線に向くと、垂れるどころか鞍上のM.デムーロがまったく追わずに「持ったまま」勝ってしまうという物凄いパフォーマンスでしたからね・・・

今回は札幌2歳S、東スポ杯を連勝中の1番ニシノデイジーが出走しているのに、単勝1倍台ですからね・・・まぁ当日になれば、1番ニシノデイジーの単勝がもっと売れて差は縮まるでしょうが、おそらく最後まで5番サートゥルナーリアが1番人気でしょう。

しかし!!

この5番サートゥルナーリア、結構、コケる可能性もありそうなんですよね!!

この血統特有の気性の悪さは前走を見れば明らか!そして1600m→1800mときて今回は更に距離が伸びる2000m。これまでのレースを見る限り、現時点では明らかに距離延長はマイナス材料でメンバーも強化されますからね・・・

更に前走の萩ステークスは最内枠だったので、スタートから前に壁を作れる状況だったので”暴走”こそしませんでしたが、今回は一応、内枠に3番キングリスティアという逃げ馬はいますが・・・この馬の新馬戦の1000m通過タイムは61秒2とそこまで速くはなく、あと前に行きそうなのは番手OKで大外枠の13番コスモカレンドゥラくらいのものなので、3番キングリスティアがちょっとでもモタつけば、下手すれば5番サートゥルナーリアが押し出されてハナに立ってしまう可能性も考えられます。

そうなるとあの気性では現時点では2000mは保たないでしょうから、馬券圏外まで飛ぶ可能性もなくはないと思います!

まぁ2歳戦なので、いきなり変な馬が逃げたりとかは十分考えられますし、そこそこ流れれば多少、折り合いを欠こうが5番サートゥルナーリアがぶっちぎってしまう可能性もありますが、単勝1倍台なら「喧嘩を売る」価値はあると踏んで、今年最後のG1(中央)は思い切った穴狙いでいきたいと思います!!!

【ブログランキング記載文】

今年最後のG1は中山得意な田辺騎乗のジャストアジゴロの単複で一発狙い!!

ペースがスローでも5番サートゥルナーリアがいれば、全体的に仕掛けは早めでしょうし、逆にHペースになれば、この馬の末脚が必ず活きるはず!!

鞍上も中山得意だし、新馬戦で先着した相手よりも人気がない今回は絶好の狙い頃!

例年よりも差しの効く今の中山の馬場で展開利があればここでも十分通用すると思いますし、仮に5番サートゥルナーリアがぶっちぎっても、それはそれで、5番サートゥルナーリアを負かしに行った有力馬が垂れたところに”漁夫の利”的に突っ込んでこれそうでこの人気なら複勝だけでも十分利益確保可能です!

正直、実績No. 1の1番ニシノデイジーもかなり強力だと思ったのですが・・・勝浦がここでG1を勝つとは思えず、ちょっと割引ましたので、この馬で勝負しようと思います!!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    今年は萩ステークスを馬なりで快勝したサートゥルナーリアと、重賞2連勝中のニシノデイジーというかなり強い馬が出走しており、伏兵陣も一筋縄ではいかないメンバーが揃っていて中々難解な一戦になりそうです。

    その中でもエピファネイアの弟、サートゥルナーリアが現在圧倒的人気ですが、正直稽古の動きだけ見ると、坂路で馬なりでラスト2ハロンが23.9-11.9という2歳馬では考えられないような破格のタイムを叩き出しており、相当なスピードと瞬発力を秘めた馬であることは間違い無いと思います。

    ただ、反面今まで厳しい競馬を経験したことが無く、引っかかる気性などから今回、相手強化、2000m、輸送など克服しないといけない課題も多く、危険な材料もある馬だと思います。時計や上がりタイムの裏付けも、距離実績も無いので、オッズを考えると割が合わないので今回は思い切って消すことにします。

    展開的にはキングリスティアというそこそこ速いペースで逃げる馬がおり、平均ペースぐらいで流れるとは思うので、今の外枠差し馬有利の馬場を考えると、内枠の馬よりも馬場のいいところを通れる外枠の馬中心で狙うのがベストかと考えます。

    ということで今回の本命は、ヴァンドギャルドにしようと思います。
    初戦は荒場場で上がり33秒台の脚を使って快勝、強敵揃いの東スポ杯でも上がり33秒9の脚を使って僅差3着。ディープインパクト産駆らしいいい末脚を持った馬です。
    外枠を引いたのも今の馬場を考えるとプラスですし、初戦の内容から多少荒れた馬場になるのも好材料なので、5番人気と若干見くびられている今回は絶好の狙い目だと思います。

    対抗はニシノデイジー。枠順が内で荒れたところを通らなければいけない為、2番手評価としましたが、実績的にはNO.1の馬です。小回り札幌と広い東京と全く違う舞台で両方とも結果を出しており、決め手と早めに上がっていける器用さ勝負根性全てを兼ね備えており、唯一の懸念だった折れ合いも、最内枠を引いたことで前に馬を置きやすいので心配なさそうですから、今のところ死角らしい死角は見当たりません。
    それでいて、サートゥルナーリアとはオッズ的にかなり差がありますから、配当妙味的もありそうです。

    3番手評価は思い切ってジャストアジゴロにしようと思います。
    この馬は2戦とも上がり最速を叩き出しており、初戦の新潟では上がり32.7秒という新潟とはいえ2歳馬としては1流の上がりタイムと叩き出しています。
    この時負かしたコスモカレンドゥラが、後に黄菊賞を勝った事からこの馬も重賞クラスで十分勝負出来る可能性はありますし、外の馬場のいいところを通れれば非常に面白い1頭だと思います。

    4番手評価はコスモカレンドゥラ。器用さと先行力を兼ね備えた馬で、終いもいい脚を使えるセンスのある馬です。
    やや後ろから行く馬の多い面々の中で、そこそこ前目につけれるのは強みですし、終いもバテずにいい脚を使える馬なので、小回り中山2000m向きの馬だと思います。
    人気も8番人気と相当馬鹿にされているので、ここも配当妙味を考えて狙ってみたい1頭です。

    5番手評価はブレイキングドーン。内枠なのがネックですが、先行差し自在に立ち回れて決め手も鋭い馬です。
    前走クラージュゲリエには屈しましたが、後続は引き離しており、他の京都2歳ステークス組との勝負付けは済んだ感じです。
    今回は中段ぐらいにはつけられそうな感じなので、上手く立ち回れば出し抜けを喰らわせる可能性も十分あると思います。

    あとは、単騎逃げ濃厚のキングリスティア。初戦の相手は牝馬クラシック候補のラヴズオンリーミーで、未勝利戦の内容が良く、大型馬で上積みの見込めそうなヒルノダカールを抜擢しようと思います。

    尚、今回初戦でブレイキングドーンに完敗、毎回ゲートで出遅れていて上がりタイムも平凡なアドマイヤジャスタ、前走展開が向いたのに、ブレイキングドーンに完全に千切られたミッキーブラックは切ります。
    他の人気薄馬は決め手能力的に大分足らないと思うので、これらも消しです。

    例によって予想・買い目は下記に書いておきます。

    今回は少し夢見がちな勝負になりそうです。
    正直あまり期待は出来ないと思います。
    東京大賞典も明日はありますし、ここはあまり入れ込まない方が良さそうです。

  2. ボムジュン より:

    ホープフルステークス予想・買い目

    ◎ヴァンドギャルド
    ○ニシノデイジー
    ▲ジャストアジゴロ
    △コスモカレンドゥラ
    ☆ブレイキングドーン
    ×キングリスティア
    ×ヒルノダカール

    買い目

    3連複BOX 上記7頭

    重賞ではありませんが、阪神メインのベテルギウスステークスのほうが面白そうなので、こちらの予想も下記に書いておきます。

    • 単複 より:

      ボムジュンさん お疲れ様です!
      1〜3番人気での決着というガチガチの結果になってしまいましたね・・・
      まぁ上位人気馬の中で1番カモっぽかったアドマイヤジャストに展開が向いて
      しまったので仕方ない面もありますが・・・
      今日、差し損ねた馬達の次走で馬券リベンジするしかないですね!

  3. ボムジュン より:

    ベテルギウスステークス予想・買い目

    ◎カゼノコ
    ○ロードアルペジオ
    ▲ジュンヴァルカン
    △トップディーヴォ
    ☆タムロミラクル
    ×ピオネロ
    ×サングラス

    買い目

    3連複軸 1頭流し  軸◎ ヒモ○▲△☆×× 15点
    3連複軸 1頭流し  軸○ ヒモ▲△☆××  10点

    先行タイプのコパノチャーリー、ヨシオは休み明けで出来一息。他にも出来が今一つの馬が多く直線は一杯一杯になりそうな馬が多そうなので、決め手に勝る2頭を抜擢しました。
    特にカゼノコは前走不向きな小回りでもいい脚を使って伸びており、その後稽古の動きが明らかに変わってきました。
    脚質的にも坂のある阪神コースはプラスですし、4走前はセンチュリオン相手に僅差2着の実績もありますから、10番人気の低評価なら今回は非常に面白いと思います。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      このレースはどれもこれもイマイチ信用できなかったので私は見しましたが、
      58kgでコパノが逃げれず、代わりに逃げたプレスティージオが3着に残るという
      ちょっと予想の難しいレースでしたね・・・

  4. よし より:

    こんにちは、お邪魔します。
    早速ですが、ホープフルS買い目。番号で失礼。5番が被されるのを嫌って早め先頭で、そのまま行ってしまうか、G手前で差し追い込みが届くか。どっちかというと後者のイメージで、3複軸1流11-1,2,5,9,13で行きます。重賞実績重視ということで。5は残ったら困るので入れときますが兄弟決着なんて見ていてもつまらんですけど。勝浦を心配する声もありますが、どっちかというと高木厩舎のほうがタコですね。でも実績で入れます。13は番手で粘れるかどうか、9は大外から突っ込んで届くかどうか。こんなトコでしょうか。昨日の
    兵庫GTは、3複で12-1,2,3,6の6点で行きましたが2が返還、1-3-6で決まっちゃいました。
    何かイヤな予感がします。では。

    • 単複 より:

      よしさん お疲れ様です!

      キングリスティアの出遅れで、超スローペースになってしまいましたね・・・
      私も差し狙いだったので真逆の結果で撃沈です・・・

  5. いし より:

    お疲れ様です!サートゥルナーリア・コスモカレンドゥラ二頭軸でニシノ・ドーン・ジャスタ・ヴァンドへ流しました!当たりますよーに!

    • 単複 より:

      いし お疲れ様です!
      ニシノかジャスタ、どっちがコケてくれれば的中という惜しい結果でしたね!
      私はカスリもしませんでした(笑)