2018年有馬記念 回顧 シュヴァルグランの位置取りが想定とは違ったが・・・

本日、行われました有馬記念ですが、勝ったのは最終的に3番人気まで支持された3歳馬の8番ブラストワンピースでした。予想通り14番キセキが逃げる展開となりましたが、レース前から降りだした雨の為、稍重の馬場状態で1000m通過が60秒8と速い流れになりましたが、馬なりで6〜7番手を追走し直線入口では、2番手集団に取りつくと、前を行く14番キセキをアッサリ捉え、1番人気の12番レイデオロの猛追をクビ差、凌ぎきり1着でゴールするという強い内容だったと思います。

この馬、春から「大物感」はありましたが、ダービーでは、直線で包まれて不完全燃焼でしたし、菊花賞は体調が万全ではなかったようでクラシックには縁がありませんでしたが有馬記念で古馬相手に快勝し、G1馬となる事ができましたね!鞍上の池添騎手はこれで有馬記念最多の4勝目と相変わらず大舞台には強く、スプリンターズSから続いていたG1の外国人騎手連勝記録を止めてくれましたね。

今日のレースを見る限り、8番ブラストワンピースはやはり時計の速い東京や京都よりも上がりのかかる競馬場の方が向いていそうですね・・・ある程度のポジションも取れますし、器用さもありますので、中山がピッタリといった印象を受けました。なので来年は天皇賞・春よりも大阪杯や宝塚記念の方が合いそうな感じです。

2着に敗れた12番レイデオロは、能力は出し切った感はありましたし、この馬なりに走っているとは思います。勝った8番ブラストワンピースとは斤量が2kg差ありましたし、仕掛けのタイミングひとつで逆転は十分可能でしたから、そんなに悲観するような内容ではなかったのですが・・・現3歳世代には、8番ブラストワンピースの他にもワグネリアン、アーモンドアイと強力な馬が控えてますからね・・・ここで勝てなかったのは正直、痛かったのではないでしょうか?来年以降は強力な3歳勢と戦わなくてはいけませんからね・・・充実の4歳を迎えるひとつ下の世代相手にはちょっと分が悪そうですね・・・

3着には、今回は位置取りが悪くなり4角10番手から差してきた15番シュヴァルグランが突っ込んできました。外枠+14番キセキが思ったよりも速いペースでレースを引っ張った為、想定よりも後ろからの競馬になりましたが、ボウマン騎手が3〜4コーナーで外に出さずに馬群を捌いてくれたので、馬券圏内に届いてくれました。レース上がりが36秒9と渋った馬場+Hペースだった為、この馬の上がりでも届く展開になってくれた面はありますが、けして得意ではない馬場で昨年と同じ3着を確保したのは立派だったと思います。中山2500mの有馬記念は瞬発力勝負にはなりづらいですから、この馬に合っているのでしょうね。

馬券的には予想よりも後ろからの競馬になったので、若干焦りましたが・・・本命のシュヴァルグランが3着は死守してくれたので複勝370円を仕留める事ができ、結構、儲けさせてもらいました。

また、注目を集めていた1番オジュウチョウサンですが、先行して垂れて9着に敗退と、まぁ予想通りの結果でしたが・・・この馬が好スタートからハナに立ちかけた事により、外枠だった14番キセキがスタート後に結構、脚を使わされ、このHペースになったわけですから、個人的には感謝しております。おそらく、14番キセキが楽にハナに立ってペースが上がらなければ、15番シュヴァルグランは、あの位置取りでは”用無し”だったでしょうからね・・・展開面という点では1番オジュウチョウサンはかなり重要だったと思います。

そして・・・ボムジュンさん&よしさん!!有馬記念的中おめでとうございます!!

14番キセキ3番モズカッチャンを切っての3連複的中はお見事だと思います!私がもし3連系の馬券を買うなら、14番キセキは切りきれなかったでしょうからね・・・来週のホープフルSもみんなで的中出来るように頑張りましょう!!

関連記事=2018年有馬記 念前日予想

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    いやあ、単複さん、よしさん暮れの大一番での的中おめでとうございます!
    そして私もお二人ほどの鮮やかさはありませんが、何とか的中することが出来ました!
    これだけ皆さんが揃っての的中ってのは、ここのところ無かったので今後もこういう事が沢山あればいいですね。

    それにしても、ブラストワンピースは強かったですね。潜在能力がありながら、今までG1では不利を食ったり大外ぶん回されたりでしたが、ようやく栄冠をつかみ取ることが出来ました。
    まだまだ伸びしろもありそうですし、うまく成長すれば来年は飛躍出来る可能性もあるかもしれません。

    逆に人気しながら5着に沈んだキセキは、懸念していた通りの結果になりました。
    外枠引いた時点でハナにたつのにスタミナをつかわされましたし、いい感じで直線に向きながら坂で失速。日経賞でも同様のケースで直線失速しましたから、やはりこの馬は中山コースは合わないと思います。多分坂が苦手な馬の可能性がありますね。
    スタミナは十分あると思うので、坂の無い淀や緩やかな登りの府中での巻き返しに期待ですね。

    単複さん本命で、私も有力候補扱いしていたシュヴァルグランは後ろからの競馬になりましたが、元々消耗戦決着には強い馬ですし、展開も馬場も差し馬に味方しましたから、なんとか3着に来ることができました。やはりボウマン騎手はこの馬の事をよく知り尽くしていますね。外枠ということで低評価だったのは、ネット競馬全盛の時代ならではなんでしょうね。最近のファンは枠順の有利不利に過剰反応する傾向がありますから。

    今回私個人の予想としては、満点とは行かないまでも差し展開・馬場そのものは読み切れたこと、過剰人気馬をきちんと理詰めで切ることが出来たので久しぶりに合格点の結果だったのかなと思っています。
    とはいえ、モズカッチャンは自信満々の即切りでしたが、キセキ切りは結構思い切った感はありました、単騎逃げはやっぱり怖いですからね。

    さて、泣いても笑っても28日は中央競馬の最終日。重賞はホープフルSを残すのみとなりました。

    萩ステークスを馬なり快勝のサートゥルナーリアと、中距離重賞2連勝中のニシノデイジーとの一騎打ちムードが漂ってはいますが、まだ若い馬達の対戦だけに大きな変わり身を見せてくる馬もあるかと思いますので、波乱の可能性も十分あるかと思います。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      今回は揃って的中という、嬉しい結果でしたね!
      毎週こうだと良いのですが(笑)

      キセキは色々不安要素はありましたが、単騎逃げ確定でしたからバッサリ切りづらい面がありましたが、消して正解でしたね!
      ブラストワンピースはG1でやっとまともに走れた感じで強かったですね!
      2歳戦のホープフルは難しそうですが、最後も揃って的中といきたいですね!

  2. いし より:

    お疲れ様ですー。単複さん、ボムジュンさん、よしさん的中おめでとうございますm(__)m自分は発走時間を間違えて馬券を買い逃してしまいました。サトノダイヤモンドから買おうと思っていたので救われたんですが、やはり年末の大一番には参加したかったので残念ですー。

    • 単複 より:

      いしさん お疲れ様です!
      普段は買い逃しで救われた場合は「ラッキー!」で済みますが…有馬は買いたかったですよね…
      しかしまだ、東京大賞典もホープフルも残ってますので、有馬の分もそこでリベンジですね!

  3. よし より:

    こんにちは、お邪魔します。
    皆様より、格段のお言葉を頂戴し恐縮至極です。有馬記念はブライアン-アマゾン以来の久々の的中でした。ここでの皆さんの分析が導いてくれたような気がします。さて
    レースの件ですが、ポイントがいくつかあって、幸運にもかみ合ってくれたと思っています。一つ目は「雨」。枠順より底力の有無が決め手になったこと。シュバルはよく来てくれました。二つ目は「川田」。きちんとレースを作ってくれました。秋4戦目と急坂に阻まれた感がありますが上々のレース振りだったと思います。三つめは「絶対コケられない池添」。馬体の成長もあったようですがスタートから積極的に出していけました。じゃあ菊も来んかいと思ったのは私だけではないでしょう。推測の域を出ませんが、ブラストワンピースは、ノーザンFから3歳有利なこのレースに割り当てられた、と考えれば妙に納得がいきます。
    饒舌ついでに。
    中山10Rダ1200M。外国人騎手が乗る外枠の差し馬に印が集中していましたが、まず逃げる1番から7番8番11番14番へ3複で流しました。8は中山ダ[2‐5‐1‐1]なのにほぼ無印、そして「雨」。1と8が2頭でそのままGへ、14がなんとか3着、7がハナ差4着。
    年に一回あるかないかの「かみ合った」日でした。
    あと一つ、皆さんについていければと思います。では。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      よしさんの「絶対にコケられない池添」がハマりましたね!じゃあ菊もこんかいも激しく同意です(笑)

      混戦模様の中山10Rをその点数で的中はすごいですね!おめでとうございます!有馬より儲かってますね!