2018年阪神ジュベナイルフィリーズ 回顧

本日、行われました阪神ジュベナイルフィリーズですが・・・終わってみれば固い決着でしたね・・・

勝ったのが1番人気の13番ダノンファンタジーで2着が2番人気の9番クロノジェネシス、そして3着も11番ビーチサンバという馬券圏内はすべて単勝10倍以下の人気馬達が占めるという結果に。

最内枠から1番ベルスールが果敢にハナを主張して前半3ハロン34秒8と淀みのない流れで引っ張った事により、後方にいた人気馬達が脚を余す事なく、力を出し切れる展開となりましたね。

4角16番手の13番ダノンファンタジーが勝ち、4角17番手の9番クロノジェネシスが2着という「ズブズブの差し決着」という改修後の阪神外回りらしい結果と言えば結果ですが・・・正直、今年は人気馬達の能力がそれほど抜けているとは思えなかったので、馬券的には完敗でした。4着まで3番人気の4番シェーングランツでしたから消した馬に上位を独占されてしまいましたね・・・

馬券を購入した5番メイショウショウブが直線で先頭に立ち、後続に2〜3馬身リードを取った時は「おっ!やったか?」と一瞬、思いましたが、ゴール前で外から4〜5頭に一気に飲み込まれてしまいましたし、「2頭出しは人気薄」と思い、もう1頭購入した18番メイショウケイメイに至ってはまともに先行も出来ずに11着に沈んでしまいましたからね・・・

「1頭くらいは先行馬が絡む」と思っていたのにこの結果ですからね・・・今回は完全にやられました。

勝った13番ダノンファンタジーも2着の9番クロノジェネシスも今までよりも後方からの競馬になりましたが、きっちり最後まで伸びてワンツーフィニッシュですから、この2頭はここでは能力が抜けていたという事でしょう。ただ、負けた馬も含めてまだ2歳ですから、今後の成長力次第ではまだまだ着順は変わりそうですね・・・そして来週の朝日杯には今回勝った、ダノンファンタジーに新馬戦で並ぶことさえ許さず圧勝し、続くサウジアラビアRCでは牡馬を子供扱いしたグランアレグリアが出走します。この馬が朝日杯を勝つようだとこの世代の牝馬では頭ひとつ抜けるでしょうからね・・・そうなると阪神JF組は「2番手グループ」になってしまうでしょうし、まだデビュー前の素質馬も出てくるでしょうからね・・・今年の阪神JFは来年のクラシックに直結する可能性は低いように感じます・・・

個人的には来週の朝日杯でグランアレグリアに圧勝してもらい、無事なら桜花賞当確みたいな流れになる様な気がしておりますが・・・どうなるか楽しみですね!!

関連記事=2018年阪神ジュベナイルフィリーズ 前日予想

コメント

  1. よし より:

    こん○○は、お邪魔します。
    ひょっとしてと思っていたらやっぱり。4角で13番、9番は外を廻したまではよかったのですが、4番武が馬群に突っ込んでいきました。せめて元返しと思ったんですが。藤沢厩舎は馬の能力云々よりも、厩舎サイドの意向が出るんですね。次走はアリかもしれませんけど。
    ウオッカの子が次週登録してますね。いちいち調べてなかったんですが、分かってたら今回買い目から外してたかも。
    コパノキッキングは強かったですね。激走後+柴田大で土曜みたいに「やらかし」ちゃうかな?と思ったんですが。どうせなら藤田を乗せたったらよかったのに。
    今週は結構ヤラレちゃいました。まあほどほどにということで。では。

    • 単複 より:

      よしさん
      お疲れ様です!
      中山のコパノキッキングは強かったですね!
      後方に構えたからいらないかな?と思ってましたが、大外から差し切りましたからね!
      確かに、あれだけ強いなら、藤田菜七子に乗せれば…といった感じでしたね(笑)

  2. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    今年の阪神JFは順当に人気馬が上位独占しました。
    ベルスールが完全に引っかかって暴走してしまい、前半3ハロン34秒8とこの時期の2歳馬のマイル戦にしてはかなり速いペースになりましたから、ズブズブ決着になるのは必然ですね。
    そんな中単複さん本命のメイショウショウブは、先行した馬の中では最先着ですから、上位馬とは実力差はあるでしょうが、今後もそこそこは期待出来るのではないでしょうか。むしろダート1400mや1600mあたりの条件のほうが適していると思うので、3歳になってからはダート路線にも矛先を向けて欲しい気もしますね。

    私の本命ビーチサンバも3着と頑張りましたが、上位2頭は更に外をまわしてのもので、4着のシェーングランツはかなりロスがありましたから、正直この3頭とは実力的に若干劣るかなと気はしました。
    正直この3頭は来年のクラシック戦線でも、活躍できそうな能力を秘めていると思います

    私は今回はハイペース予想だったので、なんとか的中はしましたが、アルテミスステークス組の方が強いとみたのが裏目に出て、1着2着馬を比較的下位の評価にしていたため、残念ながらトリガミになってしましました。まあ、今回は流れそのものは読み切りましたし、負けはしましたが取りあえず当てることは出来たので、これで流れが変わればと思います。

    次回は朝日杯FSですが、新馬戦で今回勝利したダノンファンタジーを全く寄せ付けなかったグランアレグリアが果敢に牡馬戦線に殴り込みをかけてます。
    果たしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?

    前走もまだまだ伸びしろを感じさせる反面、気性面での危うさも感じさせる内容でしたから、鞍上ルメール騎手の手腕が問われる一戦になりそうな気はします。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      今年は牡馬勢が小粒なので、グランアレグリアが勝っちゃうかもしれませんね…