2018年 マイルCS回顧 今日の内有利の馬場では枠順だけで買うのが正解だったかも・・・

本日行われましたマイルCSは、”終い一辺倒”という理由で馬券的には消した1番スティルヴィオが勝ち、2着も同様の理由で消した2番ペルシアンナイトが入線するという最悪の結果になってしまいました・・・

この2頭は後方から外を回して競馬すると思っていましたが、なんと2頭とも中団よりも前にポジションを取るという想定外の位置取りをされ、そのまま3〜4コーナーでも外に出さずに直線も内から伸びた白い帽子のワンツーフィニッシュという形でしたが、1番スティルヴィオのビュイック騎手も2番ペルシアンナイトのM.デムーロ騎手も今日の京都の馬場状態(内が異様に伸びて前が止まらない)を良く理解しており、馬本来のスタイルを崩してでも前半、前のポジションを取りに行き、結果をだしたので「さすが」の騎乗だったと思います。

前半3ハロンが35秒フラットとマイルG1としてはかなり遅い流れでしたからね・・・内の5〜6番手を追走できた1、2着馬にとっては前さえ詰まらなければ絶好の展開となったのは事実ですが、G1で追い込み馬を前付けさせるのはかなり勇気がいる事なので、2人ともお見事だったと思います。

3着に粘った3番アルアインはマイルでも詰めが甘かったですね・・・このペースで2番手追走だったわけですからもう少しやれると思っていたんですけど・・・1、2着馬には完全に”切れ負け”し、最後はこの馬場で外から追い込んできた3歳馬の16番カツジにアタマ差まで迫られた格好でしたからね・・・ちょっと情けない内容だったと思います。結局、マイルでも追ってから甘いのは変わらなかったので、今後も時計のかかる香港とかなら分かりませんが国内のG1を勝つのは厳しい感じですね・・・

今年のマイルCSは1〜3着が馬番1〜3番だったように”内有利”が顕著に出てしまいましたが、そんな中、外枠+後方から外を回し4着まで追い上げた16番カツジはかなり優秀な内容だったと思いますが・・・この馬、ムラがあるので、まだ信用は出来ない感じなんですよね・・・今日のパフォーマンスで次走、人気になるようなら、逆に疑ってかかるのもありだと思います。

そして本来、展開的には有利になるはずだった先行勢ですが、ペースが遅くかかり気味にハミを噛んで消耗してしまった7番ロジクライに外枠で壁が作れず途中からハナに立つチグハグな競馬になってしまった15番アエロリットはペースを落としすぎて自分で自分の首を絞めた格好となってしまいましたね・・・3番アルアインも含めスローのヨーイドンは向いていないタイプですからね・・・

1番人気に推されていた8番モズアスコットに関しては、レース前から発汗が酷く、なんの見せ場もなく13着に敗れてしまいましたが、今日はスタート前から既に終わっていたのでノーカンで良いでしょうが、気性的に難しい馬なので人気の時は買いづらい面がありますから、今後も人気なら思い切って消す方が得策かもしれませんね・・・

馬券的には、一発狙っていた12番レーヌミノルが太めの前走を叩いたのにまさかの+4kgと馬体増で出てきたので、私のマイルCSもレース前にほぼ終わっていましたが・・・やはり太かったのでしょう、スタートから出脚がつかず、後方をモタモタと追走し最下位の18着に沈むという結果に・・・

まぁ「瞬発力勝負にならない」と思っていたわけですから、1、2着馬を切った事も馬体が絞れて先行できれば粘り込めそうな12番レーヌミノルを購入した事も後悔はありませんが・・・せめてマイナス体重で出走して欲しかったところです・・・

まぁ今日の展開では”用無し”でしたけどね・・・

関連記事=2018年 マイルCS前日予想

コメント

  1. いし より:

    お疲れ様ですー。単複さんおっしゃる通り僕の本命モズアスコットはレース前に終わってましたね。昨日までペルシアンナイトの2着付け馬券買おうと思ってたんですがデムーロを信用しきれず変更して失敗しました…。昨日の東スポもビュイックを信用しきれず直前で変更してハズレ。また来週頑張ります!

    • 単複 より:

      いしさん お疲れ様です。
      私もルメールが捨てたスティルヴィオはちょっと買いづらかったです・・・
      直前変更は裏目引くと精神的ダメージが大きので来週は切り替えて頑張ってください!!

  2. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    いやーやられました・・ まさか1枠2頭が中段からの競馬をするとは思わなかったので今回は完敗ですね・・

    アエロリットは、今日は馬体重+8kgでいつもと違って妙にパドックでおとなしかったので、本調子では無かったのかもしれません。レース的には途中からとはいえハナを切って引き離し気味に逃げるいつもの競馬でしたし、馬場を考えれば理想的なペースだったと思うので、それで惨敗ですからねえ・・
    どちらかというと、高速馬場向きの馬ですから時計のかかる今回みたいな馬場も合わなかったかもしれません・・

    モズアスコットも入れ込んで発汗がひどかったですから、今日は力を出し切れず終わってしまいました。人気の2頭は本調子でなかったことが原因で負けた感じですね・・

    逆にステルヴィオはこういう時計のかかる馬場のほうが得意なので、馬場状態の恩恵を受けたのも好走の原因だったかもしれません。

    私は今回は、切った馬3頭が上位を占めるというすがすがしいぐらいのかすりもしないひどい予想でまたも敗れ去りました・・
    なんか最近重賞レース当たる気が自分でも全くしなくなってるんですよねえ・・
    今回も人気の馬から流してこの有様ですから・・

    今日に関しては、東京最終レースでマルーンエンブレムの複勝勝負で菜七子騎手にマイルCSの損失を半分補填してもらったのが救いといえば救いでしょうか・・
    早くG1で有力馬に菜七子ちゃん騎乗してくれないですかねえ・・
    そうでもないと私はG1当たりそうな気がしないんですよねえ・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      今回は2人して一枠二頭を切ってしまいましたから完敗でしたね…
      藤田菜七子騎手がG1で有力馬に乗る日はまだまだ先になりそうなので、もうしばらくは外国人を買わなくてはいけないでしょうね…

  3. よし より:

    こん○○は、お邪魔します。
    川田は引っ掛けましたが、1、2着は買ってません。
    何年かぶりに出稼ぎに来て、テン乗りでG1勝っちゃうってどやさ。
    春は日本人もポロポロ勝ってたのが、秋は様相が異なるようですね。
    川田を除き、武をはじめ日本人は最初からやる気がないとも思えてきました。
    馬主とか、ノーザンF系列がどうとか、資金力がモノを言うのはわかりますが、
    世知辛いなぁ、と思ってしまいますね。(JRAのCM中のセリフにありましたね)
    次はどの馬?というより誰が?
    では。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      よしさんのおっしゃる通り、この後もアーモンドアイ&ルメール、スワーヴ&デムーロなどが控えてますから、今年の秋は全部外国人に持っていかれる可能性が高そうですね…
      2歳G1もどうせノーザンF系の良血馬には外国人でしょうから、日本人騎手の出番は無いと思いますからね…

  4. すず より:

    いつも楽しく拝見しています。

    確かにこの日は他のレースでも最内が異様に伸びてますよね。
    でも前日の土曜日はそんなことはなく、ラチから3、4頭分外が伸びている印象です。
    どうしてこんなことが起きるんですかね。不思議です。

    • 単複 より:

      すずさん コメントありがとうございます。

      京都の内有利に関しては、この週から芝はCコースに替わった影響が大きいと思います。
      土曜日はコース替わりで内も外も状態が凄く良かった為、直線はどこを通っても伸びたと思いますが、土曜日に芝コースが使われたことにより常に馬が通る芝の内側が適度に傷み走りやすい状態になったのではないでしょうか?
      (憶測の域を出ませんが…)
      芝がどれくらい傷んでるのか?と言うのは、なかなか判断しづらいですが、先週の京都は顕著でしたね…
      まぁ気付いた頃には…という感じでしたけど(笑)

      結果論ですが、マイルCSは元々、能力拮抗の混戦模様だったわけですから、馬場状態の決め打ちで内枠だけ買っておけば簡単に馬券は取れた訳なので、先週は馬の能力や展開どうこうよりも馬場を重要視するのが正解でしたね…