逃げ先行馬だらけのメンバー構成だが・・・それでも勝つのは前の組というのがダート短距離

福島6R 3歳以上500万(牝馬限定) ダ1150m 16頭立て

このレース、ダートの短距離らしく、逃げ・先行馬がズラリと顔を揃えていました。

内から

2番アミーキティア

5番ゴールデンテソーロ

6番リリーメーカー

8番テイエムオーラコ

9番ココロストライク

12番ポートナイトサイト

13番パワフルヒロコ

15番アテンフラワー

16番ポップシンガー

と芝で先行している馬も含めると、出走16頭中、実に9頭が前に行きたいクチというメンバー構成。となれば当然Hペース必至で、後方から競馬する馬にとっては絶好の展開になるのが普通だが・・・そこは福島ダ1150m!

直線に坂のある阪神や中山でも無ければ、直線が長い東京でも無い福島ダ1150mでは多少、先行馬がやりあったところで、どうせ勝つのは先行馬というオチになる公算が高いので、ここは先行してしぶとい馬を買う事にしたのです!

そして、購入馬はアッサリ決まりました!それは13番パワフルヒロコ!!

他の逃げ・先行馬は逃げなければダメなタイプが多い中、この馬は控えても好走歴がありましたし、レベルの高い関西のダ1200mで毎回、微差の惜しい競馬をしていた実績はローカルの福島なら断然上!前走で1400mに出走して、7着と負けはしていたが、大きくバテずにそこそこ粘れていたのは評価できるし、スタミナ的には今日のメンバーならこいつが1番だろう。スタート後、芝部分を長く走れる外枠を引いたのもプラスだし、過去の成績から距離短縮はプラス材料!

人気が割れていた為、5番人気でも単勝11.6倍で複勝でも2.7倍〜4.2倍と下限値2倍超えのおいしい配当。

めぼしい差し馬も見当たらなかったので、「1400mでも粘れる馬は距離短縮だともっと粘る!」とここは13番パワフルヒロコの単複を購入する事にしたのです!!

レースがスタートすると

13番パワフルヒロコは抜群のスタートでハナに立ちかけるが・・・

これだけ逃げ・先行馬が揃えば、当然ハナ争いは激化するので、13番パワフルヒロコ鞍上の菱田騎手は手綱を引いて控える作戦に!

「よしよし!いいぞ!13番パワフルヒロコは控えても競馬できるので、それでOKだ!」

道中も4〜5番手でやり過ごした13番パワフルヒロコは手応え十分で4コーナーへ!ここで菱田騎手がムチを入れると・・・

一気に前との差を詰め、直線入口ではインを突き、早くも先頭に並びかける!前半飛ばしていた前の組とは当然、脚色が歴然なので・・・

あっと言う間に抜け出してセーフティーリードを取った13番パワフルヒロコ

外からようやく、差し馬勢が差を詰めてくるが・・・時すでに遅し!!

最後は少し差し馬勢に差を詰められた13番パワフルヒロコだが2着に1馬身半の完勝でした!!

このように、平坦小回りのダート短距離の場合、逃げ・先行馬がどれだけいようが、「結局、勝つのは前の馬」という結果が多々ありますので、逃げ・先行馬が多くHペース=差し馬有利とは限らないのです!!

ちなみに上位人気が全て飛び、3着に15番人気の6番リリーメーカーが入った為

13番パワフルヒロコの複勝も390円とおいしい配当でした!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    パワフルヒロコのほうで的中はお見事ですね。かなり先行馬の揃っているレースでしたから・・

    私はこのレースはハイペース必至で差しが届くと思っていたので、外枠で1キロ減で、スタート巧者の菜七子騎手に乗り代わりのアポロアミの複勝勝負で的中したのですが、単複さんの仰るとおりこのコースは、逃げ馬が揃っても何か1頭は先行馬が残ってしまうコースなので、差し馬ズブズブの3連複勝負が非常に仕掛けにくいんですよね。

    ただ、年に何回かは完全に壊滅してしまうケースもあり、その場合は大体高配当になるので、魅力的な条件ではあるんですが・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      ダート短距離はなんだかんだ言ったて、結局、前が残る事が多いですからね・・・
      まぁその分、差し馬独占になれば配当面は期待できるので、つい狙ってしまう気持ちは良く分かります(笑)
      私も脚質決め打ちで差し馬の単勝多点買いはしますからね・・・ハマると気持ち良いですしね!