福島1Rの距離短縮馬で朝一から一儲け!

今日は福島1Rから購入出来そうな馬を発見したので、朝一から勝負となりました。

福島1R 2歳未勝利 ダ1150m 16頭立て

このレースで狙っていたのは8番ランネシアーナでした。新馬戦の内容が京都のダ1800mで逃げて4着という内容だったのですが、勝ち馬からは3.5秒も離された大敗で今回、単勝7番人気で42.2倍とあまり人気になっていなかったのです。

しかし大敗だったとは言え、京都ダ1800mの新馬戦で1分57秒9というタイムなら悪くはないし、その新馬戦でも4コーナーまでは先頭に立っていたわけで、叩いた上積と距離短縮で粘りが増す事は確実。京都開催があるのに、関西馬がわざわざ福島まで遠征するわけですから、勝負気配はバレバレだし、福島ダ1150mならとりあえずテンにスピード負けしなければなんとかなるだろう。

福島の2歳未勝利戦らしく、後方から差してこれそうな馬は皆無で、「ある程度前に行ければ、ほぼ馬券圏内には粘れるだろう」という感じだったので、迷い無くこの馬をピックアップしたのですが・・・このレースには単勝1.3倍と圧倒的な1番人気に支持されていた藤田菜七子騎乗の16番ハンサムリーが出走しており、こいつがかなり強力そうだったので、単勝は買わずに8番ランネシアーナの複勝1点を購入する事にしたわけです。

「おそらく16番ハンサムリーが千切るだろうが・・・直線で差を詰められそうな馬もいないし、他の先行馬は1200mでも垂れていた馬ばかり。なら1800mを経験した8番ランネシアーナの強みが活きるはずだ!!」と自信を持っていざレースへ!!

スタートが切られると・・・

やはり1番人気の16番ハンサムリーが楽にハナを切る形に。

に2番手に初ダートの14番ブルーファンクが取付き、馬券を購入した8番ランネシアーナは3番手という展開に。

とりあえず先行出来たので、一安心というよりも福島ダ1150mのくせにまったく競り合わず、前3頭とも”持ったまま”ポジションが取れてしまったので、「これはこのままの着順で決まるなぁ」と思っていると・・・

案の定!!

スタート直後の並びのままゴールへ入線していく各馬!(まぁ馬券は当たるのでありがたかったんですけどね)

完全に行った行ったの競馬になり、1〜2着馬からは4馬身千切られましたが、8番ランネシアーナの距離短縮は無事成功し、複勝580円の高配当をプレゼントしてくれました!!

圧倒的人気の16番ハンサムリーが勝ったのにこの配当は正直おいしかったです!!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    このレースをランネシアーナのほうで的中されたのは凄いですね。私はランネシアーナはスピード的についていけないと思ってました。

    私は前走ダート組では、ハンサムリーには勝てないと思ったので、坂路の動きが良く、芝でスピードを見せていたブルーファンクとハンサムリーとのワイド勝負で的中したのですが、難易度的には単複さんのほうが凄いと思います。

    2歳のダート馬は関西馬のほうがレベルが高いので、関東圏に関西馬が出てきたらやっぱり注意しないといけないですね。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      私は逆に兄弟馬のダート実績はOKだが、ノヴェリスト産駒で馬体も小柄なブルーファンクは
      手を出せませんでしたが、お互い馬券が的中して良かったですね!!
      ボムジュンさんが買った2頭が後続を4馬身千切りましたから観ていて楽な競馬だったのではないでしょうか?
      私は直線でちょっとドキドキしながらの的中でしたからね(笑)