迷った2頭の内、買わなかった方がスタート直後に落馬!

京都10R 貴船ステークス(1600万ハンデ) ダ1400m 16頭立て

このレースハンデ戦ながら3番シヴァージが単勝1.5倍と圧倒的な支持を集めていました。

まだ3歳馬でキャリアも浅いながら、500万、1000万と連勝し、準オープンに昇級した前走も1番人気に推され、府中のダ1600mで府中巧者のイーグルフェザーには差されてしまったものの、先行して0.1秒差の2着という好内容であれば、このクラスはすぐに卒業できる器だろう。

ハンデ戦と言っても全馬56kg〜51kgの間で収まっているし3番シヴァージの斤量は55kg止まり。距離短縮も問題なく、1.5倍はちょっと過剰人気気味だが、他の有力馬が後方から競馬するタイプが多く、逃げ先行馬も少ない今日の組み合わせなら、楽にポジションも取れそうだし「まぁこの馬が勝つだろうな・・・」というような感じでした。

なので、このレースは「1頭強い馬がいる時のヒモ荒れ」を狙い、3番シヴァージが先行勢を潰したところに差して来れそうな馬を狙おうと決めていたのですが・・・購入馬を1番カネトシビバーチェ6番トウケイワラウカドの2頭で悩んでしまったのです。

1番カネトシビバーチェは、このクラスの安定勢力で、毎回、勝ち切れないが、微差の競馬をしており、1200mよりも1400mの方が得意なタイプで1400m戦でハンデ54kgのここは絶好の走り頃。しかし、当然、そこそこ人気にはなるので、配当妙味がちょっと物足りない・・・

一方、6番トウケイワラウカドは、ここ2走、末脚不発で大敗しているが、その前は現級で3着、3着と連続して馬券に絡んでおり、終い一手のタイプだが3番シヴァージがちぎってくれれば、今回は展開が向きそうだし、京都のダ1400mは1000万勝ちを含め1勝3着1回と得意としている舞台。そして人気もまったくなく単勝70.5倍の10番人気。

1番カネトシビバーチェが5番人気で22.2倍な事を考えると、ついつい6番トウケイワラウカドを買いたくなるところだが・・・

結露から言うと、今回は1番カネトシビバーチェの複勝を購入したのです!

まず、3番シヴァージが結構、強そうだったので、どちらも単勝を購入するほどの自信はなかったのと、1番カネトシビバーチェの複勝が2.7倍〜7.8倍と下限値でも3.0倍近くつくのが、非常においしく感じたからです。

もちろん複勝配当も6番トウケイワラウカドの方がはるかに良いのですが(7.1倍〜22.3倍)先行しても差しても競馬ができる1番カネトシビバーチェに対し終い一手の6番トウケイワラウカドでは安定感が違いますし、ここ数戦と比べ、1番カネトシビバーチェは相手関係がだいぶ楽になった印象を受けていたので、「馬券圏内はほぼ外さないだろ?」と思えたので、ここは確実に利益を拾う為、1番カネトシビバーチェの複勝にしました。

すると・・・

スタート直後になんと6番トウケイワラウカド落馬しやがったのです!!

「・・・マジか?良かった〜買わなくて・・・」

危うく、スタート直後に終了という結末になるところでしたが、1番カネトシビバーチェにして正解だったようで、こんな時は・・・

熾烈な3着争いをキッチリ制してくれるもので、無事1番カネトシビバーチェが3着に滑り込み、馬券的中となったのです!!

7番人気の10番ワンダーサジェスが大本命の3番シヴァージを差し切ったのはびっくりしましたが・・・おかげで単勝1.5倍の馬が絡んだにも関わらず、1番カネトシビバーチェの複勝は320円3倍超えをしてくれたので良かったです!!

まさか6番トウケイワラウカドが落馬するとは思いませんでしたが、今回は欲張らずに1番カネトシビバーチェを選んで正解でした!!

まぁ落馬まで想定して予想はしてませんから、今回はラッキーでしたけどね・・・

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    実力のある不人気馬の複勝狙い撃ちお見事ですね!
    このカネトシビバーチェはこのクラスの上位常連ですが、いつも何故か人気しない不思議な馬なんですよね。

    ここ2走好走が続いていたので、間違い無く3番人気だろうと思っていたら、かなり離されての5番人気で、何故か出来落ちのゼンノサーベイヤーとか、2走前に先着しているマルカソレイユのほうが人気していましたから、最近の外国人騎手過剰人気傾向ってちょっと異常な感じがしますね。

    前回私は私はこの馬がらみのワイドで儲けさせて貰いましたが、今回は1・2番人気は普通に強そうだと思ったので、今回は買えませんでした。
    しかし、この馬には何度も儲けさせて貰いましたし、多分次走も人気はそんなにしないでしょうから、人気のカモ馬がいたときは、また狙えるかもしれませんね。

    ちなみに、私は今日は東京6レースで、休み明けで決手不足の上時計も抜けてもいないのに単勝2.0倍の1番人気だった、プリンセスノンコを外した3連複BOXで、人気薄のサイモンジルバがからんで5頭BOXで97倍を的中。東京10レースでも、昇級距離短縮で明らかに展開が不向きなへリファルテを嫌って、パイオニアバイオの複勝勝負で、配当はへリファルテが飛んだおかげでの3.1倍まで跳ね上がるなど、デムーロ過剰人気馬を嫌った馬券戦術が成功し、JBC前に幸先のいいスタートを切れました。

    確かに、最近の中央競馬は外国人騎手が無双している現状ですが、その影響か、明らかに人気するのはおかしい馬が人気しているケースも多々見受けられるので、そのあたりのオッズの歪みはついて行きたいですね。

    東京9レースの南部特別でも、間違い無く1番人気になると思われたオジュウチョウサンより、クラスで万年2着のブラックプラチナムのほうが人気していましたから、これもその外国人騎手過剰売れの影響もあるのかもしれません。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      外国人騎手の過剰人気は最近、拍車がかかってきましたね・・・
      それを逆手に取ったボムジュンさんはお見事だと思います!
      外国人(特にデムーロは)はG1などの大舞台では、異様な強さを発揮しますが、平場だと
      平気でコケますからね・・・
      これだけ過剰に売れるとコケた時の破壊力は抜群ですから、今の状況だと馬に不安があれば
      切った方が絶対に得でしょうね。