2018年 天皇賞・秋 回顧 レイデオロ完勝でルメール騎手がG1、3連勝達成!

本日、行われました天皇賞・秋ですが・・・出走前に8番ダンビュライトが放馬しそのまま出走取り消しになると・・・今度はスタートで1番人気の5番スワーヴリチャードが大きく出遅れるという展開に。

更にハナに行ったのは3番ヴィブロスという予想外の展開で「逃げ候補の1頭は取り消すはスワーヴは出遅れるは、福永は前に行くはで、こりゃまともに決まらないだろ?」という感じだったのですが・・・

1コーナーで外から10番キセキ3番ヴィブロスを交わしそのまま先頭に立つと、ペースを落とさずに馬群を引っ張り1000m通過が59秒4と平均ペースの流れに。

前日予想では、前半はスローペースを予想しておりましたが、10番キセキが思いのほかペースを上げたので、馬群は縦長で3〜4コーナーへ突入し、10番キセキが後続に2〜3馬身リードを取ったまま4コーナーを回り直線へ!

平均ペースで逃げた10番キセキの手応えはまだまだ十分で2番手から7番アルアイン1番ステファノスなどが追ってくるが、なかなか差が詰まらず、これらの直後で脚を溜めていた4番レイデオロにとっては絶好の展開に!!

残り100mあたりで逃げていた10番キセキを捉え先頭に立った4番レイデオロがそのまま押し切りゴール前で猛追してきた9番サングレーザー10番キセキを交わして2着に上がるのが精一杯という形で、終わってみれば4番レイデオロの完勝という結果でした。

今日の府中は他のレースでも時計がやたら速く、天皇賞・秋の勝ちタイムはなんと1分56秒8という破格のものでした。

これでは4コーナーで後方にいた馬達にはノーチャンスで出遅れ+平均ペースで捲る暇のなかった5番スワーヴリチャードや後方一気しか出来ない6番マカヒキにとっては馬場+展開が完全に裏目に出てしまった格好でそれぞれ7着、10着と大敗してしまったのも仕方ない感じです。

逆にこの状況で4角8番手から2着まで追い上げた9番サングレーザーは評価出来ると思いますし、さすがにモレイラは「ソツなく乗るな」という感じでした。今回馬体重がー12kgだったのでちょっと買いづらかったですけどね・・・

3着に粘った10番キセキもよく頑張っているとは思いますが、勝った4番レイデオロには並ぶ間も無く交わされてしまいましたし、この流れで最後9番サングレーザーに差されるあたり、G1のトップレベルでは、「ちょっと足りない」という印象でした。

また、今回、1〜4着まで4歳世代が占めた通り、やはりこの世代の方が、上の世代よりレベルは高いと思うので、ジャパンカップや有馬記念でもこの世代を中心に考えた方が良さそうですね・・・特に今日は出遅れた上に展開も最悪だった5番スワーヴリチャードは距離が伸びるこの後は巻き返し必至でしょうからね・・・

馬券的には、良馬場で絶好の1枠を引いた1番ステファノスの複勝で勝負したのですが、これだけ時計の速い決着では「用無し」でしたね・・・この馬が過去のこのレースで好走した時の勝ちタイムは今日よりも2〜3秒遅かったですからね・・・4コーナーで既に押していた時点で諦めました・・・(結果9着)縦長の平均ペースの自力勝負では、ここでは分が悪いですし、この勝ち時計ではどうやっても勝負にならないので、諦めもつきますけどね・・・

しかし、これで秋のG1はスプリンターズS以降、3連敗中なので、次週、京都で開催されるJBCは馬場状態に影響を受けにくいダート戦ですので、ビシッと当てたいところです!!

まぁ馬券的に相性の悪いルメール騎手がこれで秋華賞、菊花賞に続きG1、3連勝ですからこの結果も当然かも知れませんけどね・・・なんとか次週でこの流れを断ち切れるようにしたいと思います!!

関連記事=2018年天皇賞・秋 前日予想

コメント

  1. いし より:

    毎週毎週展開予想が難しいですがG1はこういう締まったペースの底力勝負が面白いですよね。菊花賞なんて2400mスキップしてからのよーいどんなんて全然面白くなかったですからねー。ところでパトロールビデオ見て驚いたんですがスワーヴリチャード出遅れた上にマカヒキにタックルされてましたね。次走影響ないか心配ですが単複さんはどう思われますか?

    • 単複 より:

      いしさん
      返信遅くなってすみません。

      スローのヨーイドンだった菊花賞よりも締まった流れになり底力が問われた天皇賞の方が、確かに観ていて楽しめましたね!
      レイデオロもサングレーザーもさすがの末脚だったと思います。

      スワーヴに関しては、スタート後にマカヒキに完全に前をカットされましたが、次走以降の影響はあまり無いと思っています。
      次走以降は距離も伸びペースも落ち着くでしょうから、スタートで多少遅れても内枠で包まれない限り大丈夫ではないでしょうか?
      元々、キレよりも持久力タイプの差し馬ですから、今回の様な高速決着では大阪杯の様に4角で先頭集団にいないと勝ち負けは厳しかったと思っていますので、今回の大敗で人気が落ちる様であれば狙うのもアリだと思っています。
      まぁレイデオロを逆転するのは厳しそうですけどね…

  2. よし より:

    こん○○は、お邪魔します。
    3複5-4、6、9、10、11。またタテ目でした。皆さんほど物分かりはよくないもんで、どーも納得がいきません。次走好スタートなんてことになったら、んじゃ今回はなぜ?誰かか作った筋書きでもあるのか?と勘繰りたくもなる。いろんなファクターが介在するとは思いますが「出遅れ」はいただけませんね。5分に出てくれていたら、たとえ馬券をハズしてもこんなにストレスもたまらなかったでしょうね。
    大阪杯は軽視したら来ちゃったし。典型的な馬券下手ですね。では。

    • 単複 より:

      よしさん

      お疲れ様です。
      確かに軸馬の出遅れはストレスが溜まりますよね。
      特に今回のスワーヴは出遅れた上にマカヒキに前に出られた分致命的な遅れとなってしまい、ほぼレースに参加出来ませんでしたからね…
      2000mでの時計勝負も得意とは言えない馬ですが、まともなら馬券圏内には来れたと思うので、今回は出遅れがすべてでしたね…

      距離が伸びるジャパンカップはパフォーマンスが上がるとは思いますが、内枠を引いたら、出遅れ警戒は必要かもしれませんね…

  3. ボムジュン より:

    お疲れ様です

    いきなりスワーヴリチャードが出遅れて最後方という、波乱の幕開けになりましたが、そんな中でもレイデオロは、中段追走から直線力強い伸びを見せて快勝、力の違いを見せつけた感じでした。
    この内容なら、次走も有力候補だとは思いますが、あまりにも時計の速い激走ですから、反動も懸念されます。そのあたりは、追い切りなどを見て注意しなければと思います。

    対照的にスワーヴリチャードはゲートで手遅れた上にマカヒキに寄られて最後方追走、全く力を発揮出来ず大敗しました。
    今回はアクシデントが原因なので仕方がありませんが、ただ気になるのは、同じような位置にいたマカヒキが最後は7着まで押し上げたのに対し、スワーヴリチャードは後方のまま伸びることも無く10着大敗したことから、状態そのものに疑問があった可能性もあり、出遅れが無かったとしても、勝ち負け出来なかったような気もします。

    次走巻き返しの可能性もあるかもしれませんが、今回と同じく出遅れの危険性が常につきまとう現状では、次走ジャパンカップでも軸馬にするのは危険なような気がします。

    私個人としては、今回の天皇賞は開始3秒で終わってしまい、結果的にも全く見当違いの予想でまたも敗れ去ってしまいました。

    来週は、JBC競走ですが、メインのクラシック競走はルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームのダート2強が不在で、波乱の可能性も十分なので、一発大穴を当てて連敗を止めたいものです。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      JBCクラシックは配当妙味がありそうなので、私も楽しみにしています!
      ここでキッチリと連敗分の損失補填をしておきたいところですね!

  4. いし より:

    単複さんお返事ありがとうございますm(__)mスワーブリチャードJCで巻き返し期待ですね!少しでも人気が落ちるのを願うのみです。自分的にはミッキーロケットにも期待してます!