2018年菊花賞 前日予想 距離2400mなら人気上位で良さそうだが・・・

明日行われます3歳クラシックの最終戦、菊花賞ですが、今年はダービー馬のワグネリアンと展開のアヤでセントライト記念こそ取りこぼしましたが世代トップクラスの能力は示したレイエンダが不出走の為、現在単勝1番人気は、3.1倍で3番ブラストワンピースとなっております。

前走で古馬相手の新潟記念を直線だけで豪快に差し切り、ワグネリアンもレイエンダも不在なら、まぁ順当な人気でしょうね・・・

これに続くのが、前残りのダービーで唯一、後方から脚を伸ばし、0.2秒差の4着と1番強い競馬をした後に前哨戦の神戸新聞杯でワグネリアンの2着とダービーがフロックでない事を証明したM.デムーロ騎乗の9番エタリオウが現在4.6倍の2番人気に支持されています。

そして神戸新聞杯ではスタート後、躓き自分の競馬がまったく出来なかったにも関わらず、勝ち馬のワグネリアンから0.5秒差まで追い込んで来ていた5番エポカドーロが5.8倍の3番人気とこの3頭が人気面では、抜けているのですが・・・

正直、2400mならかなりの確率で、この3頭が上位に来ると思いますが・・・菊花賞は全馬初体験の3000mですからね・・・長距離適正のある穴馬に逆転されてもまったく驚けないので例年このレースに関しては人気馬の信頼度は落ちるのですが・・・この3頭、3000mが大幅にマイナスになるというタイプでもないんですよね!

展開的にも逃げたい6番メイショウテッコンに抑えると持ち味が活きない4番ジェネラーレウーノ、ペースが遅ければ逃げても競馬ができる5番エポカドーロに最内枠を引いた事で玉砕覚悟で逃げる可能性もある1番アイトーンとこの面子では、どう考えてもスローペースは無さそうなので、「淀みのない流れで自力勝負になり能力通りに決まる」可能性も高く、「今年は堅いかなぁ?」とも思ったのですが・・・

中距離では、ジリジリとしか伸びず、速い上がりが使えないので”切れ負け”していましたが、距離3000m+淀みのない流れで瞬発力勝負にならなければ、人気上位馬を逆転できそうな馬を発見してしまったので、今年はその馬で勝負したいと思います!!

【ブログランキング記載文】

2018年菊花賞 前日予想。逃げ、先行馬に有力馬が多く、ペースが流れそうで速い上がりが求められなさそうな今年は絶好枠を引いたグレイルの単複。

この血統とレース内容から距離延長がマイナスになる事は無いと思いますし、絶好枠を引いたここはG1奪取の最大のチャンスだと思います!!

5番エポカドーロ4番ジェネラーレウーノは多少ペースが早かろうが”早仕掛け”で勝ちに行くでしょうし、1番人気の3番ブラストワンピースは当然それを捕まえに行くでしょうから展開的には差し馬有利と読んでいますし、9番エタリオウが距離3000mで中距離ほど切れなければ、と言う希望的憶測もありますが、この馬が3000mを内ぴったり回ってインからスルスル抜け出してくれれば・・・「頭も有り得る!」と思っています!!鞍上もそんな競馬が大得意ですからね!!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    今年の菊花賞はダービー馬ワグネリアンこそ不在ですが、皐月賞馬エポカドーロや新潟記念を圧勝したブラストワンピースなどの有力馬が出そろい、中々骨のあるメンバーが揃いました。
    とはいっても淀の3000mは全馬初めて経験する距離ですし、アーモンドアイのような絶対的な存在のいない牡馬3歳戦線なので、今回の菊花賞も混戦ムードで波乱の要素も十分あるような気もします。

    展開的には、今年は例によってアイトーンが何が何でも逃げるでしょうし、メイショウテッコンやエポカドーロジェネラーレウーノあたりも先行したい口ですから、スローペースになることは考えづらく、消耗戦展開になる可能性が非常に高いです。

    となると展開はスタミナのありそうな差し馬有利となる可能性が高いのですが、そう考えると結局は人気2頭を上位評価せざるを得ないんですよね。
    ただ、ヒモで人気薄が台頭する可能性は高いので、今回は人気上位2頭と激押しの馬1頭からヒモの人気薄に流す事にしようと思います。

    ということで今回の本命は、人気ですが、エタリオウでやむなしという感じですね。
    勝ち味には遅いですが、ダービーでは前残り展開を唯一後方から追い込んで僅差の4着、前走神戸新聞杯でも最速上がりで、ダービー馬ワグネリアンに肉薄する強い内容の2着など長距離線では常に堅実な末脚で追い込んできています。
    長くいい脚を使えるのが魅力の馬なので、今回の長距離の消耗戦決着に一番適性があると思うので今回は不動の軸馬にしようと思います。

    対抗はブラストワンピース。コース適性の差で2番手評価としましたが、この馬も長距離の消耗戦決着は向きそうな馬です。
    折り合いには全く心配もなく、脚をためれば、ゆりかもめ賞や新潟記念などのように鋭い末脚を使える馬ですし、枠も絶好の内枠を引きました。
    鞍上池添騎手も、淀の長距離線の立ち回りは上手いジョッキーですから、この馬もエタリオウと併せて不動の軸馬とします。

    3番手評価は、グロンディオーズ。前が詰まった2走目以外は強い競馬を見せており、直近2走は共に最速上がりで圧勝しています。
    まだ底を見せていない魅力もありますし、鞍上モレイラというのも魅力です。
    上記2頭より若干配当妙味もあるので、この馬も軸馬の1頭としたいと思います。

    ここから先のヒモ馬は人気薄の馬中心で狙おうと思います。特に消耗戦決着だった京都新聞杯組は今回の舞台で好走出来そうな可能性が高そうなので、その時の上位馬は積極的に狙っていきたいと思います。

    4番手評価は、グレイル。左回りはダメですが、右回りコースでは鋭い末脚を繰り出しており、血統背景からもスタミナ勝負はあう可能性が高い馬です。
    今回インコースの絶好枠を引いたので、上記3頭より若干決め手には欠けますが、インでじっとしていたの抜け出しに期待したい1頭です。

    5番手評価は、アフリカンゴールド。長距離戦の2走の内容が良く、距離が伸びればより力を発揮出来そうな1頭です。
    先行差し自在に立ち回れる脚質は魅力ですし、人気も9番人気と思ったほど人気していないので配当妙味もありそうです。

    あとは京都新聞杯で後方から競馬をして届かなかった、シャルドネゴールド、グローリーヴェイス、ユーキャンスマイル、距離が疑問も3走ともいい脚で追い込んでいるフィエールマン、父は菊花賞馬で前走休み明けで最後方からいい脚で追い込んで5着に来たオウケンムーンを穴候補としたいと思います。

    尚、距離が魅力のメイショウテッコンは悩みましたが、今回ジェネラーレウーノやエポカドーロのマークがキツそうなので、展開不向きとみて切ることにします。(※ヒモ馬で回避馬が1頭出ればこの馬を代わりに入れる予定です。)
    ジェネラーレウーノとエポカドーロは、2400mでも距離は長いと思っている馬ですから3000m持つとは思えないので消しです。
    京都新聞杯勝ち馬ステイフーリッシュも気性的に3000mは厳しそうなので消しです。
    ダービー3着のコズミックフォースも、距離延長はマイナスだと思うので消します。

    例によって予想・買い目は下記に書いておきます。

    また人気どころの買い目にはなってしまいますが、今回は3番人気4番人気の馬は比較的自信を持って消せる馬なので、秋華賞よりは配当的に若干期待は出来るとは思います。

  2. ボムジュン より:

    菊花賞予想・買い目

    ◎エタリオウ
    ○ブラストワンピース
    ▲グロンディオーズ
    △グレイル
    ☆アフリカンゴールド
    ×シャルドネゴールド
    ×グローリーヴェイス
    ×ユーキャンスマイル
    ×フィエールマン
    ×オウケンムーン

    買い目 
    3連複軸2頭 軸◎○  ヒモ▲△☆××××× 8点
    3連複軸2頭 軸◎▲  ヒモ○△☆××××× 8点
    3連複軸2頭 軸○▲  ヒモ◎△☆××××× 8点
    合計                 24点

    尚、△以下の馬で回避馬、若しくはパドック馬体重などで明らかに体調不良であると確認できた馬が出たときは、代わりにメイショウテッコンを入れることにします。

    まだ秋のG1で当たりがないので、そろそろ当たりが欲しいところではあります。
    土曜日は室町Sでワイド3点BOXトリプル的中するなど調子が良かったので、この勢いが続けばいいのですが・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      本命エタリオウでフィエールもユーキャンスマイルも拾っていたボムジュンはメチャクチャ惜しかったですね・・・
      ブラストワンピースも4着でしたからね・・・
      私はこの超スローペース&上がり33秒台の競馬とはまったく逆の展開予想でしたのでカスリもしませんでした(笑)

  3. ボムジュン より:

    菊花賞買い目ですが、馬場が良さそうなので、メイショウテッコンをヒモに付け加えます。

    他の先行馬よりはスタミナがあるので、他の先行馬が早々にバテてしまい、途中から引き離して先頭になった場合は残ってしまう可能性もある事も考慮して抑えることにしました。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      メイショウテッコンにはもう少し積極的な競馬をして欲しかったですね・・・
      テンのスピードが遅いアイトーンはまだしも、行こうと思えば行けたメイショウテッコンが控えたのが
      今回の超スローペースの要因だと思ってますので、私もこいつにしてやられた感があります・・・

  4. いし より:

    お疲れ様ですー。菊花賞グロンディオーズからテッコン、ユーキャン、エタリオウの馬連勝負でしたがいきなりグロンディオーズが引っ掛かって終了しました…。まさかのスローペースになってグレイルには最悪の展開になっちゃいましたね。難しいー。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      今年の菊花賞の展開は予想出来ませんでしたので完敗です。
      いしさんのおっしゃるようにグレイルはこの展開では用無しですからね・・・