2018年京都大賞典 回顧 ウインテンダネスの大逃げはちょっと予想外だった・・・

本日、行われました京都大賞典ですが、勝ったのは2番人気の2番サトノダイヤモンドでした。

去年の凱旋門賞以来、調子を崩していましたが、ようやく”復活”しましたね・・・

11番ウインテンダネスが後続を10馬身くらい離す大逃げをかます展開となりましたが、道中は中団で構え、3コーナー過ぎからじわじわとポジションを上げて4コーナーでは4番手まで進出。この時点で前にいた1番人気の8番シュヴァルグランを射程圏に捉えて直線で追い出すと残り200m手前で逃げていた11番ウインテンダネスをあっさり捕まえ、先頭に立つと追ってくる4番レッドジェノヴァを半馬身抑えそのまま凌ぎ切りました。

去年の阪神大賞典以来の勝利となりましたが、正直、今回はメンバーレベルに疑問符がつきますし、捌きやすい少頭数で縦長の展開になり、競馬がしやすかった事もありますが・・・何はともあれ「勝った」という事実はこの馬にとって大きかったと思います。

凱旋門賞の後は、金鯱賞→大阪杯→宝塚記念とまったくこの馬らしさは見られませんでしたからね・・・この勝利で「なんとか秋のG1シーズンに間に合った」という感じなので、次走以降はG1戦線を盛り上げてくれそうですね!

2着には、4番人気の4番レッドジェノヴァが入りました。

この馬はスタートから先行して4番手をキープしていたのですが、3〜4コーナーで最内から動かず、8番シュヴァルグラン2番サトノダイヤモンドに外から交わされ、ズルズルとポジションを下げてしまい直線入口では、後方3番手まで下がっていたのですが、ほとんどの馬が大逃げを打っていた11番ウインテンダネスを捉えようと”早仕掛け”気味に上がって行った3〜4コーナーでジッとしていた分、1番脚が残っていたみたいで、直線でグングン差を詰めて来て最後は2番サトノダイヤモンドに半馬身差まで迫っての2着ですから、鞍上の池添騎手の仕掛けが抜群だったと思います。

馬自体も前走で1600万クラスを勝ったばかりの格下馬だったので、レース前は「ここではちょっと・・・」と思っていたのですが、直線で先に抜け出した8番シュヴァルグラン3番ブレスジャーニー5番アルバートあたりの重賞常連馬達を差しているわけですから、強かったと思います。ただ、今回は仕掛けを遅らせたのが”ハマった”感もありますので、この2着はあまり鵜呑みには出来ませんけどね・・・

3着にはモレイラ騎乗の5番アルバートが入着しました。

この馬に関しては、レース前に「どうせ態勢が決した後に追い込んで来て掲示板くらいだろう?」と思っていたのですが、今回は11番ウインテンダネスの大逃げ+有力馬が瞬発力勝負が苦手で早めに動くという展開の助けもあり、馬券圏内に突っ込んできましたね・・・

少頭数で捌きやすかった事もありますが、最後に8番シュヴァルグランを交わし、3着は確保するあたりは、さすがモレイラといった感じでした。本当にこの騎手はソツなく乗って今までよりも着順を上げて来ますね・・・

この馬にはこの後、ステイヤーズS4連覇という偉業に期待しているので、今回、大敗するようだと心配だったのですが、この内容なら、なんとかなりそうですね!

今回1番人気で4着と馬券圏外に敗れてしまった8番シュヴァルグランに関しては、天皇賞・春以来の休み明けで58kgを背負い、淀みのない流れで自分から動かなくてはいけないという展開になってしまったので、仕方ないでしょう・・・内容も悲観するものではなかったですし、叩い次走はキッチリ変わり身を見せてくれそうなので、ジャパンカップや有馬記念は警戒が必要だと思います。

馬券的には単複を購入した11番ウインテンダネスがまさかの大逃げを打ち、直線で早めに2番サトノダイヤモンドに捉えられてしまったので不的中となりましたが、6着と大きく負けなけなかった事は評価出来ますし、展開ひとつで逃げ切りが常にありえる馬なので、人気が落ちた頃にまた狙って見たいと思います。

まぁ今回は人気馬2頭で切った方の2番サトノダイヤモンドに勝たれ、4番レッドジェノヴァ5番アルバートも消していたわけですから完敗です。

関連記事=2018年京都大賞典 前日予想

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    サトノダイヤモンドが久しぶりにこの馬らしい瞬発力を見せて、快勝しました。
    ラストはレッドジェノヴァが迫って来ていたので、少しヒヤヒヤしましたが、何とか凌いでくれたおかげで、私は単勝が的中し、長きにわたる重賞の連敗街道に終止符を打つことが出来ました。(馬連は外したので、ショボい勝利ですが・・)

    ただ、恐らく馬券圏外もありうると思ったシュヴァルグランが危惧したとおり、4着に沈んだので馬連を的中出来なかったのは痛かったですね・・レッドジェノヴァの勢いを見くびってしまったのは反省です。

    単複さん本命のウインテンダネスに関しては、鞍上菱田騎手が非常にまずい騎乗をしたことに尽きると思います。
    そもそもこの馬は逃げ馬では無く、本来は脚をためてしまいの瞬発力にかける馬ですからもっとスローに落として逃げないといけなかったのに、ああいう競馬をしてしまいましたから、この馬本来の持ち味を全くいかせないまま終わった感じです。
    この馬は左回りは走りますし、主戦の内田騎手に戻って本来の脚をためる競馬をすればもっと走る馬だと思うので、アルゼンチン共和国杯出走なら力を発揮出来ると思います。

    ただ、レースそのものは、高速馬場では無いとはいえ、全体のタイムも上がりタイムも平凡ですし、サトノダイヤモンドも全盛期であればもっと突き放して楽勝していたはずが、格下のレッドジェノヴァに詰め寄られてましたから、今日は舞台条件が何もかも揃っていた上に、メンバーが落ち目の馬ばかりだったという、かなり恵まれての勝利と言わざるを得ないですね。

    シュヴァルグランは叩き2走目で良くなる馬ですが、春は弱メン相手の天皇賞春を勝ちきれませんでしたから、この2頭は大分衰えてきているのは否めませんね。

    この2頭は、スワーヴリチャードや勢いのある新勢力・3歳トップクラス相手のジャパンカップでは正直勝ち負けするのは厳しいと思うので、人気するようなら逆にカモ馬扱い出来るのではないかなというのが私の見解です。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      ウインテンダネスは鞍上が若干不安だったんですけど…悪い方に予想が当たってしまいましたね…
      おかげでスローと読んだ展開も崩されてしまい馬券圏内は、全て消した馬という最悪の結果になってしまいました…

      ボムジュンさんがおっしゃる様に次走がアルゼンチン共和国杯なら狙う価値有りですね!

  2. いし より:

    お疲れ様です!サトノダイヤモンド自分の中では完全に終わった馬と思ってたんですが勝っちゃいましたね。馬券の方はレッドジェノヴァからワイド3点で何とか的中で毎日王冠の負け分が返ってきました。お二人がおっしゃる通りウインテンダネスの次走楽しみですね!

    • 単複 より:

      いしさん お疲れ様です。
      京都大賞典的中おめでとうございます!
      レッドジェノヴァ軸はお見事ですね!

      私もサトノダイヤモンドは軽視してしまいました…