2018年京都大賞典 前日予想 サトノ&シュヴァルの2強ムードだが・・・

明日、行われます京都大賞典ですが、前売り段階で2番サトノダイヤモンド8番シュヴァルグランの2頭がともに単勝2.0倍台で抜けた人気となっております。

3番人気は目黒記念を勝った11番ウインテンダネスで9.5倍ですからオッズ的には完全に”2強ムード”となってますが・・・

8番シュヴァルグランはともかくとしても、2番サトノダイヤモンドに関しては、今回も危なそうな匂いがプンプンしますね・・・元々、休み明けはあまり走らない馬ですし、凱旋門賞以降は明らかに調子を崩しており、出脚も悪くなってきてますからね・・・今回も軽視しようと思っています。

ただ、少頭数に加え、今回は相手も弱いんですよね・・・

3番ブレスジャーニーは復帰後コンスタントに追い込んで来てはいますが、いつも態勢が決した後だし、2400mへの距離延長もマイナスに出そう。

5番アルバートも3000m以上なら買えるが、中距離GⅡでは、いくらモレイラが乗ると言っても手を出しづらい。

それに今回は逃げ馬不在で大外から11番ウインテンダネスが行きそうだが、あとは4番レッドジェノヴァ8番シュヴァルグランくらいしか先行馬が見当たらず、スローペース濃厚で後方から競馬する3番ブレスジャーニー5番アルバートは展開も向かない可能性が高い。

去年のこのレースを鮮やかに差し切った9番スマートレイアーは、その去年が出来すぎで、武豊騎手ならではの”京都のイン突き”がハマった感があり、今年は浜中騎手が騎乗。浜中騎手もイン突きは上手な騎手だが・・・今年は外枠引いて、スローペース濃厚だと去年の競馬を期待するのは酷だろう。

他の馬はオープンでも勝ち切れない馬で、休み明け58kgでもこのメンバーなら「8番シュヴァルグランで良んじゃねーか?」というような組み合わせなのですが・・・

8番シュヴァルグランも2〜3着の多い馬で切れる脚が使えず、「頭は?」というタイプ・・・

11頭立ての少頭数ながら、どれもこれもいまいち信用出来ないので、「それならいっそ現在10番人気とまったく人気はないが、春の京都記念くらい走れば十分勝負になる6番ケントオーで勝負するか?」とも思ったのですが、3番ブレスジャーニー5番アルバートよりも後ろから競馬しそうで距離2400mはプラスに出そうだが、展開が向かなさそうで、この馬が8番シュヴァルグランを差し切るイメージがまったく湧かなかったので、今年は素直に展開重視で8番シュヴァルグランよりも前で競馬出来る馬の単複を購入することにしました!!

馬名と買い目はコチラから
※6位くらいにランクされている単複日記のトップページに記載してあります。

逃げれば、おそらく馬券圏内は堅いと思いますし、8番シュヴァルグランが休み明け+58kgでモタつけば頭まで狙える!!現在、複勝下限値2.0倍以上つくし、締め切り迄にオッズはもう少し上がりそうな気がするのでこの馬で勝負予定です!!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    今年の京都大賞典ですが、見事なまでに逃げ馬が1頭もいない組み合わせになりました。
    正直何が逃げるのかもサッパリわからないので、今年は超ドスローの瞬発力勝負の可能性が高そうです。

    逃げるのは、数少ない先行馬である、レッドジェノヴァか、本来は差し馬ながら、2走前に逃げ切り勝ちのあるウインテンダネスのどちらかかもしれませんが、いずれにしても押し出された逃げなので、道中は超ドスローで流れる可能性が高いです。

    となると、休み明けは行きっぷりが悪いシュヴァルグランは、今回かなり危ない匂いがします。
    実際勢いのあった去年でも、後方からの競馬で伸びきれず3着ですし、春の休み明けの大阪杯でも後方から全くいいところなく敗れています。
    今回は58kgを背負っているので、余計厳しいのではないのでしょうか。

    逆に、サトノダイヤモンドは休み明けでも、好走歴がありますし、コース適性もばつぐんです。
    大阪杯、宝塚記念は惨敗でしたが、それでも今回出走のシュヴァルグランや、スマートレイアー、アルバートあたりには先着しており、伏兵馬も今回は休み明けやら出来落ち気味の馬や瞬発力に欠ける馬が多いので、全盛期の力は無くとも、コース適性などを考えればやはりこの馬を本命にせざるを得ません。
    今週の動きも圧巻で復調気配が感じられますし、流石に今回は格好をつけるのではないでしょうか。
    ということで今回はこのサトノダイヤモンド本命で、不動の軸馬とします。

    対抗はスマートレイアー。去年の覇者で、春は不甲斐ない競馬が続きましたが、調教の動きは動いておりこの馬も復調気配が窺えます。
    コース適性が抜群なので、得意のこの舞台ならば昨年同様大物食いをする可能性もあるかもしれません。

    3番手評価はそのスマートレイアーの弟、プラチナムバレット。
    ここ2戦はしんがり負け落馬と不甲斐ない競馬のため人気を落としていますが、アクシデントによる負けなので、それを除けば過去掲示板を外していない堅実な馬です。
    京都新聞杯のようにスローで上がり勝負と言う流れを最も得意としている馬で、ここは瞬発力に欠ける馬が多いですから、速い上がりを出せるこの馬は魅力的です。
    追い切りも、最終追い切りは好時計でお終いもしっかりした動きだったので、落馬からの立て直しには成功したみたいなので、穴で狙うなら面白い1頭だと思います。

    4番手評価はアルバート。春は不甲斐ない競馬が続きましたが、今回は、かつて連勝のきっかけとなる勝利の時のモレイラ騎手が久しぶりに鞍上に抜擢されました。
    淀の高速決着は苦手ですが、今の馬場は雨の影響もあり超高速馬場ではないですし、逃げ馬不在でスロー確実ですから、さほど後方に置かれる可能性も無いと思います。
    こういう追わせる馬に乗せたらモレイラ騎手は一級品ですから、早めのスパートが出来れば面白い1頭かもしれません。

    5番手評価はウインテンダネス。落ち目の馬の多い中で数少ない上り調子で勢いのある馬です。
    左回りがベストの馬で、正直コース適性には疑問がありますし、休み明けも実績も今一つですが、2走前には逃げ切り勝ちをするなど自在に立ち回れるのは強みですし、そこそこお終いもいい脚は使えます。
    陣営は休み明けを懸念していますが、追いきりの動きは良かったですから、ここで好走する可能性もあるかもしれません。

    尚冒頭でも述べましたが、今回休み明けで58kg背負っているシュヴァルグランは消します。
    上がり勝負が苦手そうなレッドジェノヴァ、距離が明らかに長く上がり勝負向きでは無いブレスジャーニー。調教いまひとつで出来一息のモンドインテロ、ケントオーも消しです。まあ地方馬サンエイゴールドは流石にここでは勝負にはならないでしょう。

    例によって予想・買い目は下記に書いておきます。

    同じく不振に陥っている私も何とか、ここでサトノダイヤモンドと共に復活のきっかけをつかみたいものです。

  2. ボムジュン より:

    京都大賞典予想・買い目

    ◎サトノダイヤモンド
    ○スマートレイアー
    ▲プラチナムバレット
    △アルバート
    ☆ウインテンダネス

    買い目  単勝 ◎
         馬連流し 軸◎ ヒモ○▲△☆

    取りあえず単勝と馬連総額は同額買うことにするので、2倍以上単勝がつけば取りあえずはプラスにするように金額設定をします。

    流石にこれだけ勢いに欠けるメンバー相手なら、今のサトノダイヤモンドでも何とかしてくれると思いたいんですけどね、鞍上も今日好騎乗を見せてくれた川田騎手ですし・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です!!

      ボムジュンさん!サトノダイヤモンドの単勝的中おめでとうございます!!
      レッドジェノヴァが抜けだったので馬連は残念でしたが、切ったシュヴァルグランも馬券圏外に
      飛びましたし、これで連敗脱出ですね!
      私は直線早々に「ああ〜」と言った感じでした(笑)

  3. ボムジュン より:

    ちなみにこの後行われます凱旋門賞の予想と買い目も書いておきます。

    ◎ヴァルトガイスト
    ○シーオブクラス
    ▲エネイブル

    去年の覇者、エネイブルは膝の故障明けで、無理矢理ここに合わせてきた感が強く、前哨戦も芝では無くオールウェザーのG3戦を選ばざるを得なかった為、実力は侮れないものの今回は本調子ではなさそうなので、勢いのあるヴァルトガイストと、斤量面で恵まれる連勝中の3歳牝馬シーオブクラスの単勝で勝負したいと思います。

    幸いエネイブルが単勝一本かぶりの上に、全く勝負にならないクリンチャーが単勝オッズをかなり吸ってくれているので、2頭買っても十分利益が出ます(どちらも6倍台)から思い切って狙ってみたいと思います。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      凱旋門賞、惜しかったですね・・・
      シーオブクラスがクビ差エネイブルに及びませんでしたが、
      やはりこのレースは3歳牝馬が走りますね!
      クリンチャーは・・・予想通りでしたね(笑)