2018年毎日王冠 回顧 前が止まらない展開で1番人気アエロリットが完勝!

本日、行われました毎日王冠は・・・やっぱり荒れませんでしたね。

勝ったのは1番人気の9番アエロリットで、逃げ馬不在だった為、自らハナに立ち1000m通過59秒0のペースで引っ張ると、最後の直線で上がり3ハロン33秒8の脚を使いそのまま押し切るという完勝でした。

逃げた馬にこの上がりを使われたら後続馬はまさに”お手上げ”状態ですね・・・勝ちタイムも1分44秒5と速く、高速決着で前が止まらないという展開になったのも大きかったですが、決めて不足だったこの馬を勝ち切らせたモレイラはさすがです。キーランドカップのナックビーナスといい今日のアエロリットといい、他のジョッキーだったら2〜3着に負けていた可能性もありますから、本当に頼りになるジョッキーですね!!

2着には3歳馬の5番スティルヴィオが入りました。

前の止まらない展開の中、4コーナーではまだ10番手だったのですが、上がり33秒2と最速の脚を使い、2着に突っ込んできました。

脚質的にどうしてもこういう競馬になってしまいますが、毎回、最後はキッチリ伸びてきますね・・・休み明けで初の古馬相手のGⅡと条件は楽ではなかった上に展開も向かなかったわけですから、この2着はむしろ立派だったと思います。この馬はマイル〜2000mくらいまでなら古馬一線級でも十分通用すると思いますので、今後も楽しみな1頭です。

3着は昨年の菊花賞馬1番キセキがゴール寸前で粘る3番ステファノスを捉え馬券圏内を死守しました。この2頭は今回はいつもより前で競馬して道中2〜3番手を追走していた馬達で展開に恵まれた面はありましたが、1番キセキは58kgを背負っていましたし、3番ステファノスも苦手な休み明けだった事を考えると2頭とも次に繋がる競馬は出来たと思います。特に3番ステファノスは毎年、毎日王冠よりも、叩いて距離が伸びる天皇賞・秋の方がパフォーマンスを上げる傾向がありますので、次走、穴馬として注目したいと思います。

2番人気で6着に敗退した4番サトノアーサーはやはり、良馬場で位置取りが後方になってしまい、脚を余して負けてしまいましたね・・・この馬は良馬場だとこのくらいのパフォーマンスが限界かもしれませんね・・・いつも過剰人気になり気味なので、今後も重賞では馬場が渋った時以外は軽視しても良さそうです。

そして残念だったのは7番ダイワギャグニーです。

「先行できれば」と思っていたのですが、今回も9番アエロリットはともかく、1番キセキ3番ステファノスにも前に行かれて、道中は5〜6番手と位置取りが悪くなってしまい、結局そのまま流れ込んで7着という不甲斐ない競馬でした。切れ味に欠けるタイプなので、やはり2〜3番手くらいにはつけていないと重賞では勝ち負けに加われませんからね・・・横山典が乗るようになってから前に行かないのか?行けないのか?は定かではありませんが、近走は得意の府中で馬券圏外に負け続けてますので、乗り替わりかオープンクラスに下がるまで馬券は買わない方が良いかもしれませんね・・・

馬券的には前日予想通り、9番アエロリットから4番サトノアーサー5番スティルヴィオ7番ダイワギャグニーへ馬連を3点ながしたので、最安目ですが一応的中となりました。配当も1番人気ー3番人気の決着でしたが、670円もついてくれたので、回収率200%オーバーとなりました。

予想通り堅い決着でしたが、キッチリ的中できたので良かったのですが・・・「この展開だったら7番ダイワギャグニーが2〜3番手につけていればなぁ・・・」とちょっと思ってしまいました。

関連記事=2018年毎日王冠 前日予想

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    硬い決着でしたが、先週に引き続きの的中おめでとうございます!

    アエロリットは展開も向きましたが、強い競馬でしたね。
    若干テンに競られるマイル戦よりも、淡々としたペースになりやすい、1800mと言う距離も良かったのかもしれません。

    アエロリットが淡々としたペースで逃げたので、追い込み馬は厳しい流れになり、2着争いはキセキとステファノスの2頭に絞られたと思ったのですが、ステルヴィオが鬼脚で追い込んできました。
    この上がりで追い込んで2着はかなり強いと思うのですが、馬場がどちらかというと差し馬向きの馬場だったので、展開不向きでも何とか間に合ったのかもしれません。

    しかし、まさかキセキが先行するとは全く予想外でした・・
    流れを考えると3着に残したのは、川田騎手のファインプレーだったと思います。

    4着のステファノスも福永騎手は上手く乗りましたが、直線息切れしたところを見るとやはり全盛期の力は無いのかなという気もしました。
    レースセンスのいい馬なので、今回みたいな流れになれば本番でも可能性はあるかもしれませんが、上がりのかかるガチの消耗戦ではもう苦しいかもしれません。

    サトノアーサー、ダイワキャグニーは展開も向きませんでしたが、ちょっとG1
    クラスの馬とは力量差があるのかもしれません。
    次走は本来の持ち場であるOP特別やG3でまた頑張って貰いましょう。

    ちなみに、私は今回も本命アエロリットは快勝も、ヒモが全く来ず連敗をまた一つ更新しました・・ 今回は単複さんと本命同じでしたから、そこに少しの望みがあるかなと思ったのですが、私の逆神パワーの方が上回ってしまいました・・

    なんか最近高額条件戦が当たる気がしないですね・・

    今週はまだ凱旋門賞、京都大賞典、南部杯と3つも重賞レースが続きますが、どれも自信度今一つのレースばかり・・ どこまで連敗は続くんでしょうか・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      ボムジュンさんありがとうございます。
      軸をアエロリットにしたのは「鞍上モレイラ」という点が大きかったですが、
      とりあえず、的中出来て良かったです。