笠松競馬で微差の連敗が続いたが・・・

今日は昼間の笠松でかなりやらかしてしまいました・・・

まずは笠松6Rで4番人気の8番ブラックベルメイユの複勝を購入すると・・・1番人気の5番ヴィレッジダンサーが8馬身もちぎってくれて、先行していた2〜3番人気の馬達をつぶしてくれたのに・・・8番ブラックベルメイユはその潰れた馬達と最後に脚色が一緒になり、1/2馬身差及ばずの4着に敗退し馬券は紙クズに・・・

しかし次の7Rには鉄板級の軸馬5番リボンナイトが出走しており、相手もほぼ1番ユキノレーヌでOKだろうという組み合わせなのにこの2頭の馬連が4.7倍もつくというおいしい状況だったので「まぁいいやここで取り戻そう」と思い馬連1点で勝負したら・・・

直線では完全に「取った!」と思っていたが、1番ユキノレーヌが最後まで7番人気の9番マルヨナオミを捉えきれずアタマ差の3着に敗れた為、2レース連続不的中。

こうなってくると完全にドツボで、9Rに組まれていた得意のJRA交流戦で中央馬の中で実績上位ながら1番人気がないという状況だった2番ミスズバードの複勝(2.9倍〜4.7倍)を購入すると・・・

1番人気の4番ナムラムツゴローにぶっちぎられ2〜3番手の馬が苦しくなるという6Rとまったく同じ展開になり、後方から追い込んできた2番ミスズバードが3着に突っ込むには絶好の展開だったのに・・・またしてもクビ差4着でとうとう3連敗!

「なんなんだ今日は・・・」

狙った馬が走っているのに微差で取り逃がすという最悪のパターンが3回も続き、まさに「やってられない」1日となってしまったのです。

今日の笠松は差しがまったく効かず、人気の先行馬がそのまま押し切りガチガチ決着ばかりで勝負にならず、本来、こんな日は傷口を広げないようにここで止めるのがベストなのですが・・・ナイター競馬で最近、お世話になっている門別が開催していたので「門別なら笠松ほどガチガチにはならないだろう」と門別競馬で損失補填をすることにしたのです。

そして勝負レースに選んだのは門別7Rの1700m戦でした!

このレースは中央から転厩初戦の6番ペシキャサリンが単勝1.7倍の1番人気に推されていて、これはまず勝ちそうだったのですが、残りの門別の馬が前走同距離で今回2番人気の8番ペイシャレイズに2.0秒以上ちぎられているメンバーばかりで、仮に、この1、2番人気でワンツーだったとしては、3着はなんでもこれそうな一戦でした。

そこで中央から移籍後、門別で短距離ばかり4戦して大敗していが、先行はできており、ノヴェリスト産駒で距離延長がプラスに出そうな4番サンリットデューの複勝を購入することにしたのです!!

8番ペイシャレイズに2.0秒以上ちぎられているメンバー達はほぼ”用無し”だし3番人気の7番デュークストリートは取り消し開けで今回馬体重が+10kgと太め残り、消去法でいっても残るのは距離未知数の4番サンリットデューくらいだ!」という感じで4番サンリットデューの複勝を購入したのですが、

この馬まったく人気がなく複勝でも7.9倍〜20.1倍の高配当!

「よし!こいつで今日の収支を一気にプラスに!!」とほくそ笑んでいたら・・・

好スタートからインの3番手を確保した4番サンリットデューが抜群の手応え4コーナーを回ってきたのです!!

上位人気3頭の直後を持ったまま追走している4番サンリットデューの後方は4〜5馬身ほど離れており、勝負はこの4頭に絞られた。

「前3頭は人気馬だが4番サンリットデューの手応えは抜群!これはもらったろ?」

直線に入ると4頭が横一線の追い比べとなり脱落してのは・・・なんと2番人気の8番ペイシャレイズでした!

「よっしゃー!もらった!!!」

残り200mを切り、取り消し開けの7番デュークストリートが先頭に立ったのはびっくりしたが、4番サンリットデューが3番手はキープできそうだったので余裕で見ていたのですが・・・外から1頭、3番サムキーが追い込んできていたのです!

「・・・なんかスゲー嫌な予感が・・・」

今日、ここまで散々、笠松で微差負けをくらい、ここも結局、ゴール前で4番サンリットデューが4着に落ちるパターンか?と不安がよぎる・・・

だが・・・

「よっしゃー!!!残った!!!」

笠松とは違い、ここは4番サンリットデューが凌ぎ切ってくれたのです!

複勝で人気を集めていた8番ペイシャレイズが着外に飛んだ為、複勝配当も1,090円まで跳ね上がってくれて本日は逆転大勝利となりました!

「ふ〜・・・あぶなかった・・・」