格上で展開も向きそうなベティバローズが6番人気だったので迷わず単複購入!!

門別6R C3−3 C4−1 1000m 12頭立て

このレース、1番エレーヌワンダー4番パドックキラー5番ヤマニンアンベリルそして1番人気の12番ココアスナインと逃げたい馬が揃っていました。

人気こそ12番ココアスナインが単勝1.5倍と1本被りでしたが・・・各馬の能力差はオッズほどはなく、むしろ時計的には4番パドックキラーが若干、抜けているというメンバー構成でしたので「12番ココアスナインは過剰人気だな」と思っていたのです。

更に12番ココアスナインは中央から門別移籍後、2戦して1勝、2着1回の成績でしたが、逃げた前走こそ1分02秒1の好タイムで押し切っていましたが、逃げられなかった移籍初戦は2着に敗れおり、おそらく逃げがベストなのだろうが、今回は内枠に逃げ馬が固まっているので門別の外枠ではハナを切るのは厳しいだろう・・・

となると、「12番ココアスナインはいらねーんじゃねーか?」となったのですが、かと言って内枠の逃げ馬達も展開がキツそう・・・だが、逃げ争いが激化して展開的には差し馬を買いたくなるところなのですが、ダートの1000mではどれだけ前半が速くなろうが”直線一気で差し切る”という事は考えづらく出来れば、先行勢の直後あたりにつけられ一脚使えそうな馬を買いたかったのですが・・・

まぁそう都合良く見つかるわけもなく・・・と思っていたら、都合よく見つかってしまったのです!!8番ベティバローズが!!!

この馬、近走は1000mと1700mを交互に使い、1700mは共にボロ負けしていたのですが、1000mでは3着、3着と好走していたのです。時計的にも1000mの2戦とも1分02秒台でまとめており、ここでも遜色はなく、内容も4コーナー4番手から3着に押し上げるという内容。展開が向いてあと一押しが効けば勝ち切ってもおかしくはない馬なのですが、単勝22.5倍と人気がない!!しかもこの馬は今日のメンバーで唯一C3クラスで走っていた”格上馬”!

「内枠の逃げ馬達の直後くらいにつけられそうだし、クラスが下がったここは、時計も詰まるだろうし・・・格上で展開も向くなら8番ベティバローズが勝つんじゃねーの?」と8番ベティバローズの単勝を購入したわけです!

単勝を購入した時は複勝下限値が2.0倍以下だった為、単勝のみで勝負しようと思っていたのですが・・・締め切り前に複勝下限値が2.0倍を上回ってきたので「なら複勝も買っとくか?」と複勝も追加で購入しました。

レースの方は、

やはり逃げられなかった12番ココアスナインを尻目に内枠を活かし、4番パドックキラーがハナを奪い5番ヤマニンアンベリルが番手をキープ。12番ココアスナインは3番手の外を追走し、この前3頭が後続を離し飛ばしていく!

そして直線を向いて抜け出したのが・・・

なんと3頭の中で1番人気がない5番ヤマニンアンベリル!!逃げていた4番パドックキラーはすでに一杯で12番ココアスナインも脚色は鈍い!そこに外から8番ベティバローズがすごい脚で迫ってきたのだからテンションが上がる!!

「これはもらったろ!」と勝利を確信すると・・・

ゴール前で5番ヤマニンアンベリルをあっさり捉え8番ベティバローズが1着でゴールし、2〜3着も外から追い込んできた差し馬勢が入り人気馬は総崩れという嬉しい結果に!!

単勝22.5倍&複勝3.8倍のW的中となりました!!!

展開が向きそうな格上馬でこれだけ配当がつくのは門別競馬ならではですね!