園田の1Rはとにかく前に行ける馬を買え!

今日は園田ナイターの1Rから勝負出来そうだったので、ここに全力投球!とばかりに馬券を購入しました!

園田1R C3−3組 1400m 10頭立て

このレースで1番人気に支持されていた1番レクセルは能力的には確かにここなら上位なのだが・・・時計差もそれほどなく、「力が抜けている」とまでは言えない馬で単勝3.1倍が示すとおり怪しい人気馬でした。というか個人的には「いらないだろ?」という評価で完全に”カモ”扱いしていました。

なぜなら1番レクセルは追い込み馬だから!!C3ー3組の下級条件で直線一気なんてまず有り得ない為、馬券圏内はともかく、頭なら切れる馬だったのです。

そして2番人気の7番スプリングブレットが取り消し開けで体調が万全ではなく、3番人気の4番ダーリングリップは先行して4コーナーから着順を上げられない馬。4番人気の5番ロージアも先行力がなく、C3ー5組でやっとこ3着にこれる程度の格下馬。

という感じでこのレースの上位人気馬達はすべて飛んでも驚けない感じだったのです!!!

そこで私が目をつけたのは、当然逃げ馬です!

3番テンシノコレクター 40.2倍

10番マルシュガー 8.4倍

この2頭がこのレースの逃げ候補で、私の見立てでは、能力はほぼ互角だったのですが、オッズがこれだけ違うなら選択するのは当然3番テンシノコレクターです!

テンのスピードは、ほぼ互角と読んでましたが、3番テンシノコレクターの方が枠が内だし、10番マルシュガーは番手でも競馬は出来るので無理にハナを主張しないだろうと思え、逆に3番テンシノコレクターは逃げられなければ、惨敗する可能性の方が高いので、鞍上の竹村騎手も「なにがなんでも行くだろう」。そして逃げてしまえば、3走前にC3−2組で2着しているように今日のメンバーならなんとかなる公算は高く、これだけ人気が無ければ勝負する価値は十分という訳で、3番テンシノコレクターの単複を購入したのです!

スタートが切られると3番テンシノコレクター鞍上の竹村騎手が出ムチくれてハナを主張し・・・

あっさりと先頭に立った!!10番マルシュガーは外から上がってきたが予想通り無理せず3番手に控えた!

「よしよし良いぞ・・・単騎で逃げられればこっちのもんだ!」

その後、勝負所の3コーナーで・・・

番手に上がっていた10番マルシュガーを突き放しリードを広げる3番テンシノコレクター!!「よ〜しこの感じなら逃げ切り濃厚だ!」

ところが4コーナーで外から一気に2番人気の7番スプリングブレットが猛追してきて・・・

直線半ばで捕まってしまった3番テンシノコレクター・・・

「ああ〜・・・差された・・・」

最後は5番ロージアにも捕まり、3番テンシノコレクターは3着入線となってしまいました。

「うーん・・・複勝だけか・・・」

だが、1番人気の1番レクセルはやはり追い込み届かず5着に敗れ、次に複勝が売れていた3番人気の4番ダーリングリップも4着と馬券圏内を外したので、3番テンシノコレクターの複勝は1,100円まで跳ね上がってくれました!!!

「これだけ、つけば複勝でも十分だな」

久しぶりに園田で1,000円オーバーの複勝をGETしました!!