2018年オールカマー 回顧 やっと馬体が絞れたブラックバゴが馬群に沈んでしまった・・・

本日行われましたオールカマーですが、勝ったのは1番人気の7番レイデオロでした。スタートから馬なりで最内枠の1番アルアインがハナに行きかけましたが、この外から4番マイネルミラノが出ムチを入れて先頭に立つという展開になったので「速くなるか?」と思ったのですが、その後、4番マイネルミラノが後続に1〜2馬身ほどリードを取り単騎逃げに持ち込めた為、ペースはそこまで上がらず1000m通過が60秒5と平均よりも若干、速い程度のペースで流れました。

この流れを中段よりもやや後ろの8番手で追走していたのが7番レイデオロで、今回はスローペースだった京都記念のように折り合いを欠く事もなく道中スムーズに追走し、勝負どころの3〜4コーナーでは外に出さずに馬群の中で我慢をし直線でも先に抜け出していた1番アルアインの内を突いて差し切るという味な競馬を魅せてくれました。

正直、3〜4コーナーでの手応えが怪しく「大丈夫か?」と思っていたくらいなのですが直線ではキッチリ伸びてきましたね・・・ただ、2着だった1番アルアインとは最後クビ差でしたから、3〜4コーナーで外に出さなかったルメール騎手の好判断で「なんとか勝てた」という印象でした。

もし、3〜4コーナーで大外を回していたら、おそらく届かなかったでしょうから、「さすが」の騎乗ぶりだったと思います。

4コーナーでも1番アルアインの真後ろから動かず、直線に向いてからバテた4番マイネルミラノと完全に抜け出していた1番アルアインの間を不利なく抜けられましたし、まぁ今回は「1番強い馬にスムーズに競馬をされてしまった」という感じでしたね。

正直、今日のパフォーマンスでは秋のG1シリーズの主役としては物足りない内容でしたが、春のドバイ以来の休み明けでしたし、叩いた次走は大幅な上積みが見込めそうですので、評価を下げない様にしたいと思います。

2着だった1番アルアインは・・・なんか「いつも通り」という感じでしたね・・・「先行して好位から早めに抜け出し、最後、何かに差される」という競馬がここ何走も続いてますが、今回も同様な競馬でした。

G1やGⅡで安定して馬券圏内に絡んでいるので、基本的に能力は高く、軸としては買いやすい馬ですが中距離だとG1を勝つにはワンパンチ足りないですからね・・・距離が2000mになる秋の天皇賞では馬券圏内に顔を出しそうですが、勝ち切るイメージは湧きませんので今後も”ヒモ候補”といった感じでマイル路線に参戦でもしない限り単勝を買う事はなさそです。

3着には今回は差してきた2番ダンビュライトが入りました。道中は4〜5番手につけられていたのですが、3〜4コーナーで内で脚を溜めていた為に後ろからきた馬に一旦は交わされてポジションを下げてしまいましたが、ゴール前で11番エアアンセムを内から差して馬券圏内は確保という結果でした。

この馬も1番アルアイン同様、毎回安定して走りますが、勝った7番レイデオロやその1番アルアインとは3馬身離されていたように、ちょっと能力差を感じてしまいますので、今後逆転とかは難しいそうですね・・・

終わってみれば、1番人気→3番人気→2番人気というガチガチ決着だった今年のオールカマー。やはりそこそこペースが流れて少頭数だと力通りに決まりやすいですね・・・

今回は馬体重ー12kgとキッチリ絞れた10番ブラックバゴの単複で勝負した私の馬券は紙クズになってしまいました・・・

いつも通り後方から競馬して直線入口では、3着だった2番ダンビュライトとほぼ同じ位置にいたんですけどね・・・そこから伸び切れず、前にいた11番エアアンセムを捉えられず、後ろから6番ショウナンバッハにも交わされたところを見ると、完全にここでは、力負けだったと思います。距離も若干、長かったように感じましたので、この馬はローカルの1800mや2000mで展開が向きそうな時にまた狙ってみたいと思います。

このレースはぶった切った7番レイデオロに勝たれ、本命の10番ブラックバゴが沈み、10番ブラックバゴがプラス体重だった時に買おうと思っていた馬連は2着、3着だったので、完敗でした。

関連記事=2018年オールカマー 前日予想

コメント

  1. いし より:

    お疲れ様ですー。オールカマー、ショウナンバッハから人気3頭にワイドで流して悶絶しました…。神戸の方はワグネリアンとメイショウテッコンの馬連一点勝負でひっくりこけました(T_T)

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      いしさん!どっちもメチャクチャ惜しかったですね!特に神戸新聞杯はゴール前で上位3頭は紙一重でしたからね…ワイドじゃなかったのが悔やまれまる結果となってしまいましたが、一点でメイショウテッコンをピックアップしたのはお見事だと思います。

  2. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    いしさんの狙いは非常に惜しかったですね、オールカマーのショウナンバッハはもう少しで3着に来そうな勢いでしたし、神戸新聞杯もエタリオウが差さなければ的中でしたから・・

    オールカマーのレイデオロは期待通りの強い勝ち方でした、3着ダンビュライト以下はちぎり捨てているようにここでは力が違いました。2着に惜敗した弟の雪辱を果たしたという感じでしょうか。

    アルアインも強い競馬でしたが、休み明けの分と若干長い2200mが影響して最後は止まってしまいました。ただレイデオロとは決め手の差が歴然としている感じで、府中が舞台では逆転は難しそうな気がします。

    今回ショウナンバッハがあわや3着という勢いで追い込んできたので届かなかったのは残念ですが、この馬は完全に復調したようなので、今後もG3クラスの馬となら展開次第で好勝負出来そうな気がします。

    ブラックバゴは馬体は絞れていましたが、前半若干折り合いを欠いた分が伸びきれなかった原因でしょうか・・ それに今回みたいな時計の速い決着よりも荒場場のほうが向く馬なので、次走は馬場が渋った時の狙いがいいのかもしれません。

    ちなみに私は本日も本命レイデオロが快勝したにもかかわらず、ヒモが全滅でまたも外れてしまいました・・
    神戸新聞杯もカモ馬エポカドーロが見事に4着に沈み、本命エタリオウが2着に来たにもかかわらず、メイショウテッコンを切った為に敗北・・
    殆どいいところなしの結果に終わりました・・

    重賞予想はいいところ無しの結果が続いているので、そろそろ結果が欲しいんですが中々うまくはいかないものです・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      天皇賞・秋ではアルアインとレイデオロの着差は今日よりも開きそうですね。
      アルアインは距離短縮はプラスですが、速い上がりが使えないので府中はマイナスですからね…