断然人気のキクノデアと0.4秒差の競馬をしているベルベットウコンが複勝6.5倍もつくの?

笠松6R Cー6組 1600m 10頭立て

このレースの単勝1番人気は1.7倍で6番キクノデアでした。2走前に1600m戦で勝ち馬セビージャから0.3秒差2着と好走しており、イマイチ勝ち切れない馬ではあるが、先行力もあり、差しに回った時でも崩れず、終い差を詰めてこれるタイプで安定感という点では、信頼は出来そうな馬だったのです。

別にこの馬が1番人気に支持されていたのに異論はなかったのですが・・・6番キクノデアが2着だったセビージャが勝ったレースで0.5秒差3着だった8番バトルキャンディーと0.7秒差4着だった1番ベルベットウコンの人気がなさ過ぎるのが引っかかったのです。

6番キクノデアが1倍台の人気になるならこの2頭ももっと人気になっても良いのにな・・・」

2番人気の2番ブランドランナーも3番人気の7番ブルーネーブルも1600mでの実績が乏しく、2頭とも前走こそCー1組を走っていたが、結果は2秒以上ちぎられて大敗で、それまで使っていたレースも6番キクノデアに比べると格下のレース。Cー1組でちぎられたのは仕方ないが、Cー6組に下がったとはいえ、「6番キクノデアに勝てるか?」と言われればおそらく無理だろうと思われる馬達。

2番ブランドランナー7番ブルーネーブルよりも6番キクノデアと微差の競馬をしている8番バトルキャンディー1番ベルベットウコンの方が強いだろう?」といった感じで特に1600mでは有利な最内枠を引いた1番ベルベットウコンは実際に6番キクノデアと同距離で一緒に走り0.3秒しか負けていないわけで、それなのに単勝138.1倍で複勝でも6.5倍〜12.3倍というのはおいしすぎる配当だ!!

というわけで「これだけ人気なければ複勝でも十分だな」と1番ベルベットウコンの複勝を購入することにしたのです!!

レースがスタートすると・・・

1番ベルベットウコンはスムーズにインの4番手を確保することに成功!前を行くのは2、3番人気の馬達で、真横に1番人気の6番キクノデアが追走しているのでこの時点ではまだまだ油断は出来ないが、以前、先着されていた先行馬の8番バトルキャンディーが出脚が悪く先行出来なかったので「人気馬が1頭でも飛べば1番ベルベットウコンは複勝圏内に残れるぞ!」とテンションが上がる!!!

レースはそのまま淡々と流れた為、隊列は変わらず3コーナーを回り4コーナーへ!1番ベルベットウコンは相変わらず4番手で前3頭は1〜3番人気の馬達だったが、手応えは悪くなく、後続は勝負圏外だったので「よ〜し!前が1頭垂れればOKだ!」と思っていると・・・

2番人気の2番ブランドランナーが直線で押し切り態勢に入り、突き放された7番ブルーネーブルが垂れはじめ、外から6番キクノデアがそして内から1番ベルベットウコンがそれを交わすという展開になり・・・

無事、3着で1番ベルベットウコンがゴールしたのです!!

1、2番人気の馬との入線で複勝は下限値の650円でしたが、普通に予想したら拾える1番ベルベットウコンでこれだけ配当がつけば十分です!前回0.4秒差だった6番キクノデアとの差は今回クビ差に詰めてくれましたし、先行出来なかった8番バトルキャンディーとは逆転してくれましたしね!

競馬においてコンマ数秒差なんて、枠順や仕掛けのタイミングひとつでどうとでもなりますから、単勝1倍台の馬と差の無い競馬をした馬が人気薄なら黙って買いです!!