名古屋競馬に転厩してくる中央馬の初戦は中距離で先行できている馬を買うと儲かる!

中央競馬の3歳未勝利戦がもうすぐ終了してしまうので、毎年この時期は地方競馬に中央で勝てなかった馬達が転厩してくるのですが・・・

今日の名古屋競馬にもそんな馬達が大挙に出走してきており、2Rに至っては、出走8頭中7頭が転厩初戦組というメンバー構成だったのです!

名古屋2R 3歳−13組 1400m 8頭立て

最低人気の1番グッディソング以外はすべて名古屋初挑戦の馬達で1番人気の4番リーゼロックは中央では芝しか使っておらず、今回が初ダートでしたが、福島芝1200mで1.0秒差6着という成績と鞍上岡部、更にキングカメハメハ産駒でダートもこなせそうなので単勝1.9倍に支持されていました。

だが、400kgそこそこの小柄な牝馬で芝の短距離しか走った事の無い馬だったので、私はこいつを疑ってかかり、他の転厩初戦馬を買う事にしたのです!

そしてピックアップしたのが

2番サイモンルチアーノ

5番ヒロノイッセイ

8番メイショウシンバ

の3頭でした!!

このレースに出走している転厩初戦の馬達はどれも中央時代の成績は酷いもので、勝ち馬から2秒も3秒も離された二桁着順ばかりだったので、着順から拾っていくと買う馬がいなくなってしまいまうのですが・・・

私には中央からの転厩馬を購入する時に、ひとつの目安があり、今回はそれに乗っ取ってこの3頭をピックアップしたのです!その目安とは・・・「中距離経験」です!

中央から転厩初戦の馬は、名古屋では過剰人気になる事が多く、まぁ普通にそのまま勝つケースが多いのですが、「中央時代に短距離しか経験していない」馬というのは、結構、人気を裏切り飛ぶケースが多いのです。

逆にローカルの1700mや中山や阪神の1800mを経験していて、かつ前に行けているような馬は、例え着順が悪くとも1400mの名古屋に替わる事で一変する事が多いのです!

今回、ピックアップした3頭は中距離経験+中団よりも前で競馬した経験のある馬達で、短距離しか経験していない1番人気の4番リーゼロックよりもこの3頭を上位にとったという訳です。

ただ、2番サイモンルチアーノが2番人気で単勝が3.3倍しかつかないので、この3頭の単勝を買う気にはなれず、馬券の方は、この3頭のワイドBOXを購入したのです。

5番ヒロノイッセイ8番メイショウシンバが意外と人気がなかったので「ワイドで良いか」と思った訳なのですが・・・まさにこれに救われました!

結露から言うと・・・

1番人気の4番リーゼロックが勝ちやがったのです!しかも道中3〜4番手からゴール前でギリギリ差し切るという岡部騎手らしい勝ち方で!

逃げた8番メイショウシンバが4コーナーで後続を突き放したので「ああ〜単勝が正解だったかなぁ?」と思って見ていましたが、ゴール前で4番リーゼロックがキッチリ差し切ったので、単勝を買っていたら不的中になるところでしたがワイドだったのでなんとかセーフ!3着争いは2番サイモンルチアーノ5番ヒロノイッセイだったのでどちらでも当たりなのですが、配当が全然違うので、もちろん5番ヒロノイッセイを応援すると・・・

5番ヒロノイッセイが3着を死守し、ド高目的中となりました!!!

「よっしゃー!この2〜3着ならワイドでもつくだろ?」と払い戻しを楽しみにしていると・・・はい!3,200円もついちゃいました!!

8番メイショウシンバの単勝よりも高い配当だったので、このレースはワイドが大正解でした!!

今回は4番リーゼロックにこそ勝たれましたが、中央時代に中距離で前に行けていた私がピックアップした馬達の着順は2〜4着を独占という結果に!

中央の中距離ダートで前に行ける脚があれば、名古屋なら楽に好位づけできますし、1800mくらいでバテていた馬も1400mならスタミナが保つので、交流戦や移籍初戦の中央馬がいるレースでは結構、この戦法でおいしい配当が取れるのです!!