砂入れ後の園田で外から差せる馬を狙い手堅く複勝4.9倍を仕留める

台風の影響で先週は開催自体が中止になってしまった園田競馬ですが、今週は停電で使えなくなってしまっていたシステムも復旧し無事、開催される事となりました。

だが、おそらく馬場は乾き切っていない為、水分を含んでいると思われるので、前が止まらない馬場になっている可能性が高いのですが・・・そこは砂入れを活発に行う園田競馬場!今回も馬場の内側にたっぷりと砂を補充してくれた為、今日は朝から”差し馬狙い”を考えていたのです!

「後半のレースはゴールデンジョッキーズカップの為、まともな予想は出来ない・・・出来れば午前中の段階で一稼ぎしたいところだ」と思っていたところ3Rでいきなり勝負出来そうな馬を発見したのです!!

園田3R C3ー3組 1400m 12頭立て

このレースで狙っていたのは8番人気の6番アンジーゴールドでした!!

このレースは良馬場の1400mを1分34秒台で走れる馬がゴロゴロいて、かなりの混戦ムードだったのですが、同じ時計でも6番アンジーゴールドはC3−1組や2組でのもので、若干ではあるが格上の存在だったのです。

今日のメンバーでC3−1組でそこそこの競馬が出来るのは、1番人気の4番イイデエクセレントと3番人気の7番ベアスピード、そして6番アンジーゴールドの3頭のみで他の馬はC3−3組までしか良績がない。

となると6番アンジーゴールドが8番人気なのは見逃せない!と言う訳です。

ただ・・・このレース、逃げ・先行馬が皆無でSペース濃厚。差し馬である6番アンジーゴールドには展開は向きそうも無かったのですが・・・「C3−3組まで下がればそこそこ前には行けるだろうしスローの団子状態で進んでもゴール前で一脚使えるから、大丈夫だろ?」前に行った馬は砂の深いインコースを走る為、ゴール前で苦しくなるだろうし、脚さえあれば、ペースがスローでも園田なら捲れば良いだけだ。

という風に考え、6番アンジーゴールドの複勝を購入したのです!

スタートが切られると、

なんと1番人気の4番イイデエクセレントがハナを切るという意外な展開に!これには正直、びっくりしたが、6番アンジーゴールドも先頭から4馬身差の6〜7番手に取りついたので「まぁ良いか?」とレースを見守る事に。

スタート後、砂の深い、最内まで持っていた6番アンジーゴールドに若干の不安はあったが「向正面では外に出せよ!」と思っていると・・・

向正面からキッチリ外に持ち出した6番アンジーゴールドが3〜4コーナーで前を行く4番イイデエクセレントにグングン迫ってきた!「よしよし、複勝圏内ならもう大丈夫だろう?」

結局、そのまま流れ込み6番アンジーゴールドは無事2着入線となりました!!!

しかし3着が2番人気の9番フジヤマイサンだった為に複勝配当は下限値の490円しかつかず・・・という結末に。

「せめて3着に5番アラベスクシーズが粘ってくれていたら・・・」と思いましたが、スローペースで逃げて、3コーナー手前から自力で動いた4番イイデエクセレントは力で押し切った格好でしたが、2〜3着は3〜4コーナーで外を回して追い込んできた馬たちで決まったので「やはり今日は勝負所で外を回した馬が有利だ」と確信を持てたので、良しとします。

ただ・・・この後の園田で勝負出来そうなレースがなかったので、儲けはこれだけでしたけどね・・・

ちなみに中央から福永、戸崎、岩田が参戦し地方からも的場、赤岡、吉原など各地のリーディングジョッキーが集結し腕を競ったゴールデンジョッキーズカップは佐賀の山口勲騎手が優勝したのですが、2位の戸崎騎手は惜しかったですね・・・最終戦で騎乗予定だったコーズウェイが出走取り消しになってしまい、そのレースで山口勲騎手のナンヨーファミユが逃げ切って優勝した訳ですから・・・取り消したコーズウェイは有力馬だっただけに「最終戦に乗れていれば」という2位でしたが、まぁ”運”もありますからね・・・