2018年京成杯AH 回顧 まさか中山のハンデGⅢが1〜3番人気で決まるとは・・・

本日、行われました京成杯AHですが・・・毎年荒れるこのレースが今年はなんと1番人気→2番人気→3番人気の順で決着という結果になってしまいました。

レースの方は最内枠から1番ミュゼエイリアンが逃げる形になり、誰も追いかけなかった為、前半3ハロンが34秒7と良馬場の開幕週としてはむしろ遅いペースで進んだのですが・・・3コーナーで一気に外から12番ウニンガニオンが捲りきり先頭に立った為、「スローなのに逃げ・先行馬にはツライ展開」となり、外から追い込んで来た10番ミッキーグローリーが差し切り、2着も道中最後方にいた14番ワントゥワンがゴール前で先行した2番ロジクライを捉えるという形になりました。

勝ったミッキーグローリーは、重賞初挑戦ながら、これまで11戦中10戦が馬券圏内という安定感抜群の馬で、今回は相手強化の一戦でしたが、強かったですね!最後はワントゥワンに3/4差まで迫られましたが、着差以上の完勝だったと思います。5歳馬ですが、まだキャリアも浅く、今後が楽しみな1頭だと思います。

ただ、2着のワントゥワンもそうですが、ウインガニオンが途中から動いたとはいえ、全体的にペースは遅く、速い上がりが要求されるレースになったのも大きかったと思います。1、2着はともに「切れ味が身上」のディープインパクト産駒でミッキーグローリーの上がり3ハロンは33秒5、ワントゥワンに至っては33秒0ですからね・・・中山のマイル重賞でこういうレースになる事はあまりないので、前半がもっと速く上がりが34秒台の競馬になっていたら、ミッキーグローリーはともかくワントゥワンは届かなかった可能性が高かったと思います。

3、4着は先行したロジクライとロードクエストが入線しましたが・・・ロジクライは速い上がりを使えないので、今回の負けは仕方ないですね・・・今回も上がり34秒1と、この馬にしては頑張ってる方ですから、時計の速い今の中山では前半もう少し流れてくれないと持ち味が活きないですし、馬場が少しでも渋ってくれていれば、結果も違ったと思いますが、良馬場の瞬発力勝負になってしまったので、3着でも大健闘だと思います。

そして4着だったロードクエストですが、脚質転換後は安定味が増した事は認めますが・・・完全に勝ち切れなくなってしまいましたね。毎回掲示板は確保できるが「あって3着」という感じでなので、個人的には、元の”追い込み”に戻して一発狙いの方が良いと思います。今後も先行するようであれば、単勝ではずっと消し続けようと思います。

馬券的には本命のストーミーシーが”切れ負け”して7着だった為、不的中となってしまいました。この馬、追い込み馬ですが、上がりの速い競馬は苦手なので、府中よりも中山や福島で好走しているわけですから、今日の流れでは、まぁ無理でしょうね・・・前半3ハロン34秒7のタイムを見た時に「ああ〜届かねーな」と諦めました。

そもそもが、ウインガニオンがもっと暴走気味に逃げてペースを上げるという予想でしたので、そこそこ上がりのかかる競馬をイメージしていた為、ストーミーシーを本命にしワントゥワンを切った訳だったですからね・・・それが逆の展開になれば当然、結果も逆になるという事でしょう。

ストーミーシーに関しては、また上がりのかかりそうなレースで狙ってみたいと思います。

しかし、京成杯AHが1〜3番人気で決まるとは・・・セントウルSも1番人気のファインニードルが勝ち、2着は2番人気のラブカンプーという堅い決着でしたし・・・

脳ミソがまだローカル気分で、つい穴馬を狙ってしまいますが、今日は中山も阪神も比較的、堅い決着が多かったですから、切り替えないといけませんね。

今日の中央競馬はこのレースのみの購入だったのでマイナス収支となってしまいましたが、切り替えて来週に備えたいと思います・・・

関連記事=2018年京成杯AH 前日予想

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    今年の京成杯AHは前半平均ペースで入ったものの、ウインガニオンが途中から捲って息の入らない流れになったため、先行タイプの馬にはかなり厳しい流れになってしまいました。
    ただ、勝ったミッキーグローリーは勝負処で大外回してたので内容的にはこのメンバーの中では少し力が違った感じでした。
    ワントゥワンも同じく大外回しての2着ですから、この馬も以前より相当力をつけているようなので、次走も要注意だと思います。

    私が本命にしたロジクライは、厳しい展開の中ギリギリ3着を確保しましたが、この馬は経済コースを通れて直線も前が開いてのこの結果ですから、重賞ではこれが限界なのかもしれません。

    ストーミーシーは流れは向きましたが、上位の差し馬とは少し決め手に差が合ったような気がします。ゴールドサーベラスあたりもそんな感じでしたね。

    今回前につけて惨敗した馬は、次走流れが落ち着けば十分巻き返せる馬もいると思います。特に大外枠からの先行で14着に大敗したベステンダンクとかは、次走間違い無く人気を下げると思うので、先行馬の少ないオープン特別あたりなら狙い目かもしれません。

    ちなみに私は本命ロジクライがギリギリ3着に残ったため、3連復がかろうじて的中となりようやく重賞の連敗が止まりました。
    ただ、1・2着は下位評価でしたから、会心の当たりには遠かったですし、配当も激安でしたが・・
    オッズが低かったのでこの買い目だけ少し金額を上乗せしていましたから、トリガミにはなりませんでしたが、ド本命なので儲けは雀の涙ほどです。

    これから2週ほどは苦手のトライアルシーズンなので、購入は控えめにしますが、何とか次週も配当はともかく的中してG1シーズンへの弾みにしたいものです。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      連敗脱出おめでとうございます!
      堅くてもガミらなかったのは流石ですね!
      僅かでもプラス収支と言うのは非常に大事ですので、私も見習いたいと思います。
      今日はなかなか勝負出来るレースがありませんでしたので来週はなんとかプラス収支出来るように頑張ります。

  2. いし より:

    お疲れ様です!今日は両重賞とも固かったですね。自分はロードクエストが届かず昨日に続き不的中でした。(TT)