強力なライバル馬クリノタカラモノが出走取消ならアイファージュリアで良いだろう!

笠松6R 3歳ー7組 1400m 9頭立て

このレース、上位人気がすべて逃げ・先行馬だった為、最初は「差し馬狙ってやろう」と思っていたのですが・・・減量の渡辺竜也騎手騎乗でおそらくテンからガンガン仕掛けて行くであろう3番クリノタカラモノが出走取消になった為、ちょっと予想が変わって来たのです。

当初は人気馬がテンからやり合う予想だった為、差して来れる4番ワイエススピード5番ビジネスチャンスあたりを狙おうかと思っていたのですが、3番クリノタカラモノ取消したのなら、「先行勢で1番強い2番アイファージュリアで良いだろ!」となったわけです。

2番アイファージュリア3番クリノタカラモノが取消したのであれば、今日のメンバーの中では1400mの持ち時計がNo.1で、走っていたクラスも上!つまり能力的には、最上位なのですが、前走、名古屋の最内枠で出遅れて6着と負けいる事に加え今日は馬体重+12kgだったので、そこまで人気が被らないというおいしい状況だったのです!

前走で笠松よりもレベルの高い名古屋で負けているのなんて、まったく気にしなくて良いですし、不利な1枠から出遅れたのであれば、完全にノーカンでOK。馬体重に関しても前走減らし分が戻っただけなので、むしろプラス材料。当初は3番クリノタカラモノに外から被されて展開的に厳しそうだったので、本命には出来ませんでしたが、3番クリノタカラモノが取消したのであれば、話は別で、人気を集めていた7枠2頭は時計も格も下の馬の為、テンのスピードは2番アイファージュリアが1番速いだろうから、このメンバーなら内枠からハナを叩いてそのまま逃げ切りまで考えられるのです!!

2番アイファージュリアは逃げなくても競馬はできますし、格下の外枠各馬がハナを主張してくればあっさり控えるだろうから、このレースがHペースになる可能性は、ほぼなくなってしまったので、差し馬狙いをヤメ、2番アイファージュリアの単勝勝負に切り替えたわけです。

すると・・・

2番アイファージュリアはスタート後、馬なりでハナに立ってしまいました!!!

「やっぱりこのメンバーなら1番速いか・・・」

そのまま警戒に逃げ続け、4コーナー先頭で回り・・・

「はい楽勝!!!」という完璧な内容で快勝してくれました!!

このレースは3番クリノタカラモノの取消によって儲けられたレースでしたが、2番アイファージュリアの単勝が670円もつくのはかなりおいしかったと思います!!

強力な同型馬の出走取消+前走名古屋の最内枠+馬体が戻ったと購入材料は結構あった上に時計も格も今日のメンバーでは1番でしたからね!1番強い馬の単勝で670円はなかなかつきませんよ!!