今まで1600mではカモ扱いだったライスエイトだが・・・今回は購入した!

笠松12R Aー2組・特別 1600m 8頭立て

このレースで狙っていたのは、過去このブログで何度も書いた事があり、単勝穴馬券を取らせてもらった事がある1番ライスエイトでした。

この馬の特徴は、1400mでスムーズに逃げられた時は重賞でも通用するほどのスピードがありながら、逃げられなかった時や、距離が1600mに伸びた時は、相手が弱くても、着外に沈むというタイプだったので、私はこの馬を「距離1400m迄の馬」と判断していて、1600mに出走してきた時は毎回、”カモ”扱いしていました。

なので距離1600mの今回も”カモ”扱いが妥当だったのですが・・・ライスエイトは前走1600m戦で逃げずに先行して終始2番手から競馬したくせに3、4コーナーで垂れるどころか、直線では逃げていたカラカを捉え「あわや勝つか?」という味な競馬をやりやがったのです!最後はチェリーシャクナゲにクビ差交わされ2着でしたが、今までとはレースぶりが一変し「これはライスエイトは今後1600mでも安易に切れないな」と認識を改めたのです。

距離に慣れたのか馬が成長したのかは分かりませんが逃げられなかった上に、逃げた馬を直線で捉えたライスエイトの前走を見る限り、既に距離1600mは克服したと言えるパフォーマンスだったので、今回は初めて1600mでライスエイトを購入する事にしたのです!!

「今まではこの距離ではカモ扱いしてきたが、前走を見ると最早、それは出来ない・・・どころか最内から楽にハナが取れそうな今回はむしろ勝機十分だ!」と1番ライスエイトの単勝を購入すると・・・

スタート後、持ったままでハナに立つ1番ライスエイト!!外から3番ハッピーサンディーが並びかけるが、コーナーワークで1番ライスエイトが先頭で流れは落ち着く。

そのままレースは淡々と流れ3〜4コーナーへ!

1週目とまったく同じ隊列のまま4コーナーを回る各馬。今までだとこの辺りでバタバタになっていた1番ライスエイトだが、やはり前走で一皮剥けたのだろう、バッタリ止まらず手応えにも余裕を感じる・・・と言うか後ろから差されそうな気配はまったく感じず・・・

はい!押し切ってくれました!!!

単勝870円と配当もまずまずでしたし、ライスエイトが1600mで初めて勝ったレースで馬券を的中できて良かったです!

距離もこなし、逃げなくても競馬が出来る様になって来たライスエイトは今後も要注意です!この馬、格負けしませんので、自分の競馬が出来た時はメンバー強化でも通用しますからね!