人気上位4頭が逃げ・先行馬ならチョイ差し得意なシンボリスーマランの複勝を選択!

名古屋10R Bー4組 1400m 10頭立て

今日の勝負レースはこのレースだと朝から決めていました!!

なぜなら・・・1〜4番人気までの馬達が軒並み逃げ・先行馬だったのです!

単勝人気上位4頭はコンスタントに良馬場の1400mを1分31秒台でまとめられる能力があり、成績も安定していて、普通に考えれば、とても”カモ”扱いは出来なかったのですが・・・

2番人気のオンワードラスターと4番人気のダムガルルンナは逃げないと持ち味が活かせないタイプで行けなかった方はまずいらないし、逃げた方も単勝1.2倍のリーゼントシャルフという強力な先行馬にマークされる為、楽な展開には決してならないのです!そして、この3頭だけならまだしも3番人気のタイセイキセキも先行争いに加わるとなると・・・前の組は展開的にかなりつらくなるのです!!

4頭とも、なまじ能力があるだけに、熾烈な先行争いになる可能性は高く、絶好の差し馬狙いが出来そうなこのレースで、後方から差して来れる馬は

6番人気 ノーザンエンブレム

7番人気 タラレバ

8番人気 シンボリスーマラン

の3頭でした。

この中で私がピックアップしたのは8番人気のシンボリスーマランです!

時計的には、他の2頭に若干、見劣りするのですが・・・ノーザンエンブレムとタラレバは後方から競馬して”一か八か”のタイプでハマれば突っ込んで来るのですが、不発の時は後方のまま着外に沈むので、安定感はなく、逆にシンボリスーマランと言う馬は、名古屋で15戦して未だ未勝利ながら2着1回、3着4回とちょくちょく馬券圏内に顔出す馬で、良くも悪くも「相手なり」のタイプ。

単勝を買うなら一発があるノーザンエンブレムとタラレバだが、複勝を買うなら絶対的にシンボリスーマランという訳で、私はこのレース「人気の先行馬達がやり合って差し馬に流れが向きそうだが、それでも勝つのは先行馬だろう」と思っていたので、購入するのは、展開に恵まれてヒモに突っ込んで来れそうなシンボリスーマランの複勝を選択したのです!

今日の名古屋が前残り馬場だと言う事と、この手のレースで前がやり合ってもそれを制した馬が勝ち、ヒモが人気薄の差し馬というのが地方競馬のパターンですし、これが差しの効く1600mならまだしも、1400mでは前の馬に押し切られる事の方が多いので、ここは単勝を狙わずに複勝にしたという訳です。

「下限値でも4.0倍あるし、人気馬がやり合えば総崩れも有り得る・・・そうなれば複勝でも10倍程度見込めるぞ!」と配当的にも満足行くレベルだったのでシンボリスーマランの複勝を購入しいざレース!

ところが・・・スタートが切られると・・・

あっさりとダムガルルンナが内から先頭に立ち、オンワードラスターが番手に控えやがったのです!!!

「ん?まずいぞ・・・オンワードラスター逃げなくて良いのか?」

思ったほどペースが上がらず、一瞬焦ったのですが・・・

向正面で1番人気のリーゼントシャルフが早めに動いてくれた事により、ここから人気4頭が一斉に仕掛けを開始!!!

「よしよし・・・これなら何頭かは潰れるだろう・・・」

4番シンボリスーマランは先頭集団の直後につけられてるし、垂れた馬を交わして2〜3着という雰囲気がプンプンしてきたのでテンションが上がると・・・

3〜4コーナーでしっかりと前について行くシンボリスーマラン!手応えも悪く無い!

4コーナーで大外をブン回したのはいただけないが、それでも既に前は射程圏に捉えているいたので「これならなんとかなるだろう!」と思い直線へ!

ここで意外にもノーマークだった5番人気のカレドヴルフが抜け出したのにはびっくりしたが、前にいるのはそのカレドヴルフと1番人気のリーゼントシャルフの2頭のみ!そしてシンボリスーマランが現在4番手だが、内のタイセイキセキよりも脚色は上!

「3着はもらったな!しかもカレドヴルフが来たから配当もそこそこ期待できる!一か八かの差し馬ではなく、安定のシンボリスーマランの複勝にして大正解だぜ!」と思っていたら・・・

「差せんのかい!!」

脚色では完全に上回りながら最後の最後でタイセイキセキにハナ差及ばずと言うしょっぱい結果に・・・

「4コーナーで外ぶん回しすぎだろ!!山田!!!」

着差が着差だけにもう1頭分だけでも内を回してくれていたら・・・と思ってしまう内容で、馬券不的中となってしまいました・・・

まぁスタート後に流れが落ち着いたのと、先行して垂れるだけだと思っていたカレドヴルフに勝たれてしまったので、このレースは読み違えてるんですけどね・・・

しかし、向正面から結構、ペースが上がったのに結局、前の組で決まるとは・・・今日の名古屋は前が止まらないと言う事でしょう・・・