札幌4R コスモグラトナス複勝(5.2倍)購入理由

札幌4R 3歳未勝利 芝1500m 14頭立て

このレースで狙っていたのは距離短縮がプラスに出そうで、小回り札幌で内枠を引けた3番のコスモグラトナスでした。

この馬は今まで、2000mをメインに使われていましたが、先行して終いちょっと垂れる内容だったので、距離短縮の今回は終いの粘りが増す可能性は高かったですし、中山や東京に比べ函館、札幌の洋芝に替わってからの方が着順、着差とも上がってきており、洋芝適正もOK!初距離で先行したいこの馬にとって3枠を引けたのもプラス材料でこの馬よりも内の2頭はテンに行けないタイプだったので、今回はインの絶好位を取れる公算が高く、それでいて単勝30.7倍の6番人気と配当妙味もあったので、絶好の狙い頃という感じでした。

そしてライバルになりそうな馬も不安要素が多く、

1番人気のシーオブセレニティはテンがゆったりになりやすい東京で2戦して2着、4着の成績でしたが、後方から競馬して0.3秒差2着まで追い上げた初戦に比べ、叩いた2戦目に中途半端に前に行って末脚を無くすという内容で4着に負けている様に、「前に行くと甘くなる」タイプで、テンの速い札幌1500mだとかなり後方の位置取りになる可能性が高く、そこから直線一気で抜け出せるほどの能力ではない為、コケる可能性が高く感じられましたし、

前走、今回と同じ札幌1500mで先行して2着だった2番人気のサンライズシェルはともかく、先行馬ながら、この距離で外枠では、おそらく前に行けなさそうな3番人気のトーセンフレールや前走でサンライズシェルと一緒に走り、後方から差を詰めてきていたラグナーズルートとウインアイスバーグあたりの4〜5番人の2頭は、毎回毎回、コンスタントに差して来れる馬ではない為、今回は飛んでも驚けない・・・

つまり上位人気勢の中で、コスモグラトナスのライバルになりそうなのは、2番人気のサンライズシェルくらいのもので、「これなら内枠から先行さえ出来ればコスモグラトナスでなんとかなりそうだ」とコスモグラトナスの複勝を購入したのです。

この日の1発目の勝負レースだったのと、コスモグラトナスの鞍上が馬券的に相性があまり良く無い丹内騎手だった為、単勝は購入しなかったのですが・・・

なんとコスモグラトナスはギリギリでしたが勝ち切ってしまったのです!!!

好スタートから馬なりで内ラチ沿いの3番手を確保したコスモグラトナスを見て、馬券は当たると思ってましたが・・・直線に入ると先に抜け出した7番人気のベラソヴラーノを1完歩づつ追い詰め、ゴール前でキッチリ交わし、大外から凄い脚で追い込んできた12番人気エメラルストロングの猛追をクビ差凌ぎ切るという味な競馬を見せてくれました!

正直、「単勝買うべきだったかぁ・・・」と思いましたが・・・まぁ複勝1点で的中しましたし、人気馬が全部飛んで、7番人気と12番人気との入線だったので、コスモグラトナスの複勝は5.2倍まで跳ねてくれたので良しとするしかないですね・・・

複勝下限値が3.3倍だったので、思ったよりは儲かりましたし、この日は関屋記念で勝ち金を減らしてしまいましたが、コスモグラトナスのおかげでプラス収支で終えられました。

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    このレースは人気馬がどれも胡散臭い馬だったので、荒れる可能性高そうだとは思っていましたが、飛ぶという確証は持てなかったですし、距離短縮と延長で変わり身ありそうな馬が複数いたのでちょっと手は出せなかったレースです。

    ただ、私がこのレースで1番注目していたのは、今回2着に入った、初戦で33秒台の上がりを使っていた最内枠の12番人気エメラルストロングだったので、一か八か狙う手もあったかなとも思ったレースでした。

    コスモグラトナスも距離短縮はいいと思いましたが、逆に包まれる危険性もあると思っていましたし、6番人気と中途半端に人気していましたからこの馬を1本釣り出来るのは凄いと思いました・・

    私は今日は平場は新潟2レースのカエデ、新潟8レースのフッカツノノロシと複勝を連続で外し、当たったのは小倉9レースのウインミレーユの複勝240円のみ。
    重賞2つも外して今日は大敗でした・・

    最近、複勝オッズの美味しい藤田菜七子騎手には注目しているのですが、今回は狙い馬を間違えました。新潟4レースのオールステリーナのほうでしたねえ(3着 640円)・・ 2戦連続33秒台の上がりタイム叩き出していて今回外枠でしたからこっちを狙うべきでした・・
    このレースを見送ったのは痛恨でした・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      札幌4Rに関しては、エメラルストロングに目をつけていたのであれば、
      勿体無かったですね・・・複勝でも20倍超えのおいしい配当でしたからね・・・

      ちなみに、私、新潟4Rは馬券を買っていたのですが・・・
      新潟外回りの定石どおり、”速い上がりを使える馬”という事で、オールステリーナも
      見ていたのですが、2走前に府中の1800mでそのオールステリーナと一緒に走り、33秒6と
      オールステリーナ以上の上がりタイムを使って先着していたベネディクションの複勝を購入してしまったのです・・・
      結果はご存知の通り、7枠2頭が抜け出して、3着争いがこの2頭で・・・
      アタマ差ベネディクションが届かずという最悪な結果になってしまいました・・・

      直前まではベネディクションの方が人気がなく、2走前は藤田菜七子騎手の減量が3kgだったのに対し、
      今回は2kg減と斤量差でベネディクション有利でしたし、実際に一緒に走って、先着していて、上がりタイムもベネディクションの
      方が速かったわけですが・・・微差の4着でよりによってオールステリーナに負けるとは・・・
      しかも締め切り直前に人気が逆転した為に配当もオールステリーナの方がつくという散々な結果でした。
      この複勝640円はかなりおいしい配当でしたからね・・・

  2. ボムジュン より:

    本題と関係ないお話ですが、最近私は複勝の配当妙味があり、馬券的に狙いやすく、切りやすい藤田菜七子騎手がらみのレースを狙っているのですが、これがかなり効果的なんですよね。

    好走条件(逃げ馬、先行したいのに出来なかった馬からの乗り代わり、外枠を引いた追い込み馬)が非常に限定的で、しかも複勝オッズは一部の特殊条件(新潟直線1000m等)以外は、勝負になりそうな馬でも比較的高いオッズになっている事が多いので、上手く選択して狙えば、思わぬ高配当を得られる可能性が高いです。

    過去のイメージだけで、過剰人気と思われているせいか、複勝はプロの方などの大口勝負狙いをする人が少ないので、今はどちらかというと実力の割にはみくびられている騎手になっている気がします。(今週馬券圏内に入った3頭も、人気の割にはかなり複勝オッズがついています。特に土曜2レースのロマンスガッサンは単勝3番人気なのに、明らかに印も人気も薄いアンダンテバイオ(250円)よりも複勝オッズ(260円)がついていました。)

    単勝も最近は、全く勝負にならない馬と、上述の新潟直線1000m(この条件は今完全に過剰人気になっています。実際には最近はこの条件では殆ど馬券圏内には来ていません。)以外は殆ど適正オッズですから、条件次第では普通に単勝勝負も割の合わない勝負にはならなくなりつつあります。

    馬群の裁き方やコーナーの曲がり方など、揉まれる競馬にはまだ課題がありますが、抜群のスタートセンスと、何故か外から馬が伸びてくる追い比べでの強さはかなり秀でており、今非常に力をつけてきている騎手なので、過剰人気と思われて敬遠されている今は狙うには絶好の時期では無いかと思います。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      藤田菜七子騎手に関しては、ローカル開催だと結構、馬券に絡んできますし、
      ボムジュンさんのおっしゃる通り。好走パターンが限られていますので、取捨がハッキリしているというメリットはあると思います。
      それに確かに単勝に比べ、複勝はおいしい配当の事が最近、多いですね・・・
      日曜日3Rのヴィーダも複勝ならかなりの確率でこれる馬でしたが、2.4倍〜3.7倍と下限値2倍超えでしたからね・・・

      本命の複勝に大金をぶち込むタイプの人にとっては、藤田菜七子騎手というのはまだちょっと頼りない騎手だと思いますし、
      ”がんばれ馬券”のブームも、もう落ち着いていますので、今は逆に複勝は狙い頃かも知れませんね・・・
      ただ、千直の売れっぷりは過剰ですけどね(笑)

      逃げれば、それだけでアドバンテージになるレースが多いローカル開催は藤田菜七子騎手にとっては、
      稼ぎどころでしょうし、時々、1頭だけ次元の違う脚で追い込んでくる事もありますので、人気が無いなら
      全然アリな戦法ではないでしょうか?

      ギャンブルで重要なのは、「こういう事を常に考えている」という面ですので、
      こういう発想が出来るボムジュンさんは素晴らしいと思います!!