前走カモにしたメイショウトビザルを今回は本命に!

今日は園田の最終レースに前走カモらせてもらったメイショウトビザルが出走していたのでこのレースで勝負しようと思っていました!

園田12R B2特別 1230m 12頭立て

このレースで1番人気に推されていたのは、そのメイショウトビザル。前走は圧倒的1番人気を裏切り7着に負けていたが・・・それはスタートで出遅れたのが全てで能力的にはここでは1枚抜けているのは明白でした。

前走カモにした理由は出遅れを予想していたわけではもちろんなく、勝って同条件だった為、斤量57kgと同型(逃げ・先行馬)が多く、「57kgを背負っては前半でポジションが取れないだろう」と思ったからであり、56kgに戻り有力な同型が不在な今回は「普通に勝つだろ?」という感じだったのですが、前走の敗戦のおかげで、単勝2.7倍とそこまで人気が被らなかったので「ならメイショウトビザルから買うか」と今回はこの馬から購入する事にしたのです。

とは言っても、さすが2.7倍の単勝では物足りないのでメイショウトビザルから馬連を購入しようと思い、相手を探すと・・・

2番人気のベルフラワーは先行ダラダラタイプで能力的にもB2特別だとちょっと足りない印象で「あって3着」くらいの感じだったので馬連ではいらない。

3番人気のイケノコスモスは大井から転厩初戦の前走、園田1400mで0.7秒差4着とそこそこの競馬をしており、叩い今回は上積みも見込め良さげだったのですが・・・大井時代は1200m戦では、先行できておらず、1230mへの距離短縮はマイナスに出そうだったのでし、配当面でも妙味がないので買う気はしませんでした。

「メイショウトビザルからこの2頭外せば、馬連でもそこそこつくだろ?」

という感じで、相手にピックアップしたのは、前走でメイショウトビザルに先着している3番オーネットハートと4番ブイキャスターの2頭に大外枠から前に行けそうなオルティラアスールの計3頭。

オーネットハートとブイキャスターは毎回、微差の競馬をしており、この2頭の甲乙はつけがたく、出来れば片方は切りたかったのですが、メイショウトビザルがいつも程、人気が被っていなかったので、「3点買っても儲かるかぁ・・・」と思い、2頭とも購入する事に。オルティラアスールに関しては、このレースで逃げる可能性があるのはメイショウトビザルとオルティラアスールとアオイシャークの3頭しかおらず、アオイシャークは今まで3kg減の石堂騎手が乗っていた為51kgで走れていたが、今回は長谷部騎手に乗り替わったので54kgでの出走となった為、おそらくテンの行き脚は鈍るだろうから、逃げ候補はメイショウトビザルとオルティラアスールの2頭のみという事なので、能力的には若干落ちるが、1230m特有の「行った行った」になってしまえば、残り目も十分考えられるといわけです。

そんなわけで、メイショウトビザルから馬連3点を購入したわけですが・・・前走のようにスタートでメイショウトビザルが出遅れてしまうと1230mの2枠では挽回ができないので、「スタートだけではミスるなよ!吉村!」と念じながらスタートを待っていると・・・

今回は好スタート切ったメイショウトビザルは外のアオイシャークを抑えハナに立つ!!と思ったところに大外からオルティラアスールが一気に内の2頭を抜かし先頭に立ったのです!

メイショウトビザルも無理にオルティラアスールを追いかけず、番手で折り合っていたので、ここでペースは落ち着き、隊列そのままに3〜4コーナーへ!!

終始1馬身ほどのリードを取り軽快に逃げていたオルティラアスールだが、4コーナーでメイショウトビザルに捉えられてしまい直線入口で交わされてしまったのです。

そして、この後のメイショウトビザルは前走の鬱憤を晴らすかのように後続を突き放し・・・

楽勝で1着でゴールしたのですが・・・問題の2着争いが大激戦!!未だなんとか2着をキープしているオルティラアスールに後続から4〜5頭まとめて襲いかかってくる展開だったが・・・

なんとオルティラアスールが大混戦の2着争いをギリギリ凌いでくれたのです!!!

メイショウトビザルに直線でちぎられた時は、厳しいかと思ったのですが、2着〜7着までが0.1秒差の接戦を制してくれました!

配当的にも馬連で2,510円もついてくれたので本日も大勝利!!!やはりなんだかんだ言って園田の1230mは「前に行ってなんぼ」ですね!

前走はカモにしたメイショウトビザルで今回は儲けさせて貰いましたが・・・オーネットハートとブイキャスターは揃って着外に沈みやがったので、オルティラアスールに救われました・・・やはり差し馬は信用できませんね・・・

関連記事=園田競馬で勝って同条件で1kg増の馬はだいたいコケる!