小倉12R マンボスカイ複勝(3.6倍)購入理由

レパードSのアドマイヤビクターの凡走によりマイナス収支で向かえてしまったこの日でしたが、小倉の最終レースに狙っていた馬がいたので、そいつで損失補填をしようと思っていました。

小倉12R 3歳以上500万 芝1200m 14頭立て

このレースで狙っていたのは2枠2番のマンボスカイでした。この馬は、中央で未勝利を勝てずに大井で2連勝して中央に戻ってきた馬でしたが、元々、未勝利戦でも芝の中距離で2着、3着があり能力的にはここでもヒケはとらない馬でした。

前走で阪神芝1200mを使い先行して0.6秒差8着とまずまずの内容でしたし、距離2度目の今回は上積みが見込めそうで、直線に坂のある阪神よりも平坦な小倉に替わるのもプラスに出そうで、先行したいこの馬にとって内枠を引けたのも歓迎材料!

そしてこの日の小倉はメインの小倉記念でレコード決着になるくらいの高速馬場。先行した馬が速い上がりを使い、後続が追いつけないというレースが多く、馬場もマンボスカイに味方してくれそう。更にこのレースの1番人気(2.4倍)14番ジョイフル、2番人気(3.2倍)6番タイセイブレークとも1200mだと終い一手の追い込み馬!

ライバルになりそうな先行馬は内枠の3番サイモンゼーレ(3番人気)1頭くらいのもので、テンがそこまで速い馬も皆無。「それなら」と2番マンボスカイの単複を購入する事にしたのです!!

ちなみにマンボスカイは単勝8番人気の25.8倍で複勝でも3.6倍〜6.3倍とまずまずの配当だったので「とりあえず複勝当たれば損失補填は出来る」くらいの金額を購入した訳なのですが・・・

レースの方は、思った展開と真逆に!!!

この日の馬場を加味してか、スタートから最内枠のテイエムスグレモンとサイモンゼーレがやり合ってしまい前半3ハロン33秒3のHペースに!

ただ、馬券を買ったマンボスカイは4〜5番手の内を手応え良く追走していたので、これは大丈夫そうだったのですが・・・「いかん・・・これでは人気の差し馬が突っ込んできてしまう」と馬場のメリットが帳消しにされてしまいそうな感じが漂う展開に・・・

直線に入ると、マンボスカイが前2頭を一瞬で捉え先頭に!!!普段ならここで「よっしゃー!もらった!」と叫ぶところでしたが・・・

既に外から1番人気のジョイフルと2番人気のタイセイブレークが迫ってきており・・・

はい!ズブズブっと差されてマンボスカイは3着入線という結果に・・・

まぁ一応、複勝は的中した訳ですが、1〜2番人気との入線では、配当はもちろん下限値の3.6倍しかつかず、レパードSの負けを取り戻し、ほんのちょっとプラスになるというなんとも中途半端な結果でこの週は終了でした・・・

まぁ負けなくて良かったです・・・

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    私もレパードステークスで悔しい思いをしたので、このレースでリベンジしようと思ったのですが、単複さんとは真逆の展開予想をして、それ自体は完全に当たっていたにも関わらず欲張ってしまった為、逆に傷口を広げる結果になりました・・

    先行した馬が見事に1番から4番までに固まってしまったので、これは包まれるのを嫌って壮絶な先行争いになると思ったので、ジョイフルとタイセイブレークは鉄板だと思ったのですが、ワイドの配当があまりにも安すぎたので、3連復2頭流しでヒモを差し追い込み馬(テイエムイキオイ、ハートフルタイム、メイショウラバンド、ホープフルスター、タガノタイト)に絞って勝ったのが大失敗でした・・
    展開そのものは、読み通りテイエムスグレモンとサイモンゼーレが激しい先行争いをしたのでこれはいけるかもと思ったのですが、軸の人気2頭以外の差し馬が殆ど何も伸びてこず、見事に討ち死にしてしまいました・・

    マンボスカイは今回揉まれる内枠に入ったので、厳しいかと思ったのですが、先行争いに加わらずキッチリ脚をためて抜け出した北村友一騎手の好騎乗が光った一戦だったと思います。

    正直このレースでこのマンボスカイ1点勝負的中は凄いと思います。調教が凄く良かったのは不気味でしたが、距離実績も無かったので狙うのは難しかったと思うのですが、流石ですね。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      マンボスカイは前走で初の1200mでしたが、先行出来ていましたし、
      最後も0.6秒差と着順ほど負けていなかったので、距離2度目&平坦替わりで
      上積みが見込めましたからね!
      私も内でしっかりと脚を溜めた北村騎手は上手かったと思います!
      ペースが速かったので若干、仕掛けが早いかな?とも思いましたが、
      勝負どころで包まれるリスクもありましたから、あの騎乗がベストだったと思いますし、
      「勝ちにいっての3着」ですからね・・・

      このレースはサイモンゼーレくらいしか有力な先行馬がいなかったので、正直、
      私はペースはそこまで上がらないと思ってましたが、「弱くとも内枠に先行勢が多い」という
      点でHペースを予想し、差し馬をピックアップしたボムジュンさんは展開予想という点ではかなりお見事
      だったと思います。
      馬券的には残念でしたが、高速馬場で差し馬のワンツー馬を軸にしていたわけですからね!