園田競馬で勝って同条件で1kg増の馬はだいたいコケる!

園田競馬では勝利を挙げた後に初級せずに同条件に出走する場合、斤量が1kg増えるのですが、この1kgがいろんな意味で結構重く、この手のタイプは良くコケるイメージがあり、人気でも信用しない様にしているのですが・・・今日の園田のメインレースでも前走で同条件を勝っていたメイショウトビザルが斤量57kgで出走してきたのでカモにしてみました。

園田10R B2特別 1230m 12頭立て

前走で今回と同じB2特別の1230m戦を逃げ切っているメイショウトビザルは斤量57kgで出走となりましたが、単勝1.9倍の1番人気に推されていました。

まぁ前走で一緒に走ったコルヌコビアやアサクサプライドが3番人気、4番人気に推されているようなメンバー構成で2番人気のグラウラーも前走C1特別を勝てずに2着で昇級というたいした事はない馬。そしてこのレースは1230m戦だというのに逃げ馬はメイショウトビザルただ1頭で競りかけて来れそうな馬も見当たらない・・・となれば、鞍上も吉村だし、「57kgでも勝つだろう」という風に考えられてもおかしくはないが・・・

メイショウトビザルという馬は逃げられないと着外に沈む時もある馬で、57kgでも行ってしまえば、おそらく勝つだろうが・・・斤量というのはその「テンのダッシュ力」に影響が大きく、6枠7番と真ん中の枠を引いて斤量増の今回、スタートでちょっとでもモタつけば、いつものような二の脚が使えない可能性は高く、そうなると前走でメイショウトビザルの0.5秒差2着だったコルヌコビアや同レースで0.6秒差3着だったアサクサプライドの2頭の先行馬に今回は先に行かれてしまう可能性があったのです。

この2頭はスムーズに逃げられたメイショウトビザルに0.5〜6秒しか負けていないので、斤量差を1kgもらえば、それだけで逆転出来る可能性はありましたし、今日は他にテンに速そうな先行馬もいない為、2頭ともスンナリ前付け出来るのは確定的。メイショウトビザルがスタートでモタつけば、かなりの確率で逆転できるだろうし、仮に前走同様に逃げたとしても、57kgなら後半失速する可能性があり、メイショウトビザルの単勝が1.9倍なら勝負する価値はあるだろう。

「基本的に勝って同条件の馬は取りこぼす事が多いし、ここはコルヌコビアかアサクサプライドの単勝だな!」と前走の2、3着馬を買おうと思ったのですが・・・この2頭の優劣がまったくつかなかったのです!

前走こそコルヌコビアが0.1秒先着していましたが、3走前は同じ1230m戦でアサクサプライドの方が0.1秒先着してるし・・・配当的にはアサクサプライドの方がおいしいが、先行馬の少ない組み合わせのこのレースで前に行けそうなのはコルヌコビアだし・・・

そんな事を考えている間に締め切りがどんどん迫ってきて時間がなくなってしまったので・・・「ええい!それなら2頭とも買ってしまえ!!」と少々乱暴だったが、どっちが勝っても資金は倍以上になるので、この2頭の単勝を均等買いする事にしました。

出来れば1頭に絞りたいところでしたが、今回は時間切れという事でこれで妥協です。

そしてスタートが切られると・・・

斤量とか関係なしに7番メイショウトビザルは出遅れて最後方からの競馬になったので最早用無し!そして代わりにハナを切ったのは・・・

2番のコルヌコビア!!更に外の3番手にしっかりとアサクサプライドも!!「こりゃもう当たったな!」

結局、そのままコルヌコビアが危なげなく逃げ切り快勝!!!

そして出遅れたメイショウトビザルは7着まで追い上げるのが精一杯という結末に!

今回は、2点買いで単勝5.3倍なのでたいして儲かってはいないし、メイショウトビザルが出遅れた事により斤量どうこうでもなくなってしまいましたが・・・

園田で勝って同条件で出走してきた馬はぶっちぎって勝つケースもありますが、個人的にはコケる事の方が多いイメージですので、基本的には嫌って買わないようにしています!特に単勝は!!

今回もメイショウトビザルが普通にスタートを切っても「なんとかなる」と思ったから2頭の単勝を購入したわけですしね!!