2018年中京記念(GⅢ)回顧 前半3ハロン33秒8で3頭雁行状態の大外を回されるという最悪の展開

昨日、行われました中京記念(GⅢ)ですが・・・本命に推したウインガニオンがなんとも中途半端な競馬をしてくれた為、最初の600mくらいで馬券不的中が確定的という非常にストレスの溜まる結果となってしまいました。

スタートからモタつき押して押して前へ行くところまではある程度想定内でしたが(この馬はいつもそんな感じなので)、好スタートを切った4枠2頭のマイネルアウラートとアメリカズカップを交わせなかったのは誤算でした。

内にいた4枠2頭に馬体を併せるところまでは良かったのですが、そこから交わしてハナに立つのか、あるいは昨年のように控えて番手で我慢するかのどちらかにして欲しかったのですが・・・

内にいた4枠2頭に抵抗され、3頭雁行状態の大外を回され続けるという最悪の展開に!!

これを嫌ったアメリカズカップの松若騎手はこの直後に手綱を引き、1頭だけ下げましたが、ウインガニオンとマイネルアウラートは、最早、下げるに下げられない状態になってしまい2頭でやり合い続け、前半3ハロン33秒8のHペースを演出する結果に。

このペースで更に外を回されたウインガニオンが粘れるわけがなく8着入線となりましたが、逆に「良くあんなメチャクチャな競馬で8着に粘れたな?」というような感じでした。

不幸中の幸いはウインガニオンの複勝下限値が締め切り前に2.0倍を切った為、単勝のみの購入でしたので、損金が半分ですんだ事ですが・・・マイネルアウラートがあそこまで譲らないならウインガニオンには去年のように控えてもらいたかったですね・・・別に逃げなくてもそれなりの競馬は出来る馬ですから・・・

そして前3頭の暴走により、1番人気の追い込み馬、グレーターロンドンにとっては絶好の展開となり、位置取りは後方でしたが、4コーナーではすでに前を射程圏におさめ、そのまま危なげなく差し切るという完勝で、重賞初制覇を飾りました。

元々、このメンバーでは格が1枚上でハンデ56.5kgも恵まれたてたわけですが・・・追い込み一辺倒の脚質で、重賞になると取りこぼす事が多かった馬が、今回はキッチリ勝ち切りましたね。

レコード決着を差し切ったわけですから強かったと思いますし、夏のローカルハンデ重賞は力が上の馬でも平気で飛びますから、ここを取りこぼさずに勝てた事はこの馬にとってもかなり大きく、賞金も加算できたので、今後のローテーションも楽になるし、秋はもっと大きい舞台で活躍してくれそうです。

2着には先行馬のロジクライが入りました。

この馬は、ガンガン競り合った前3頭を尻目に、離れた4番手をスムーズに追走したのが大きかったと思います。前3頭とは5馬身くらい開いてましたから、この馬自身はテンの3ハロン34秒後半くらいで逃げているようなものでしたからね・・・直線で早々に先頭に立って、グレーターロンドン以外の馬は封じ込めたわけですから、評価出来る内容だったと思います。

休み明けで馬体重+10kgと余裕残しのつくりでレコード決着の0.1秒差2着ですから叩いた次走はかなり期待出来ると思います。

3着には、4番人気のリライアブルエースが4コーナー後方2番手から追い上げ、今回は中団から競馬した3歳馬のフロンティアをクビ差捉え、馬券圏内に滑り込みました。

時計の速いレコード決着になった為、ちょっと位置取りが後方過ぎましたね・・・グレーターロンドンよりも速い上がりは使えないわけですから、あの位置だと「着がいっぱい」という結果でしょう。それでも良く追い込んできていたので、力は出し切ってくれたと思います。

今年は福島も中京も、例年ほど馬場が悪化せず、他の芝のレースも「ズブズブの外差し決着」とまではいかなかったので、「最終週の外枠の差し馬狙い」がやりづらい状況でした。

なので、「それなら先行馬」という予想で勝負しましたが、マイネルアウラートがあそこまで突っ張る事が予想できなかった為、真逆のHペースのレコード決着という皮肉な結果となってしまいました。せめて前半34秒台で行ってくれれば良かったんですけどね・・・

関連記事=2018年中京記念(GⅢ)前日予想

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    ウインガニオンはやはり、今年は人気を背負っていたので絡まれてしまいましたね・・
    ある程度想定はしていましたが、ここまで早くなるとは思いませんでしたが・・
    ただ、この馬は昨年以上に行き脚が無くなっているので、年齢的にもやや衰えている感じがします。
    最近の成績も、馬場状況と展開に恵まれた安田記念以外は惨敗続きで、もうかつての力を求めるのは無理のような気がします。
    今の状態では、次走も私は馬券対象から確実に外すことになると思います。

    一方勝ったグレーターロンドンは、先行3頭が飛ばす絶好の展開になったので、こうなれば末脚の破壊力は他の馬とは違いますから、見事な大外一気が決まり快勝しました。

    私はグレーターロンドンから差し馬しか持っていなかったので、600m時点の時はこれはもらったと思ったのですが、休み明けで太そうに見えたロジクライが想像以上にしぶとかった上に、リライアブルエース以外の差し馬が何も飛んでこなかったのが大誤算で、予想的には不的中になりました。

    ただ、個人的に応援馬券目的で少額ですがグレーターロンドンの単勝を抑えていたので、それで3連単分の買い目の金額は取り返しましたし、展開と本命馬はきちんと読み切ったので、今回はさほど悔しい思いは無かったです。

    G1級の器と言われながら中々勝ちきれなかった、グレーターロンドンですが、この勝ちをきっかけに飛躍してほしいものです。

    あと今回出走した馬の中では、先行争いに加わりながら最後の最後まで内で見せ場を作ったアメリカズカップに注目したいですね。
    この馬は道悪巧者なので、時計の早い良馬場の今回は全くの用無しと思っていましたが、最後の最後まで見せ場たっぷりの6着と大健闘。
    道悪ならばもちろん狙い目の馬ですが、今後荒れている馬場状態なら良馬場でも穴を開ける可能性があるかもしれません。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      グレーターロンドンの単勝的中おめでとうございます!G IIIでこの馬の単勝が500円つく事はもう無いでしょうから、そこで仕留められたのは良かったですね!

      ウインガニオンに関しては、出脚の悪さは織り込み済みでしたが…マイネルアウラート程度にあそこまで手こずるとは正直思いませんでした。
      今後は基本的に単騎逃げ見込める時しか無理っぽいですね…
      ただ、この後には、テンのペースが極端に落ち着く新潟外回りの関屋記念が控えてますからね…
      メンバー次第ですが私はそこまでは軽視しないでおこうと思います。

      アメリカズカップは元々道悪巧者でしたから馬場が荒れた内をあえて通った感がありましたね。
      マイルでも先行できるスピードを見せましたし、選択肢が広かったので、重馬場の際に穴をあけそうですね!