函館競馬で朝一から怒涛の3連勝!15.2倍→15.9倍→19.3倍+5.9倍の大勝利!

今日は函館の1Rから買えそうな馬がいたので、朝一から参戦したのですが・・・これが大正解でした!

まずは1R!

ダート1000mのこのレースで狙っていたのは、大外枠12番のプロトイチバンボシ!ここまで芝の1200mを2戦して12着、7着とあまり見せ場のない内容でしたが、母父エンドスウィープに父キングヘイローとダート短距離が合いそうな血統でしたし、半兄のミラクルミイクン、ロードゼフィールともダートで勝ち上がった馬なので、初ダートのここは完全に狙い目でした。

単勝71.1倍の11番人気で配当妙味もあり、砂を被らない大外枠を引けたのもプラス材料で芝の1200mでも5〜6番手につけらる先行力があるならば、外から前付け出来れば、そのまま流れ込めるだろうとプロトイチバンボシの複勝を購入すると・・・

スタートから3番手に取りついたプロトイチバンボシは前を行く1、2番人気の2頭には4馬身ちぎられたが、熾烈な3着争いを凌ぎきり、なんとか馬券圏内を確保してくれました!!

1、2番人気との入線だった為、複勝配当は下限値でしたが、それでも1,520円の高配当!これが初ダート馬の旨味です!!

「ダート1000mは外枠から先行できる人気薄」が良く馬券に絡むのでローカル開催の時は結構狙っているのもあり、ここは初ダートも手伝って上手く人気薄のプロトイチバンボシを拾う事に成功しました。

そして次の函館2Rはダ1700m戦だったのですが、先行できそうなのが、1番人気のハッピーオーキッドと6番人気のキクノグロウくらいしか見当たらず、1Rに引き続き、「行った行った」になりそうだったので、4枠から前に行けそうなオテンバランナー(9番人気)の複勝を購入する事にしたのです。

この馬はこれまで芝の短距離をメインに使われてきた馬ですが、2走前に函館ダ1000mで6番手からそのまま6着に流れ込むという競馬をしていました。

つけた位置から差されずに粘り込んだのは評価できますし、オテンバランナーはその2走前が初ダートだった事を考えると、ダート2走目の今回は上積みが見込めましたし、兄弟馬も中距離で活躍した馬が多く、距離1700mへの延長はかなりのプラス材料!1000mで6番手につけられるスピードがあるのだから、1700mなら楽にハナを切れるだろうし、ハッピーオーキッドとキクノグロウはハナには固執しない為、人気薄のオテンバランナーが逃げてもプレッシャーはかけない可能性が高く、展開的にも行ってしまえばなんとかなりそうだったので、オテンバランナーの複勝購入する事にしたのですが・・・

馬券を購入したあとに、1頭放馬が!!!なんと1番人気のハッピーオーキッドではないか!!!

「まずい!出走取り消しになれば、オッズが下がってしまう・・・」と思ったが、馬体検査で異常なしとなり、そのままハッピーオーキッドは出走する事に!!しかし、完全に落ち着きを欠いているハッピーオーキッドはゲート入りを嫌がり暴れ続けている・・・「うわっ!これはやっぱり取り消しか?」

ところが、スターターの取った行動は黄旗を振り、外枠発走の指示!!

「よっしゃー!とりあえず、これでオッズは保たれたぞ!そしてハッピーオーキッドはもう完全に飛ぶだろう?」「これでオテンバランナーが好走してくれれば、複勝オッズも跳ね上がるぞ!」とテンションが上がりスタートを迎えると・・・

好スタートから楽々ハナを奪ったオテンバランナー!!!「よし!いいぞ!」そして本来ならスンナリ番手につけられるはずのハッピーオーキッドが外枠発走から中団くらいでもがいている・・・「こりゃハッピーオーキッドは終わったな・・・」と思っていたら、1コーナーで一瞬、5番手くらいまで上がって来たハッピーオーキッドがそこからズルズル後退して行きそのまま競走中止に!!

「最高の展開だ!あとは、オテンバランナーが粘ってくれれば・・・」

その後も軽快に逃げ続けたオテンバランナーは4コーナーを先頭で回り、直線入口で2番手の9番シェパーズポーズに1馬身リード取っていた!

「よ〜し!複勝ならもう安全圏だろ?」と余裕をぶっこいていたら・・・まずはシェパーズポーズに捉えられ一緒に上がって来た11番ユーフォルビアにも交わされ、3着に転落・・・

「やばい!もう何も来んなよ!!」と願っていたが、外から7番ペイシャスターが伸びて来やがった!!!「やめろ!!!残せよ!井上!!!」ゴールまではもう僅か・・・

「あっぶねぇ〜」ギリギリ3着を確保しなんとか馬券的中となりました!!

そしてこの配当が1,590円とまたまた高配当!!!

「おお〜朝から10倍超えの複勝が連続で当たるとは」このレースに関しては、1番人気のハッピーオーキッドの競走中止に助けられた面も多分にありますが・・・結果としては2連勝!

本来ならここで打ち止めでも良いのですが・・・函館3Rには前日から狙っていた馬がいたので、強気に参戦する事に!

このレースは芝1200mの未勝利戦だったのですが、初芝が絶対にプラスな15番ナムラジュノーの単複を購入しました。

この馬は、これまでダートで4戦し、すべてのレースで前に行けており、2走前には函館ダ1000mで逃げた2着に粘っていた馬。能力的にも未勝利卒業は目前で函館の洋芝はダート馬でもこなせる可能性が高い!「というか父トーセンホマレボシなら芝がダメということないだろう?」と買える条件は結構、揃っていたのですが、単勝5番人気で19.3倍もつくというありがたい状況だったです!

「1200m戦の割には逃げ・先行馬が少ないこのレースなら、外から逃げてしまえば、そのまま押し切るだろ?」と思っていたら・・・

はい!見事に逃げ切ってくれました!!!

単勝1,930円に加え・・・このレースにはルメール騎乗のマコトキッショウという差し馬が単勝1.8倍の支持を受けていましたが・・・今回馬体重+12kgで太め残りだった上に後方から差してくる馬では、ナムラジュノーが楽に逃げきるような展開では用無しで9着に沈んでくれた為、複勝も跳ね上がり590円もついてくれました!!!

朝から何もかもが上手くいき、まさかの3連勝で大儲け!!!

やっぱりローカルは思い切った穴狙いがピッタリですね!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    函館1レースは私も勝負していたレースだったのですが、私は完全に狙い馬を間違えてしまいました。

    函館1レースは、ダート血統ながら芝でも破格の時計で好走していたデンバーテソーロが力量的に少し抜けていると思ったので、この馬から芝で先行出来て、稽古の動きが好かった、コパノマーティンとグラマラススカイへ流したのですが、コパノマーティンは惜しくも4着、グラマラススカイに至っては先行すら出来ずに惨敗という結果に終わりました。

    プロトイチバンボシも、一瞬頭にはよぎったのですが、先行出来ていなかった上、稽古の動きも一息だったので、買い切れなかったです。
    特に最低人気のグラマラススカイは、父カネヒキリとあからさまなダート血統の上、稽古の動きが良化しており、芝1000mで先行出来るスピードもあったので、完全に騙されてしまいました・・

    函館ダート1000mは単複さんの仰るとおり、大外枠の馬が穴を開ける傾向がありますからそういう観点でも考えるべきでした・・
    このあたりを見逃さないあたりは単複さんは流石ですね。

    それにしても最近の単複さんは絶好調ですね。
    ローカル開催になってから、さらに勢いが増したような気がします。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      ダート1000mは、とにかく前に行けないと話しになりませんからね…
      スタートを多少ミスっても包まれない外枠はやはり魅力的でしたね…
      正直、プロトイチバンボシが内枠だったら買わなかった可能性もありますからね…

      ローカル開催は、人気馬が平気でコケるので、穴の単複を買うには適してますし、枠順や展開である程度決め打ち出来ますから、有難いのですが…その分中央場所よりも、ついレース数が増えてしまうので、負ける時は結構な額になってしまうんですけどね…今日みたいな日はあまりないですから、平均すると、中央場所と大差ない収支になってしまったりするんですけどね(笑)