函館10R檜山特別 チャイマックス複勝(14.2倍)購入理由

函館10R 檜山特別(3歳以上1000万以下ハンデ) ダ1700m 14頭立て

このレースで馬券を購入したのは、単勝11番人気の2番チャイマックスの複勝でした。

この馬、4走前に今回と同じ函館ダ1700mで500万を卒業した後、1000万に昇級し14着→12着→10着とボロ負けしており、その後、休養して今回が3ヶ月ぶりの実戦とあって人気はまったく無く、複勝オッズが12.9倍〜21.0倍の大穴評価だったのですが・・・不良馬場で前有利の函館のダートで2枠から先行できる+斤量51kgの軽ハンデ+現級4戦目の慣れと購入意欲をそそられる条件が結構あったのです。

昇級してから2桁着順が続いていますが、これは芝のレースを使ったり、先行できなかったり、距離が長かったりとすべて敗因がハッキリしており、適距離で軽量を活かし内枠からスンナリ先行できそうな今回は不良馬場を味方に残り目の可能性は結構ありそうだったのです。

ただ、チャイマックスは前に行けなければその時点で終わりな馬なので、「今回先行出来るか?」というところが問題だったのですが、このレースで前に行きそうなのは、3番のヒルノサルバドール(55kg)に12番のフリーフリッカー(55kg)、そして大外14番のサウスザスナイパー(57kg)の3頭!!どれもチャイマックスに比べ斤量が重く、行きたい馬の中ではチャイマックスが最内枠とくれば、私の答えは「先行できる!」

「内から先行させしてしまえば有力馬達とは4kg差あるし、追い込みが効かない今の不良馬場なら2〜3着くらいには滑り込めるだろ?」とチャイマックスの購入を決めたのです。ただ、唯一の懸念材料は休み明けで馬体重+18kgと正直太め残りだった事。しかしパドックを見た限りそこまで「太い」とも思えなかったし、3ヶ月ぶりで逆に大幅マイナスの方がむしろ嫌だったし、何より51kgでスンナリ先行できそうな上に人気がまったく無い今回は”絶好の狙い頃”だし、「おそらく函館のダートでチャイマックスがこんなに人気が無い事はもうないだろう」と言うわけでチャイマックスの複勝を購入したのです。

馬券を購入した後に先行争いしそうだったサウスザスナイパーが出走取消になり、好スタートを切ったチャイマックスとは対照的にスタートでモタついたヒルノサルバドールが後方からの競馬になりチャイマックスは単騎で逃げられたというラッキーな面は否めないが、好スタートから果敢に逃げて4コーナーで2番人気のゴールデンブレイヴに捕まりながら、直線はしぶとく食らいつきゴール前でフリーフリッカーには交わされたがキッチリ3着を死守してくれたチャイマックスのおかげで複勝14.2倍を無事仕留める事ができました!!

個人的にはローカル開催は思い切った穴狙いの方が回収率はもちろん的中率も上がる傾向がありますので、来週以降も根拠があれば、大穴でも積極的に狙って行きたいと思います!!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    このレースは私もチャイマックスは、軽ハンデとコース代わりはプラスで面白いとは思いましたが、今回は流石に上位4頭が強く、特に外枠引いたサウスザスナイパーは強力だと思い、私は硬い決着になると思ったので手は出せませんでした。

    恐らく、サウスザスナイパーがいなかったらこの馬は、展開的にも十分狙える馬だと思いますが、取り消し前の段階で狙えるのは凄いと思います。
    こういう思い切った狙いが、夏のローカル競馬では大事なんでしょうね。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      このレースはチャイマックスの他に3頭ほど先行馬がおり、
      どれも有力馬でしたが、夏のローカルだとそういった馬達が先行出来ずに馬群に沈んで行く
      ケースが多々あるので、穴馬の購入条件をいつもより緩めにしています。
      今回もヒルノサルバドールが先行出来ずに掲示板を外しましたしね。
      ただ、このレースはサウスザスナイパーの取消に助けられた感はありますけどね・・・
      チャイマックスはギリギリ3着でしたから・・・