浦和9R ジャンプショット 複勝(16.0倍)購入理由

今日は浦和9Rでおいしそう穴馬を発見したので、1勝負してみた!

基本的に、展開が読みづらい南関東のレースはあまり手を出さない様にしているのだが・・・今日の浦和9Rは1400m戦だったのだが、逃げ・先行馬が揃い過ぎており、「これはさすがに前潰れるだろ?」といった感じのメンバー構成で、更にその逃げ・先行馬達に人気が集中していたので「おっ!これはおいしいぞ!」と勝負する事にしたのだ。

上記の単勝人気上位馬のうち、3番人気のマツリダインゴット以外は、すべて逃げ・先行馬というメンバー構成で、そのマツリダインゴットも行こうと思えば前にいける馬で大外枠を引いた今回は、人気馬達に離されない様に出して行く可能性が高く、1番人気のジュンヌダルクから6番人気のオーシャンシティまでが潰し合う公算が高いレースというわけだ。

そしてこのレースで後方からまともに末脚を伸ばせそうなのは、7番のスカーレクインと1番のジャンプショットの2頭のみ!!8番人気と9番人気の馬だが、2頭のオッズにはかなり開きがあり、オッズだけ見ると、スカーレクインまでが勝負圏内でジャンプショットはちょっと厳しそうな感じが伺える・・・

だが、私が購入したのは最内枠のジャンプショットなのだ!!

実はこの2頭、オッズ程の能力差はなく、2頭とも浦和の1400mなら1分31秒くらいで走れ程度の能力は持っているのだが、終い一手のジャンプショットに対してスカーレクインは中団くらいから競馬するタイプだった。

今日の様に人気馬が逃げ・先行馬ばかりでHペースが予想されるレースでは、スカーレクインみたいなタイプは色気を出して、負かしに行く事があり、Hペースなのにいつもより早めに動いてしまい、先行馬達と共に失速というパターンが結構あるのだ。逆にジャンプショットはこれだけ人気が無ければ、いつも通りじっくりと後方から競馬するだろうし、最内枠なので3〜4コーナーでロスなく内を回ってくれれば、直線でバテた先行馬達を”漁夫の利”的に差し切る事も可能というけだ。

「こういう時は下手に勝気を出す馬より、無欲の追い込み馬の方が絶対に良い!!」

今日のメンバーで上位人気の馬達は、だいたい1分30秒程度の持ち時計。ジャンプショットは1秒くらい時計が足りないが・・・内をロス回れる最内枠+展開利でこれくらいなら相殺できるだろう!

しかし、さすがに頭までは・・・という感じだったので、ジャンプショットの単勝は買わずに複勝のみ購入する事にした。「複勝でも12.1倍〜19.2倍なら十分だ!」

結果は見事にズブズブの差し決着になり、ジャンプショットは「あわや勝つか?」とい伸び脚で2着に突っ込んで来てくれました!!

予想通り、テンからガンガンやり合ってHペースを演出してくれた人気馬達はすべてぶっ飛び、6番人気→9番人気→7番人気の順で入線した為、ジャンプショットの複勝配当は1,600円まで跳ね上がってくれました!!

そりゃ、5頭も6頭も逃げたい馬がいて、それがすべて人気馬なら、当然こうなりますよ!!

コメント

  1. いし より:

    複勝1600円なんて夢のようですね!帝王賞単勝しか的中せず大して儲かりませんでしたー。リッカルドにもうちょっと頑張って欲しかったですけど、外れるよりマシなんでまた頑張ります!

    • 単複 より:

      いしさん 帝王賞的中おめでとうございます!
      やっぱり中央勢で決まり堅かったですね・・・