函館1R メイショウイライザ 複勝(18.4倍)購入理由

函館1R 3歳未勝利(牝馬限定)芝1200m16頭立て

このレースは牝馬限定の未勝利戦らしく、人気馬達がかなり胡散臭かった。

1番人気のエイシンテースティは3ヶ月ぶりの休み明けで+12kgと余裕残しのつくりで、過去の良績も小倉1200mに集中している馬で函館の洋芝は未経験。適正の異なる小倉と函館では求められる能力が違うので、これまでの実績は鵜呑みにできず、休み明けで1番人気ならわざわざリスクを背負って買う価値はない。

2番人気のゴールドシャッツはここ3走連続して2着と好走しており、前走は今回と同じ函館芝1200mを先行しての2着なので、軸としは良いのだろうが、先行→ちょい垂れを繰り返しているレース内容から単勝では絶対に狙えないし、休み明けから今回で4戦目で420kg台の小柄な牝馬の為、そろそろ疲れが出て来てもおかしくないし、今回は内枠に先行馬が揃っているので、位置取りが悪くなる恐れがある。元々決め手は無い馬なので、人気ほどの信頼は出来ない。

他の人気馬達も大した馬はおらず、朝一の牝馬限定戦だけあって荒れそうな匂いがプンプンしていたので、「ここは思い切って大穴狙い!」と決めて他の検討を始めたところ、目に留まったのが、12番人気のメイショウイライザだった。

この馬、前走で京都の芝1200mを走り9着と負けていたのだが、着差は0.8秒差とそんなに離されていなかったのだ。ケイホーム産駒で血統的にはダートの方が良さそうな感じなのだが、ダートでは芝以上に負けていて、430kg台の小柄な馬な事を踏まえると、芝の方が適正が高いのだろう。前走でも上がり3ハロン34秒4とそこそこの脚をつかえているし、ケイホーム産駒なら時計の速い京都よりも函館の洋芝の方がパフォーマンスを上げる確率は高い!!更に今回は減量騎手を起用し斤量54kg→51kgと3kg減なのだ。

430kg台の牝馬にこの斤量減は大きく、今回のメイショウイライザは斤量+馬場替わりとプラス材料が見込めるというわけだ。

そして8枠にもう1頭メイショウリボベジという馬が出走しており、こちらは9番人気・・・「2頭出しは人気薄だし、元々の能力的にも走ってもおかしくない馬が、斤量と馬場で変わり身が見込める・・・」それでいてまったく人気がないとなれば、買う条件は整った!!

しかし、さすがに「頭までは・・・」という感じだったので複勝のみの購入に留めたのだが・・・これが大正解!!

今回は減量を活かして逃げたメイショウイライザは、直線半ばまで先頭を守り、ゴール前で2頭に交わされながらもしっかり3着は確保してくれた!!

しかも人気馬総崩れで下限値11.6倍だったメイショウイライザの複勝は18.4倍まで跳ね上がるという嬉しい結果に!まぁ宝塚記念で儲けを減らしてしまいましたが・・・それでもこれだけの配当ですから昨日はプラスで終えることが出来ました。

今回、逃げるのに外枠からかなり強引に脚を使ったメイショウイライザだがそれでも3着に粘ったので、次走、引き続き減量騎手で内枠でも引いたら未勝利脱出のチャンスかもしれません!!おそらく今回の好走は”フロック視”されて次走もあまり人気にならないとも思いますので、人気が無ければまた狙ってみたいと思います。