2018年宝塚記念(G1)回顧 香港のワーザーが1番強かった!!

昨日行われました宝塚記念(G1)は、7番人気のミッキーロケットが好位から徐々にポジションを上げ、早め先頭のまま押し切りました。

サイモンラムセスとタツゴウゲキが前半1000mを59秒4と稍重まで回復したとは言え、水分を含んだ馬場を考えるとかなり速いペースで飛ばしてくれたのは、速い上がりを使えないミッキーロケットにとってプラスに働いたと思いますが、スタートから内目の好位に取りつき、バテた逃げ馬をズムーズに交わし早め先頭で押し切った和田騎手の完璧な騎乗が大きかったと思います。

馬場、展開、枠順と今回のミッキーロケットは、なにもかも上手くいった感はありますが、G1を勝つには、よっぽど能力が抜けていない限り、こうならならいと勝てませんからね・・・人気馬達がチグハグな競馬になったのとは対照的だったと思います。

2着に入った10番人気のワーザーには、正直、ビックリしました!!

能力的には、香港カップ2着馬ですから、今年の宝塚記念のメンバーなら勝ち負け出来てもおかしくはなかったのですが・・・馬体重ー27kgでしたからね・・・

香港で好走していた時は470kg台でしたが、昨日は446kg。加えて、日本の馬場は初めてでしたから、普通に考えれば買えないですね・・・

日本に比べ、時計のかかる香港で好走していた馬ですから、馬場が悪く、Hペースで上がりのかかる競馬になったのは良かったんでしょうが、30kg近く馬体を減らしたのに最後の直線で伸びたのはこの馬だけでしたからね・・・前残り馬場だった昨日の阪神で、馬体減が応えそうなタフ競馬だったにも関わらず、上がり最速で2着に突っ込んできたのは、凄い事だと思います!!わざわざ日本に遠征し甲斐はありましたね!この馬が1番強い競馬をしたと思います!

3着は12番人気のノーブルマースがしぶとく残りました。

この馬は、もう少し前に行くと思っていたのですが、道中は中団あたりといつもより後方からの競馬になったのですが、勝ち馬のミッキーロケットの後を付いて行くような感じでスルスルと内を抜けきて、そのまま3着に流れ込んだという様な結果でしたが、最後ヴィブロスに交わさせずに馬券圏内を死守したのは立派だったと思います。

この馬も1、2着馬同様、上がりのかかる競馬が得意なので、今回のレースは「ハマった」感はありますがG1初挑戦や能力を考えれば大健闘だったと思います。

そして、3連単、約50万の大波乱の要因となった人気馬達ですが・・・見事に全部飛びましたね!

確かに、前と内が有利な阪神の馬場状態でしたが・・・途中から動いて4角では抜群の手応えで3番手まで上がってきながら直線で垂れたサトノダイヤモンドにせっかく馬場が渋ってくれたのにそれを活かせず、先行すら出来なかったサトノクラウン。後方からなんの見せ場もなく着外沈んだキセキ。

ドバイ帰りで展開も馬場も合わなかったけど4着まで押し上げたヴィブロスはまだしもこの3頭の負け方はかなり深刻だと思います。

まぁレース前からある程度予想出来ていた事なので、別に驚きはしませんが・・・体調がベストではなく、初じめての日本だったワーザーが上がり最速で頑張っているわけですからね・・・もう少し見せ場をつくってほしかったというのが本音です。

馬券的には本命のステファノスが直線伸びきれず7着に負けてしまいましたので、不的中となってしまいました。この馬に関しては、岩田騎手だし、もっと前で競馬すると思っていたんですけどね・・・1コーナーで後方5番手だったのでその時点で「終わった」と思いました。

最低でもノーブルマースのポジションは確保して欲しかったところだったのですが、終いがそんなに切れるタイプではないですし、そういう馬場でもなかったのであのポジションではちょっと厳しかったです。

それでも直線は一瞬、伸びかけたのですが、ヴィブロスとサトノダイヤモンドの間を割って出れ無かったところを見ると、もう脚はなかったのでしょうが・・・今回は距離も1ハロン長かったですし、前半、ポジションも取れなかったという事を踏まえれば、「仕方ないかな」と思えますし、レースぶりから年齢的な衰えは感じられなかったので、主役不在の今の中距離路線なら、秋の天皇賞あたりでまた狙ってみたいと思います。

関連記事=2018年宝塚記念(G1)前日予想

コメント

  1. いし より:

    単複さんお疲れ様です!ステファノス4コーナーまで良い感じだったですけど最後止まっちゃいましたね。自分の本命パフォーマプロミスなんてステイゴールド産駒なのに道悪走りにくそうでしたし、ヒモの2頭も全く見せ場無しで終了…。上半期の収支も一進一退だったんですがこの2日間で一気にマイナスへ転落してしまいました。しかしめげずに帝王賞がんばります!

    • 単複 より:

      お疲れ様です!
      ステファノスは若干距離が長かったかも知れませんね・・・
      いしさんの上半期収支が帝王賞でプラス収支なると良いですね!!

  2. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    私もステファノスは内を引いたので期待していたのですが、この距離は少し長かったのか最後は止まってしまいました。

    宝塚記念当日の馬場は内有利でしたし、天皇賞で復調の兆しを見せていたので、ミッキロケットに走られても不思議ではなかったのですが、追加購入の馬を中途半端に人気の馬に日和ってしまったのが大失敗でした・・

    本命のノーブルマーズが3着に健闘し、上位評価のワーザーも強い競馬を見せたので、悔しい結果に終わりました・・
    サトノダイヤモンドは。状態面に疑問があり、自分の評価では殆ど無印に近かったので、人気を考えたら切ってしまった方が良かったですね。
    穴狙いをするなら徹底して穴狙いをすべきだったと反省しています・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      そうですね・・・サトノダイヤモンドの評価がボムジュンさんの中で低かったのであれば、
      切るべきでしょうね・・・今回は当てにいったのが裏目にでてしまいましたね・・・