2018年函館スプリントS(GⅢ)回顧 セイウンコウセイが久々の勝利!!

昨日行われました函館スプリントS(GⅢ)は3番人気のセイウコウセイが積極的に逃げて、去年の高松宮記念(G1)以来、久々の勝利となりました。

スタートはあまり良くなかったのですが、最内枠から池添騎手が果敢に押してハナを奪い、前半3ハロン33秒1と結構、速めのペースで引っ張りましたが、開幕週の馬場を味方に見事に逃げ切りました。

今回のセイウンコウセイは池添騎手の”多少強引でも逃げる”という判断が正解でだったと思います。スタートは4枠のワンスインナムーンとナックビーナスの方が良く、前に出られましたが、押して押してハナを奪った事により、4枠2頭に被されなかったですからね・・・ワンスインナムーンが控えてくれた事、同枠のダイアナヘイローが出遅れてくれた事により、単騎で行けたという展開利が大きかったですし、今回は相手も”一線級”ではなかったですので””完全復活”とは言い難いですが、一時の不振は脱却できたのではないでしょうか?池添騎手とも手が合いそうですし、次走以降、安易に切るのはやめた方が良さそうですね・・・

10番人気で2着に突っ込んできたヒルノデイバローは馬体重ー10kgでデビュー以来最低体重の506kgというのがどうかとは思いましたが、かえって良かったのかもしれませんね・・・ここ2走は位置取りが後方になってしまい、自分の競馬が出来ていませんでしたが、今回は道中6〜7番手につけて4コーナーでは外の4番手まで上がって行けましたからね。ある程度前につけられれば終いは一脚使えるタイプですから、好走しても驚けない馬でしたが、正直、今回は「前付け出来ない」と思って切ってしまいましたね・・・勝ったセイウンコウセイとはハナ差だったわけですから惜しい2着だっと思います。

3着は1番人気のナックビーナスでしたが・・・前日予想でも書きましたが、やはりこの馬、勝ち切れないですね・・・今回も楽に好位に取りついておきながら、セイウンコウセイには届かず、ヒルノデイバローには差されるといういつも通りの結果となってしまいました。G1でも3着に好走できたので、「一皮剥けたか?」と思っていたのですが、どうしても「相手なり」の競馬になってしまいますね・・・今後も人気なら単勝は”カモ”扱いで良さそうです。

馬券的には本命に推したノットフォーマルが中団から伸び切れず10着に沈んでしまいましたので外れてしまいましたが、1200mでもスムーズに追走出来ていましたし、最後まで止まっていませんでしたので、函館、札幌の1200mのオープンクラスあたりに出走してきたらまた狙ってみたいと思います。

今回も、もう少し前のポジション(4〜5番手)が取れれば掲示板くらいは確保出来たでしょうし、相手弱化で先行出来れば、変わり身はあると思います!ノットフォーマルは、まだ人気にならないでしょうしね!

関連記事=2018年函館スプリントS(GⅢ)前日予想

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    もっと先行激化すると思っていたのですが、セイウンコウセイの逃げを誰も追いかけなかったので、ペースは速くとも完全淡々とした息の入る流れになりましたから、ああなると後ろの馬はキツかったですね。私の本命ティーハーフはこの流れでは全く用無でした。一か八かの狙いなんで今回は仕方が無いですね・・

    単複さん推奨のノットフォーマルも今回は流れ的にキツかったとは思います。

    ただ、ノットフォーマルに関しては、直線競馬適正が高そうな気がするので、次走アイビスサマーダッシュに出走すれば面白い存在になるのでは無いでしょうか?
    忘れた頃にやってくるのがこの馬の特徴ですから、またどこかで穴を開けるかもしれませんね。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      昨日の展開では後方組は用無しですからね・・・
      私も仕方ないと思います。
      ノットフォーマルは短距離ならちょっとおいかけてみようと思ってます!