東海クラウンは単騎逃げ濃厚のライスエイトにぶち込んだ!

今日は笠松5Rで日当を稼げていたが、朝から東海クラウンで勝負する事を決めていたので、それまではジッと我慢し馬券を買わず、笠松最終の東海クラウンを待っていた!!

笠松12R 東海クラウン(オープン) 1400m 8頭立て

このレースは「ベルボームが1番人気だろうなぁ」と思っていた。この馬は、笠松の1400mのJRA交流戦で中央馬を差し切ってしまうほどの能力の持ち主で、近走も3連勝中と調子も良い。さすがに今回は相手も骨っぽいが、まともならベルボームの差し切りだろう。

オッズの方も予想通り1番人気に推されており、まぁ順当な売れ方だと思っていた。

しかし!私が狙っていたのはこのベルボームではなく、7番人気で単勝41.4倍のライスエイトだったのだ!!!

この馬は1400mで逃げると相当強く、金沢スプリントカップでは、あの園田のドリームコンサートを逃げて封じ込めた馬なのだ!(ちなみにその時、ライスエイトの単勝を取らせてもらった)

だが、この馬が強いのは1400mまででそれ以上、距離が伸びると3コーナーあたりでバッタリ止まってしまうので、ライスエイトは1400mでしか買えない馬というわけなのだ。しかし、近走では1400mでも着外が続いているので、ここまで人気が落ちたわけだが・・・4走前の名古屋1400mはHペースを自ら演出し9着に沈んだが、勝ったのがカツゲキキトキトでは相手が悪すぎたし、2コーナーでガンガン競りかけられ早々にハナを奪われた結果なので、度外視できるし、前走の笠松1400mも5着と敗れてはいたが、この時はスタートで出遅れ→無理やり逃げる→3コーナーで捕まるという最悪な内容だったにも関わらず、勝ち馬から0.6秒差に踏ん張っていた。

そして、その前走の勝ち馬が何を隠そう、今回1番人気のベルボームなのだ!

つまり、ライスエイトは出遅れてメチャクチャな競馬をした前走でも今回人気のベルボームに0.6秒しか負けていないわけで、これくらいの差なら、当然、スムーズに逃げられたら逆転は十分可能なのである!!

今回のメンバーを見渡すと・・・ハナにこだわるのはライスエイトただ1頭で単騎逃げが濃厚な顔ぶれ・・・更に今日の馬場は前が止まらない!加えて東海クラウンの前に雨が降り出してこの傾向に拍車がかかった!

「ベルボームもドレッドノートも差し馬だし、ライスエイトは単騎で行けそう・・・馬場状態も味方してるし、スタートさえ決まれば金沢スプリントカップの再現が可能だろ?」

元々、朝から「東海クラウンはライスエイトの逃げ切り期待」と予想していたのだが、雨が降って更に前有利になった馬場であれば、最早疑う余地は無い!!それにこれだけ人気がなければ、勝負する価値は十分だ!

というわけで、笠松5Rでの儲け分をすべてライスエイトの単複にぶち込んだ!!!

複勝でも3.4倍〜6.1倍の高配当なのだが、逃げ切るか着外に沈むタイプなので、単複を均等購入した!

「さぁ!頼むぞ!池田!!出遅れずにハナさえ奪えば今日の馬場なら勝てるぞ!」

そしてスタートが切られると・・・

ライスエイトは好スタートを決め楽にハナに立った!「よしよし・・・いいぞ」

予想通り、特に競りかけてくる馬はおらず、どうやらライスエイトはマイペースで運べそうな展開となった。

1〜2コーナーまでは淡々と流れていたが向正面へ入ると、逃げるライスエイトが番手のカッサイ以下をスゥーと1馬身ほど引き離しリードを取った!!

ここで各馬が仕掛けを開始!1番人気のベルボームも鞍上山下が追い始めた!

しかし、今日の笠松ではここから逃げ馬に並びかけるのが至難の技で、後方から押し上げてきた有力各馬も3コーナーまでにライスエイトに馬体を合わせる事が出来なかった!!

「いいぞ・・・これはもらったんじゃないのか?」

後続に1馬身差を詰めさせないライスエイト!「今日のレースでここから差された逃げ馬はいない!残せよ池田!!!」

4コーナーを回り直線に入っても先頭を死守するライスエイト!しかしさすがに後続も差を詰めてきて直線残り100mで5〜6頭が一気に押し寄せてきた!

「粘れ!頭で来〜い!!池田っ!!!」

配当が配当だけにゴール前は必死に激を飛ばし応援すると・・・

「よっしゃー!!!凌ぎ切った!!!」

見事1着に粘り通してくれたライスエイトのおかげで単勝4,340円、複勝430円のW的中となったのだ!!

しかも単複1:1なので単勝の払い戻しがエゲツない事に!!

笠松5R分の儲けをぶち込んで大正解!本日は大勝利で終えることが出来ました!