C1勝ち直後で主戦の吉村騎手が他の馬に騎乗しているメイショウトビザルがB2特別で1番人気とは…

園田10R B2特別 1230m 12頭立て

このレース、当初は購入する予定はなかったのだが・・・C1を勝ったばかりのメイショウトビザルと追い込み馬のブイキャスターの単勝が過剰に売れていたので急遽参戦する事にしたのだ!

メイショウトビザルは前走で格下のC1−1組の1400mを逃げ切った馬だが、1230mは未経験の馬でいきなりB2特別の1230mで逃げられるとはとても思えず、「いらないだろ?」という感じだった。まして主戦の吉村騎手がこのレースで4番人気のファラオカズマに乗っているわけで、この馬がC1→B2を連勝出来る器であれば、吉村騎手はこちらに乗るだろうし、ファラオカズマを選んだという事はメイショウトビザルは昇級即通用の器ではないという事だ。

そして追い込み馬ながら2番人気に支持されていたブイキャターも前走、不良馬場の1230mで4角10番手から追い込み、0.7秒差の3着と走ってはいたが・・・追い込んできたのは態勢が決した後だったし、追い込み馬というのは毎回毎回、追い込んで来れるかというと不発に終わる確率の方が高いわけで、前走、走ったからこそ、ここは切るのがセオリーだし、まして今日の園田は砂を入れ替えばかり+雨で重馬場なので追い込み馬には厳しい馬場だし、格下のメイショウトビザルが人気に推されている要因のひとつはこのレースに逃げ・先行馬が少ないからなので、ここはペースも上がらない可能性が高い。なのでブイキャスターの末脚は十中八九不発に終わるだろう・・・

それなのにこの2頭の単勝オッズは・・・

「売れ過ぎだろ!」という感じだったので、この1〜2番人気2頭を蹴飛ばし他の馬の単勝で勝負する事にした!!

と言っても、ここは買うのは3番人気のキョウトブッサですけどね・・・

この馬は、Cクラス卒業を1230mの逃げ切りで決めており、距離はOK!Bクラス昇級後、なかなか逃げられない競馬が続いていたが、前走のB2特別で1400mながらようやく逃げられていたのだ。クラス慣れしてきてテンのスピードが通用するようになってきた上にこのレースの逃げ候補のライバルはC1を勝ったばかりのメイショウトビザルただ1頭だけなので、大外枠を引いたキョウトブッサがハナを切るのは「間違いない!」というわけだ。

あとめぼしい先行馬がミラーリボンくらいの組み合わせなので、逃げてしまえ馬、大したプレッシャーも受けずに重馬場を味方にスイスイ行けそうだったので、クラス慣れの見込めるキョウトブッサの単勝を購入した!!!

そしてレースがスタートすると・・・1番人気のメイショウトビザルが1完歩目に躓き後方からの競馬になってしまった!!それを尻目に大外からキョウトブッサがスゥーとハナを奪った!2番手にはファラオカズマとミラーリボンの6枠2頭が取りつき1コーナーに入っていた!

「よし!最高だ!!!メイショウトビザルは早くも消えたな!」

6枠2頭にガッチリ番手をガードしてもらえたキョウトブッサが淀みのないペースでレースを引っ張り4番手のベルフラワー以下の後続を7〜8馬身離す縦長の展開に持ち込む。

3コーナーから2番手グループが一気に仕掛け逃げるキョウトブッサに襲いかかろうとするが・・・

持ったままのキョウトブッサに並ぶまで行けず、この4頭の後ろは、最早勝負圏外!

直線に入ると先行馬達が必死に追い詰めるが、キョウトブッサと同じ脚しか使えず、追えども追えども差は詰まらず・・・

はい!そのまま〜!!!

結局、行った行ったの1230mらしい決着になり、スタートで躓いたメイショウトビザルは6着に、追い込み馬のブイキャスターは5着まで追い上げるのが精一杯という結果に!

メイショウトビザルに関してはスタートの躓きが無ければ・・・と思わせる内容でしたが、まぁテンのスピードはこのクラスの1230mではまだ通用しないと思いますし次走も1230mなら切って良いと思います。追い込み馬のブイキャスターは”展開待ち”になるので常に警戒は必要ですが、馬場状態と展開が噛み合いそうで人気が無いという条件が揃うまでは切り続ける方が儲かりそうです。

園田競馬は比較的”格”が物を言うので、C2ー2組→C2−1組くらいなら連勝することも出来ますが、C1ー1組→B2特別と一気にクラスが上った場合は今日のメイショウトビザルみたいにコケる事が多いですので、人気ならぶった切ってOKです!このレベルの昇級を連勝するのは、重賞を勝つような馬でなければ厳しいですからね・・・