金沢競馬の1500mで買って良い馬、いけない馬

今日の地方競馬は金沢と浦和しか開催がなく、笠松も園田も高知のナイターも無い為、日当を稼ぐのに手こずりそうな雰囲気だったのだが・・・意外にも金沢の2Rがいきなり勝負できそうだったので、このレースで稼ぐ事にした!

金沢2R C2四 1500m 8頭立て

このレースはいわゆる”駄馬競争”だった。1番人気のゴールドシオンは前走1400mで逃げて0.3秒差3着と好走していたが、その前は6着、7着と着順が悪く、まぁ大した馬ではなかったのだが・・・他の馬は近走でまともに馬券に絡めた事が無い馬ばかりで、この馬が押し出されて1番人気になってしまうのも仕方の無い組み合わせだった。

今の金沢は3〜4コーナーでラチ沿いを通らなければ直線まったく伸びないという特殊な馬場状態なので、逃げた馬が圧倒的に有利という事も、1400mで逃げられているゴールドシオンの馬券が売れた要因だろうが・・・この馬には致命的な弱点があったのだ!!

ゴールドシオンという馬は1400mだと果敢に逃げるのだが、1500mになると控える事が多かったのだ。こういうタイプは距離に不安がある場合が多く、私は「1500mの今回はゴールドシンオンは逃げない」と読んでいたのだ。

1400mで逃げても勝ち切れない馬が1500mで控えて3〜4コーナーで逃げ馬を交わす為に外を回したら今の馬場だと失速するのは目に見えている!なのでこのレースのゴールドシオンは頭は無いどころか、おそらく馬券圏内にも残れない”カモ”というわけだ!!

しかし、ゴールドシオンが切れても肝心の勝つ馬を見つけなくては1円にもならない。それが見つからなければ、”見”するしか無いのだが、他の馬の成績も悪すぎるので、勝ち馬を見つけるのに苦労しそうな感じだと思っていたら・・・意外にもアッサリ見つかった!!

2枠にエスピオンヌだ!!

この馬は過去3走6着、8着、9着と成績だけ見たらとてもじゃないが買えない馬なのだが、3走前まではC1クラスを走っていた格上馬なのだ!さすがにC1では後方のまま流れ込むという競馬しかできていないが、2走前からC2に降級したら着順こそ悪いがしっかり先行は出来ていたし、過去2走は1400mだったのだ。ゴールドシオンとは対照的にこの馬は1500mの方が成績が良く、距離に不安が無い為、テンからガンガン行けるので、距離延長はプラスに出るというわけだ。

「1500mならエスピオンヌが逃げるだろう?」

このレースで前に行けるのは6枠のゴールドシオンとエスピオンヌくらいなので、ゴールドシオンが距離を意識して控えれば、枠順も内だしエスピオンヌの単騎逃げが見込める。今の馬場と今日のメンバーでハナさえ奪ってしまえば、後ろから差される事など考えなくて良い!!

というわけで1500mに距離延長して内枠からハナを切れるであろうエスピオンヌの単勝を購入した!

購入時は8.0倍程度あったエスピオンヌの単勝だが、締め切り後は4.0倍まで下がってしまったのは残念だが、「まぁ逃げれば勝てるから・・・」という感じでいざレースへ!!

スタートが切られると・・・

好スタートから出ムチを入れてハナを奪ったエスピオンヌに対し、やはりあまり積極的に行かないゴールドシオン!!ハッキリ言ってこの時点で勝負ありである!!!

後はエスピオンヌが逃げ切るのを見ているだけの簡単な作業!!!

逃げなかった1番人気のゴールドシオンは3コーナーで早くもズルズル後退し、手応え抜群で楽逃げをかますエスピオンヌに競りかけてこれる馬はおらず・・・

直線も差は開く一方!!!

で、4馬身差の楽勝という結果でした!!!

今の金沢はとにかく前・内有利なので差し馬は、よっぽど展開が速くならない限り用無しです。

なのでこのレースのように逃げ馬がわかったら黙ってその馬の単勝買えばまず当たります!

まぁ事前に逃げ馬を特定出来るレースは数は少ないんですし”ヤラズ”もあるので、「これ絶対こいつが逃げるだろ?」と確信を持ったレースしかけませんけどね・・・そして逃げられる馬は今日みたいに直前で単勝が売れますので、メチャクチャおいしいとは言えませんが、手堅く勝つ事は可能です。

このレースに関しては1500mがマイナスなゴールドシオンという”カモ”がいたのも大きかったですけどね!