2018年オークス(G1)回顧 本命のリリーノーブルが2着も…アーモンドアイに距離をこなされては…

昨日行われたオークス(G1)ですが単勝1.7倍のアーモンドアイが好位から上がり33秒2の脚を使い桜花賞に続き2冠を達成しました。

レース前は発汗と入れ込みが目立ち「大丈夫か?」という感じでしたが・・・関係なかったですね。レースではきちんと折り合って、上がりも最速!唯一の懸念材料だった”距離”をこなしたわけですから、2着のリリーノーブルに2馬身差をつけた完勝も”力通り”と言った感じでした。

鞍上のルメール騎手も自信があったのでしょう。1000m通過が59秒6とそこそこ流れたにも関わらず、強気に出して行き、1コーナーでは外目の7番手という位置取りでしたからね・・・普通は距離に不安があれば、後方で控えたくなるものですが好位付けして終いもしっかり脚を使わせましたからね・・・

このレースは前半流れた分、後半はラップが一気に落ち、結局、上がりの速い決着となりましたので、もし桜花賞の様な位置取りだったら届かなかった可能性が高いので、ルメールの位置取りは正解だったでしょう。直線で早めに抜け出した2〜3着馬も上がり33秒9でしたから。

しかし、2400mをこなしたアーモンドアイは、無事ならかなりの確率で3冠を取れそうですね・・・同世代の牝馬ではちょっと太刀打ち出来ない印象を受けましたし、秋までよっぽどの大物が出てこない限りは、秋華賞も勝つのではないでしょうか?ロードカナロアはダービーにスティルヴィオも出走しますし、初年度から”大物”を輩出し種牡馬としての未来は明るそうですね!

2着には4番人気のリリーノーブルが入りました。

こちらは、道中、常にコースロスの無いインの3番手をキープし直線で馬場の良い外に出し上がりも33秒9という最内枠を活かした完璧な競馬を川田騎手が魅せてくれましたが・・・今回は相手が悪かったですね・・・今まで先着され続けていたラッキーライラックを初めて負かす事が出来ましたが、やはり「競馬は勝たないと」評価は出来ませんから、残念だったと思います。

ただ、ルーラーシップ産駒らしく、距離延長でパフォーマンスを上げましたし、前半、若干、行きたがりましたが、折り合いも許容範囲だったので今後も中距離なら安定して走ってくれるのではないでしょうか?

3着に入った2番人気のラッキーライラックは今までと違い、2着だったリリーノーブルの直後の位置取りだったのが、最後まで響いてしまった格好だったと思います。結局、終いの3ハロンが同じ脚(33秒9)でしたから、これでは前にいるリリーノーブルを捉える事は物理的に不可能ですからね・・・もう少しスタートから積極的に行けば、2着はあったと思う内容でした。(まぁアーモンドアイには勝てなかったでしょうけどね・・・)この辺は鞍上のG1での経験値の差が大きかったかも知れませんね・・・それでも馬券圏内は死守しているわけですから、この馬は本当に”崩れない”ですね。秋も2〜3着には常に警戒が必要でしょうし、アーモンドアイに何かあれば、また、G1を勝つ事もできるかも知れませんね。

そして、3番人気に支持されながら6着に敗退したサトノワルキューレですが、この馬はアーモンドアイを負かしに行ってしまったのが、完全に裏目に出た格好となりました。道中からアーモンドアイの直後をピッタリマークし「相手はこれ1頭」とデムーロ騎手も”決め打ち”で乗っていた様ですが、直線に入っていざ追い出すと、一気にアーモンドアイに突き放されてしまいましたからね・・・結果的には完全に能力負けでしたが、G1ですから”着狙い”しても意味ないですし、仕方ない負け方だったと思いますし、デムーロ騎手の騎乗も「勝ちに行って」のものですからG1なら正解ですからね・・・

馬券的には本命のリリーノーブルが2着に入ったのですが・・・

買い目がリリーノーブルの単勝と馬連の相手がラッキーライラック、サトノワルキューレだった為に不的中となるはずだったのですが・・・

すいません・・・土壇場で日和って単勝1.7倍のアーモンドアイも押さえてしまいました・・

縦目のラッキーライラックとサトノワルキューレの馬連を購入予定だったのですが、そのオッズが11.4倍でリリーノーブルとアーモンドの馬連が11.9倍だったので、「こっちの方がつくのか?」とブレてしまいました・・・

単勝+馬連3点なので大して儲かってないですし、「アーモンドアイは2400mなら切れ味が鈍る」という予想の大前提は覆されている訳ですから、この的中にあまり価値はないですけどね・・・

来週はいよいよダービーなので、こんな的中ではなく、ビシッと当てたいところです!

関連記事=2018年オークス(G1)前日予想

コメント

  1. いし より:

    単複さんお疲れ様です!直前でのナイスリカバリーお見事です!自分みたくリリーから買ってスッカラカンとは大違いですからねー。

    • 単複 より:

      いしさん お疲れ様です!
      一応、馬券は当たりましたが…アーモンドアイは本当に買いたく無かったんですよね…

  2. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    リリーノーブルは掛かり癖のある馬だったので、私は2400mはどうかと思っていたのですが、しぶとかったですね、ただ、それ以上にアーモンドアイが強すぎました。
    ただ、直前でアーモンドアイがらみの馬連流しを抑えられたのはファインプレーだと思います。本命馬からの流しの方が、予想的には正解だと思いますし。

    まあ、私は先週とは大違いの全く見当違いの糞予想で完敗しました。
    今回は完全にホームラン狙いでしたから的中期待値は低かったですが、本命にしたサトノワルキューレが掲示板にも乗らない惨敗とはちょっとショックでしたね。
    この馬は中途半端に前付けするより後方一気にかけたほうがいい馬なのかもしれませんね。長距離馬かと思いましたが、最後にへばったところをみると、意外と距離も2000mぐらいのほうがいいのかもしれません。

    ただ、2,3着の2頭は今回はアーモンドアイには完敗でしたが、秋華賞は直線の短い先行有利のコース形態なので、アーモンドアイよりも前に行けば展開次第では逆転する可能性はあるとは思います。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      サトノワルキューレに関しては、結局前が止まらない流れになってしまったのも影響したと思いますが、前走も先行馬決着を差し切っていた訳ですからね…今回は、距離よりも相手が上がった分、負けてしまった様な印象を受けました。またアーモンドアイに合わせた様な競馬になったのも結果的にはマイナスだったと思います。
      私も個人的には、この馬には直線一気の競馬をして欲しかったのですが…流れを考えると今回は、それでも厳しかったでしょうね…