今日の展開で2着に粘ったカフジバッカスはかなり評価出来る

名古屋10R Bー2組・特別 1400m 10頭立て

このレースは「単勝1番人気のカフジバッカスで堅いだろ?」と思っていたので、元々馬券を買うつもりは無かったのだが・・・「相手も差し来るホウライスピードでガチガチっぽいな」と思っていたら、ホウライスピードの人気が無くカフジバッカスとの馬連で7.2倍もつくではないか!!「えっ?マジで?そんなつくの?」この配当を見逃してはいけないと急遽参戦したのだ!

単勝1.5倍のカフジバッカスは現在3連勝中の馬で、その3連勝の内容も不利な内枠だったのにも関わらず、先行して押し切るという優秀な内容だった。時計的にもここでは1枚抜けており、まぁ普通に走ればここも勝つだろう。

2番人気のマイネルカロンは1400mよりも1600mの方が良いタイプで1400mだと前に行けないので、脚を余す傾向が強く、前走で、過去にカフジバッカスとタイム差なしの接戦を演じたエスタシオンに1.7秒ちぎられた事からも、1400mでカフジバッカスに勝つのは難しいだろうし、2着を確保できるかも怪しいレベルだった。

3番人気のワンダフルキッスは先行力があり、おそらく今回逃げるのはこの馬なのだが・・・展開的にカフジバッカスに潰される公算が高く、馬券圏内に粘りこむのは難しいだろう。

なのでこのレースはカフジバッカスが3コーナーあたりでワンダフルキッスを捉え、リードを広げたところに差して来これそうなホウライスピードが相手の筆頭候補なので馬連はおそらく2倍前後の1本被りかと思っていたのたが・・・ホウライスピードが4番人気に甘んじてくれていた為、馬券が購入出来るようになったというわけだ!

もう1頭、5番人気のロジテーストも末脚の破壊力はホウライスピードに引けを取らず、時計的にも十分通用する馬だったので、怖かったのだが・・・この馬、不器用な馬なので1枠が大きくマイナスにでそうな気がしたので、今回は飛びそうな気配がプンプンしていた為、「7.2倍もつくのなら」とカフジバッカスとホウライスピードの馬連を購入した!!

スタートが切られると、予想通り外枠からワンダフルキッスがハナに立ち、チムニーロックが2番手につけ、断然人気のカフジバッカスが3番手という位置取りに。ホウライスピードとロジテーストはいつも通り、後方からの競馬となった。

だが、スタート後、最後方まで下がったロジテーストが、なんとセオリーを無視し1コーナーから大外を捲っていったのだ!!通常は1〜2コーナーで大外を回すと距離損が大きいので向正面の直線まで待つのだが・・・ロジテースト鞍上の大畑騎手は強引に外々を回しグングン前との差を詰めて行ったのだ!

これにより、多大な被害を被ったのが、先行馬達だ!

向正面の入口で早くも3番手まで進出してきたロジテールに合わせてカフジバッカスも仕掛けを開始!番手にいたチムニーロックはついて行けず、ズルズル後退し、逃げていたワンダフルキッスも慌てて手綱をしごき仕掛け出すが・・・

元々の能力が違う為、仕掛けたカフジバッカスに抵抗出来るわけもなく、ワンダフルキッスは3コーナー手前で早くも失速し、このHペースを演じたロジテールもここで完全に脚が止まった!

そして現在、最後方で控えてるホウライスピードにとっては絶好の展開となったので「後は、カフジバッカスが垂れた先行馬をちぎってホウライスピードが差して来て完成だな!」と馬券的中を確信!「Hペースを演出してくれた大畑くん!ありがとう!」

レースが4コーナーに入ると先頭のカフジバッカスにロジテールがしぶとく食らいつこうとするが・・・当然、着差はジワジワ開いて行き、対照的に大外からホウライスピードが抜群の脚色で上がって来た!!!

ここまで、展開がきつかったカフジバッカスだが直線に入るともう一脚使い、後続を引き離した!そして残り100mで離れた2番手にホウライスピードが上がった!

「よ〜し!完璧だ!!」

ゴールまで後わずか・・・「これは決まったな」と余裕をこいて観戦していたら・・・先頭のカフジバッカスとホウライスピードの着差がすごい勢いで縮まって行った!

「ん?さすがにカフジバッカス止まったか?」だが、カフジバッカスが差されても馬連だからどうってことは無い!「どっちでも良いや!」と思っていたら・・・

なんと本当にホウライスピードが差し切ってしまったのである!!!

「おお!届いたのか?」まぁ馬券的には、これでも的中なので良かったのだが・・・3着のマイネルカロンにも半馬身差まで迫られていたのは正直、若干焦った・・・

カフジバッカスの能力はここでは1枚抜けていたが、さすがに向正面入口からのスパートは早かった様で、時計が1秒は遅いホウライスピードに差し切られる結果となってしまいましたが、逆にこの展開で2着に来れたのは「さすが」だと思います!このレースで先行して負けた馬達は次走、巻き返しが期待できそうですね!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    結果は少し違いましたが、狙いとしては強過ぎる馬の漁夫の利差し馬狙いという基本パターンでの的中、お見事です。
    やはり、上手い人はこういう基本をしっかり実践で生かせるところなんでしょうね。

    ちなみに久しぶりに午後から時間が出来たので、このレース含めて2レース参戦しましたが、どちらも惨敗。
    この名古屋10レースでは、単騎逃げと思ったワンダフルキッスとカフジバッカスの馬連勝負という軽率な馬券勝負をしてしまいました・・
    前走1600mで僅差の競馬をしたからといって、1400mならもっといいパフォーマンスが出来るなんて言う考えはちょっと浅はかでしたね・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      ここ数戦のカフジバッカスを観ていて、ここなら力が違うとは思ってましたが、まさか向正面に入ってすぐに仕掛けるとは思いませんでした…まぁ加藤騎手も「それでも勝てる」と思っていたのかも知れませんが今回はホウライスピードが漁父の利的に差し切りましたね。

      ワンダフルキッスは終いの甘い馬+鞍上宮下瞳騎手でしたし、カフジバッカスに潰される可能性が高かったので今回は切れました。