断然人気のオリンピアスカイが向正面でズルズル後退したのでニヤニヤしてたら・・・

園田11R Bー1新緑特別 1700m 11頭立て

このレースの単勝1番人気は近3走連続2着が続いている田中学騎乗のオリンピアスカイだったのだが・・・能力がそれほど抜けているとは思えないこの馬の単勝が1.4倍の1本被りというちょっと信じられない売れ方だったのだ。

ただでさえ、2着続きで単勝は買いづらいのに、今日の園田は不良馬場で前有利。不良馬場自体はこなしてはいるが、後方からしか競馬出来ないオリンピアスカイにとっては歓迎とは言えないし、このレースには逃げるクリノチョモラーリや先行出来るサーストンバッカ、前走で出遅れながらもオリンピアスカイと0.2秒の競馬をしていて、上がりはオリンピアスカイよりも速かったスリーピーアイに実際に2走前にオリンピアスカイに勝っているオースミマルスなど骨っぽい相手がズラリ。

「枠順も内だし、これオリンピアスカイの頭は無いだろ?」という感じだったので、他の馬の単勝で勝負する事にしたのだ!

基本的には前に行く馬を買いたいところだったのだが、クリノチョモラーリとサーストンバッカは能力的に若干、劣るという見立てだったので買い目から外し金沢からの転厩初戦の前走で出遅れながらもそこそこのポジションに取りつき、勝ち馬からは1.1秒差とそこまで負けなかったリノサンスと前走の1870mでも最後まで脚を伸ばして距離OKを証明したスリーピーアイの単勝2点を購入したのだ。

リノサンスは半年以上間隔が開いた前走からの上積みが期待出来るし、スリーピーアイはオリンピアスカイよりも末脚が切れる!「勝つのはこのどちらかだ!」と意気揚々といざレースへ!

スタートが切られるとやはり逃げたのはクリノチョモラーリだった。2番手には下原騎乗のクイントゥーブルが取りつき、今回は出遅れなかったリノサンスが3番手につけた。「おお!リノサンス良い位置が取れたな」そして馬券を購入したもう1頭のスリーピーアイも今回はまともにスタートを切り、オリンピアスカイよりも1歩前のポジションで競馬していた。「終いの脚はスリーピーアイの方が上だから、これは・・・最早もらったんじゃないのか?」

馬券を買った2頭の位置取りがよかったので、ついつい調子に乗ってしまったが、2頭とも前走出遅れていたので、五分のスタートが切れたのはなによりだ!

1700mの為、隊列が落ち着けばそこまでペースが上がらず、淡々と1〜2コーナーを回り向正面に各馬が入っていった。

そしてここで予期せぬ異変が!!!

スタート後から、なんとなく「手応え悪りーな・・・」と思っていたオリンピアスカイがズルズル後退して行き、なんと最後方まで下がってしまったのだ!

しかも鞍上の田中がムチを入れてもまったく反応せずに追っても伸びない!「うわっ!オリンピアスカイ完全に消えたぞ!」

確かにレース前から頭は無いと思ってはいたが・・・まさか着外に飛ぶとは・・・だが、これで俄然テンションが上がる!!!なんせ単勝1倍台が消えた上に、馬券を買った2頭が好位を追走しているのだから!「よーし!後は逃げているクリノチョモラーリが垂れれば完璧だ!」と先頭集団に目をやると・・・

なんと2番人気のクリノチョモラーリが既に垂れていて、番手にいたクイントゥーブルに交わされているではないか!!!

しかもクイントゥーブルを追っているのがリノサンスで外から勢い良く上がってきているのがスリーピーアイという完璧な展開だ!

「よっしゃー!これはもらったろ?」

4コーナーを回り直線に入るとリノサンスが粘り込みを図るクイントゥーブルを捉えにかかる!外から追い上げてきていたスリーピーアイはコーナーワークで少し置かれてしまい前と離されてしまったので、ちょっと届かなそうだが、リノリサスは差し切れそうな勢いだった。「まぁ安目だが良いか・・・単勝900円はつくからなぁ」

ところが・・・

残り100mでクイントゥーブルに突き放されてしまったのだ!!!

「うそー!マジか・・・下原か・・・」

結局、クイントゥーブルがそのまま圧勝し私が単勝を購入した馬は2着、3着入線という最悪の結果に・・・

「せっかく断然人気のオリンピアスカイが飛んでくれたのにまさか人気薄の馬にやられるとは・・・」ただ、レース後にクイントゥーブルの成績を見ると、中央から転厩して今回で叩き3戦目だったし、アイルハブアナザーの仔で距離延長はプラスにでそうだったし下原騎手がこのレースに出走していた、プラトロッソを捨ててこっちに乗っていたわけですから、マークしなければいけませんでしたね・・・ちょっと安易に購入馬を決めすぎた感がありましたので、このレースは反省しなければいけませんでした・・・単勝22.4倍のおいしい配当を取りこぼしてしまいました。