京都新聞杯(GⅡ)のステイフーリッシュは人気が無さ過ぎた。

今日は京都でダービートライアルの最終戦、京都新聞杯が行われたのだが・・・最初は馬券を購入するつもはなかったのだが、ホープフルS3着のステイフーリッシュの人気があまりにも無さ過ぎたので急遽参戦する事にしたのだ!

京都11R 京都新聞杯(GⅡ)芝2200m 17頭立て

このレースの単勝1番人気は3.3倍でM.デムーロ騎乗のフランツだったのだが、ハッキリ言って大した馬では無い!前走のアルメリア賞(500万)では少頭数で後方から差し切ってはいたが、上がりも平凡だし負かした相手も弱かった。いきなり重賞で勝ち負け出来る器ではない!事実、2走前に平場の500万でシャルドネゴールドに完敗しており、そのシャルドネゴールが今回10.2倍の4番人気なのだから、フランツを買うくらいなら、シャルドネゴールドを買った方がはるかにマシである。

2番人気のグローリーヴェイズはきさらぎ賞2着でこのメンバーの中なら実績面では1枚抜けているのは認めるが、そのきさらぎ賞がかなりの低レベルだったし、2走前のこうきやま賞で負けた相手が、クラシックのトライアルレースでことごとく私を裏切ってくれたカフジバンガードだったので、これも大した馬ではないだろうし、M.デムーロから浜中に乗り替わっているのもマイナス材料だった。

3番人気のタニノフランケルは問題外だ!ウォッカの仔というだけで出走する度に人気になっているが、能力的には重賞を勝てる器では無い!将来的にオープンクラスまでいけるかどうかも微妙な感じの馬なので、ここも”カモ”だろう。

これらの上位人気馬よりは2歳時にホープフルSでタイムフライヤーの3着に好走しているステイフーリッシュの方が明らかに強いだろう?という感じだったのだが、単勝オッズ12.8倍の7番人気で複勝でも3.1倍〜4.3倍とかなりおいしい配当が見込めた!

前走の共同通信杯(GⅢ)では2番人気に推されながら10着と期待を裏切っていたが・・・ステイゴールド産駒のこの馬には府中の1800mは若干、短かったし、Sペースのヨーイドンで上がり33秒台前半の切れ味が求められるようなレースでは元々が買ってはいけない馬だ。(※なので共同通信杯では自信の切りだったが・・カフジバンガードが・・・)

それに当時は3歳初戦だというのに馬体重ー12kgと大きく馬体を減らしてしまっていたのもマイナスだっただろう。今回+16kgと馬体を戻してきたし、京都の2200mなら距離もOK!そしてケイティクレバーやグローリーヴェイズ、アールスター、シャルドネゴールドにタニノフランケルと逃げ・先行もそこそこ揃っているこのレースがSペースのヨーイドンになる可能性も極めて低い。

「馬体も回復して展開的にもある程度流れそう・・・相手はせいぜい500万レベルの馬達だからこれはスティフーリッシュ勝つだろ?」おまけに複勝でも下限値3.0倍以上つくので迷う事なくステイフーリッシュの単複を購入したのだ!!

しかしスタートが切られると予想外の展開に!まったくのノーマークだった松山騎乗のメイショウテッコンがハナを切り、そのまま後続をぐんぐん引き離して大逃げを打ちやがった!!しかも離れた2番手につけたのが、なんとスティフーリッシュではないか!?てっきり後方から競馬すると思っていたのだが・・・「まぁスタミナ勝負はむしろ歓迎だから別に先行しても良いんだけど・・・」3番手のケイティクレバーを3〜4馬身離しているので若干不安にはなる。

そのままメイショウテッコンがペースを緩めず軽快に飛ばし、ステイフーリッシュも単独2番手のまま1000mを通過すると・・・通過ラップは58.5秒!!

「おいおい・・・さすがに速すぎるだろ?」

さすがにここでメイショウテッコンがペースを落とし、後続各馬との差が詰まってきたが3コーナーに入ってもまだ2馬身ほどリードを保つメイショウテッコン!後続各馬もまだ追い上げてはこない中、ふと2番手のステイフーリッシュに目をやると・・・

持ったまま抜群の手応えでメイショウテッコンに並びかけてくるではないか!!

ステイフーリッシュの1000m通過タイムも1分は切っていたので、速いペースだったはずだが、手応えはかなり楽だ!「おお!これならいける!」

手応えどおりに4コーナーでメイショウテッコンを楽々交わし先頭に立ったステイフーリッシュは直線に入っても脚色が衰えず後続を引き離し行く!!

「よっしゃー!!もらったぞ!!!」

結局、そのままステイフーリッシュが後続を封じ込め横綱相撲で押し切った!

Hペースを先行して押し切るという強い競馬を魅せてくれてステイフーリッシュのおかげで、単勝12.8倍、複勝3.9倍のW的中となった!正直、メンバーの弱いここを圧勝したところで本番のダービーでは用無しだと思っていたステイフーリッシュだが・・・先行出来るならちょっと話しは変わってくる。内枠でも引いて好位から競馬できれば、本番でも侮れない存在となってきました。2400mへの距離延長はプラスになるでしょうし、馬場でも渋ればかなり面白い存在になりそうです。

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    京都新聞杯は、明らかに弱いと思われる馬が謎の人気をしていましたよね。
    ステイフーリッシュも実績考えたら4番人気ぐらいにはなると思ったのですが、7番人気ってのはいくらなんでも馬鹿にされすぎでしたから、この馬の単複狙いでの的中は見事でしたね。馬体も戻っていましたから復調しているのは明らかでしたし・・

    私もこれだけ上位人気にカモ馬がいたので、下記の3連複8頭BOXで勝負しました。

    ◎メイショウテッコン
    ○ユーキャンスマイル
    ▲シャルドネゴールド
    △ステイフーリッシュ
    ×アルムフォルツァ
    ×レノヴァール
    ×インターセクション
    ×リシュブール

    メイショウテッコンは普通にゲートを出れば、梅花賞の前半ラップなら間違いなくハナか番手をとれそうでしたし、負かした相手が、青葉賞2着のエタリオウとフローラS勝ちのサトノワルキューレなので多少は人気すると思っていたのですが、全然人気が無かったので(12番人気)、この馬絡みの目は厚めに買ってまでの渾身の勝負でした。
    メイショウテッコンが逃げたときは、いけるかなと思ったんですが、想像以上に速いペースで逃げてしまったので、直線は失速・・
    それでもBOX買いでステイフーリッシュがらみも持っていたので、まだ望みはあるかと思っていたのですが、アドマイヤアルバを買っていなかったので、万事休す・・
    せっかく、上位人気のカモ馬が全て消えたのに外れるという不甲斐ない結果に終わってしまいました・・

    今日はもうひとつの勝負レースだった、ハイペース確実の京都10レース、パールステークスのアンドリエッテの複勝勝負は当たりましたが、下限値だったので、トータルではまたマイナス・・

    最近調子が今ひとつですが、明日の新潟大賞典は久しぶりに先行馬壊滅の匂いがプンプンするレースなので、思い切って爆穴狙いで勝負します。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      メイショウテッコンはさすがにペースが速すぎましたね…それでも大きくは負けてなかったですし、次走もあまり人気にならなさそうなのでリベンジのチャンスはありそうですね!

      新潟大賞典は今のところピンとくる馬がいないので見予定ですが、以前からボムジュンさんが推奨しているトリオンフも出走しますし、ローカルのハンデ重賞で一筋縄ではいかないでしょうから、大穴3連複狙いには、ピッタリのレースですね!高配当的中期待してます!

  2. いし より:

    お疲れ様です!ステイフーリッシュ単複的中おめでとうございます!自分は前走の悪いイメージが拭えず切ってしまい不的中でした。続くプリンシパルSも外してしまいポンコツな1日でした。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      ステイフーリッシュは今回、条件がかなり好転しましたからね巻き返す可能性が高かったので、拾えました。
      明日のNHKマイルで回収しましょう!