極端な前残り馬場になってしまった名古屋競馬の勝負レースが差し馬狙いだったので・・・

今日は名古屋5Rと7Rで勝負しようと思っていたのだが・・・昨日の雨で朝から極端な前残り馬場になってしまい、予想を大幅に修正しなくてはいけなくなってしまった。

名古屋5R Cー9組 1400m 8頭立て

このレースは単勝1.0倍のシンパンジャが逃げてぶっちぎる事は目に見えていた上に2番人気のダンスアワードと4番人気のバジガクミワチャンが先行して垂れるだけのカモ馬だったので、この2頭が潰れたところに差して来る3番人気のジーニアスダンサーとシンパンジャの馬連1点に絶対の自信を持っていた!かなりの金額を投入しようかと思っていたくらいなのだが・・・今日これまでのレースでの名古屋の前残り具合がえぐすぎて、先行馬を切りきれなくなってしまったのだ。

展開的には、ここは絶対にシンパンジャから差し馬で良いレースなのだが、この馬場だと、バジガクミワチャンはともかく、ダンスアワードは残ってしまうかもしれない・・・なんせ、今日、これまでのレースで3コーナーで「潰されたな」と思っていた先行馬達がことごとく馬券圏内に残っている状況なのだ。

「これはシンパンジャがぶっちぎっても前が残るかもな・・・」

せっかく前日から目をつけていたレースだったのに、予想変更を余儀なくされてしまった。

しかし、このレースは前に行けるのはシンパンジャとダンスアワード、バジガグミワチャンの3頭のみで、残りの馬はすべて差し馬というメンバー構成。そして差し馬の中では、重馬場もこなせ、終いが1番切れるジーニアスダンサーが1枚抜けているので、予想を変更すると言っても、要はダンスアワードを買うか買わないかだけの事なのだが、結論としては、一応押さえる事にした。

しかし、断然人気のシンパンジャからジーニアスダンサーとダンスアワードへ馬連を流したら、ダンスアワードが2着に粘った場合は配当は2.2倍しかつかない・・・これでは2点買ってもリスクしかないので、馬連は当初の予定通り、ジーニアスダンサーとの1点に留め、この3頭の3連複1点を追加で購入することにした。

このレースは、シンパンジャがちぎってダンスアワードが粘るところにジーニアスダンサーが差して来る展開以外はありえないので、これなら仮に馬場を味方にダンスアワードが2着に粘ってもジーニアスダンサーが3着にくれば、馬券は当たるし、幸い3連複ではバジガクミワチャンが結構、売れていたので、この3頭の3連複でも4.3倍もついてくれるので、3連複だけの的中でも回収率は200%オーバーというわけだ!

ちなみにバジガクミワチャンの前走はこのブログでも記事にしており、その際に「次走800mなら買うが、1400mならカモだ」と書いたように、距離が保たないタイプで、いくら馬場が前残りでも、おそらく3着にすら粘れないだろうと読んでいたので「なら、ジーニアスダンサーが他の差し馬に負ける事はないので、ダンスアワードが粘れば3連複が、垂れれば馬連が当たるという完璧な買い目だ!」と自信を持ちレースに望んだのだが・・・

スタートが切られると、能力も時計も違うシンパンジャが楽にハナを奪い、後続をグングン引き離し向正面では既に5馬身以上のリードを取る展開に。2番手には外ダンスアワード、内バジガクミワチャンという並びで、ジーニアスダンサーは後方2番手という位置取りに。

「だいだい想定どおりの並びだが、ジーニアスダンサーがちょっと後ろ過ぎるなぁ・・・」と若干、嫌な予感が漂いながら3コーナーへ突入して行くと・・・

逃げるシンパンジャが更にリードを広げ独走態勢に入り、2番手のダンスアワードと3番手のバジガクミワチャンとの差も広がって行った。

「前が離されるのは良いのだが・・・その後ろも5〜6馬身離されてるんですけど!!!

「これはまずいぞ!届くのか?ジーニアスダンサーよ?!」

既に流し気味に走っていたシンパンジャに4コーナーでダンスアワードがかなり差をつめ直線に入って行ったが、3番手のバジガクミチャンは2頭について行けずバテ始めていた。だが、いかんせん着差が開きすぎているので、ジーニアスダンサーが届くのは難しそうな雰囲気だ。

「やはり今日の馬場で差し馬狙いは危険だったか?」

先頭は行く、シンパンジャは残り200mでダンスアワードに並びかけられたが、そこから軽く追い出すと、一気に突き放し、結局2馬身差で楽勝した。

この時点で馬連は不的中となったが、3着にジーニアスダンサーが突っ込んでくれば、3連複は的中となる!

名古屋競馬のカメラは先頭がゴールすると、そのままゴールラインを映し続けるので3着争いの脚色は見えない・・・しかも前2頭からはちぎられているのでなかなか、3着馬が画面に出てこない・・・時間にして1〜2秒だが感覚的には5〜6秒に感じるこの長い時間を耐え、ゴールラインを見守り続けると・・・

「ん?差したんじゃねーか?」

一瞬の出来事だったので、確認しづらかったが、外からジーニアスダンサーが差し切ったように見えた。そしてスローリプレイを確認すると「おお!キッチリ差し切ってるではないか!!!

とりあえず、馬場状態を加味して、3連複を購入した事により、プラス収支となったのだ!

「しかし、時計や能力、展開を考えたら、バジガクミワチャンなんてこのレースはボロ負けしてもおかしくないのに微差の4着に粘るとは・・・今日は相当前有利だな」

実はこの後の7Rでもソルオリーヴァ、ラインポレール、プリミティブライフという外枠3頭が決めて不足の先行馬な上にテンからやり合う可能性が高かったので、直後から差してこれそうなプルシアロワイヤルの単複を購入する予定だったのだが・・・5Rのバジガクミワチャンの粘り方を見て、購入を見合わせました。(プルシアロワイヤルの複勝下限値が1.8倍まで下がったのもありましたが)

結果はラインポレールとソルオリーヴァから7馬身離された3着入線でしたので、買っても買わなくても微妙なラインでしたが・・・前日の段階では、展開的に頭まであると思っていたのに7馬身を離されるとは・・・ちょっと今日は極端過ぎる馬場傾向でした。

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    今日は単複さんは、笠松10レースのゴールドトランプの単勝でも狙っているのかなと思ったのですが、このレースのジーニアスダンサー狙いってのはちょっと意外でしたね。

    このレースは先行馬が少なく、そのうち1頭が単複さんお墨付きのカモ馬バジガクミワチャンでしたから、私はシンパンジャ、ダンスアワードの組み合わせ以外考えられず、むしろ展開的にジーニアスダンサーのほうがカモだと思ってました。
    ダンスアワードは大外枠ですから、ハナにこだわる必要がないので逃げるシンパンジャの番手で隊列が固定すれば、そのまま淡々と流れる可能性が高そうでしたしね

    殆ど落ちてるお金を拾うレースだと思ったので、私はシンパンジャ、ダンスアワードの馬連1点勝負で的中したのですが、こんな不向きな展開で3着に食い込んだジーニアスダンサーはやはり上位2頭を除けば力量が抜けていましたね。木之前葵騎手の豪腕も見事でしたが・・

    ただ、3連復を抑えていた単複さんの危機察知能力は凄いです。これで負けるのと、僅かでも勝ちを拾えるのは長い目で見ると違いますからね。

    ちなみに、私はこの後、本日の勝負レースの船橋の東京湾カップで差し馬中心の3連複6頭BOX勝負をして、勝ち馬クレイジーアクセルにまんまと逃げ切られてしまい、本日もまた名古屋競馬の儲けを消し飛ばしてしまいました・・

    今日は昨日と違って、名古屋競馬の儲けもたいしたことも無かったので、トータルでも負け・・ 2日連続同じようなオチで直線失速してしまいました・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      シンパンジャとダンスアワードは時計が3秒違いましたし、鞍上も宮下瞳ということで、
      ダンスアワードは最初はまったく買う気はなかったんですけどね・・・馬場状態を見て日和って押さえましたが正解でしたね。
      3連複は思ったよりもつきましたので結構、儲かりましたしね!