Hペース見え見えの1600m戦でメテオーラビアンカの1本釣りに成功!

今日の勝負レースは名古屋の10R!1400mでは前残りの目立つ今開催の名古屋だが、このレースは1600戦に加え、逃げ・先行馬だらけでHペース必至!絶好の差し馬狙いのレースだった。

名古屋10R Bー7組 1600m 9頭立て

このレースの人気は

ご覧の通りで単勝1番人気は移籍初戦の前走で1400mで逃げてカフジバッカスの2着に粘ったディアチャイブだった。この馬、門別の1800mを逃げ切っているように距離延長は歓迎のタイプな上に前走は+20kgと余裕残しのつくりだった為、今回は大幅な上積みも見込める。普通に考えれば、「叩き2戦目のここは1600mの1枠から逃げて完勝するだろう」という感じで1番人気に推されたのだろうが・・・前述の通り、今回は展開がキツすぎるのだ!

まず、このディアチャイブは1枠だし逃げるだろうが、ブレードクイーンとラインゼウスの2頭も簡単にはハナを譲らないだろうし、岡部騎乗のアルコバッサも前に行きたいタイプだし、アネッロドーロも2〜3番手は確保したいだろうという感じで、逃げ・先行馬が5頭もいるような組み合わせだったのだ。

「これじゃディアチャイブは楽には逃げられないだろうな・・・」

おそらく逃げるのはディアチャイブだろうが、人気の無いブレードクイーンなんかは玉砕覚悟で競りかけてくる可能性もあるし、ラインゼウスも逃げなければ着外のタイプで簡単にハナは譲らなそう。アルゴバッサはこのメンバーでは逃げ争いには加われないだろうが、控えたところでアネッロドーロと一緒に3コーナーからはディアチャイブを負かしに行かなくてはならない。これでは逃げ・先行馬は壊滅のシーンまであり得るというわけだ!

そしてこのレースには後方から差して来れるミスエレキング、メテオーラビアンカ、ダイナミックワルツの3頭が出走していたので、「このあたりを買ってけば、まず当たるだろう」というレースと読んだ訳だ。

しかし、3頭は買いたく無いのでここから絞る事に!

まず、ミスエレキングなのだが、この馬は確かに差し馬なのだが、割と早めに上がっていくタイプで後方でジッと我慢出来る馬ではなく、おそらく今回もアネッロドーロの直後あたりのポジションになるだろう。となるとHペースに巻き込まれ、ゴール前で脚が上がる公算が高い。実はこの馬、前走も同じように差し馬有利の展開だったので馬券を買っていたのだが、中団から早めに動き3〜4コーナーで脚を使ってしまい、更に後ろから来たダイゴコクリュウに差されてしまっていたのだ。(まぁその時は人気薄のダイゴコクリュウの馬券も持っていたので、垂れてくれて良かったのですが・・・)

つまり、この馬は差し馬だが、ズブズブの差し決着になるとゴール前で止まるタイプなので、前走以上にHペースになりそうな今回はいらないのである!

なのでここは残った8枠2頭を買えば良いのだが・・・前走で7番人気ながら名古屋の短い直線で後方一気を決めたダイナミックワルツを買う気もしなかったのである。1600mで追い込んで勝った馬というのは大体、次走はコケるパターンが多く、連続で好走するケースは稀なのである。それくらい小回りの名古屋で追い込んで勝つというのは難しく、それが2戦続けて出来るかと言われると・・・答えはNOだ!今回も展開は向くので馬券圏内には突っ込んで来るかもしれないが、勝つのは厳しいだろう。ちょうど昨日もこのパターンでキョウワルナという馬が着外に沈んでいたのもあり、ダイナミックワルツは切る事にした。

となると残るのはメテオーラビアンカ1頭となるのだが、この馬は名古屋でまだ勝ち星がなく、一見、決め手不足に見えるが、4走前は勝ったのがヒロシゲスマートだったので、これは相手が悪かっただけなので、仕方ない。次走も1600mで取りこぼしているが、これこそまさに「差し馬の連続好走は厳しい」という典型パターンだったし、逃げたラヴィが勝ったレースで展開も向かなかった。その後1400mで脚を余し負けていて今回1600mで展開も向くのだから、そろそろこの馬の順番だろう。

という訳で、メテオーラビアンカの単勝を購入したのだ。

そしてレースがスタートしようとゲートインが始まったのだが・・・なんと2番人気で展開的にもディアチャイブの邪魔をしてくれそうだったラインゼウスがゲート入りをゴネだしたのだ!「おいおい勘弁してくれよ!取り消したらオッズ下がるじゃねーか!」

しかし・・・5分経過しても10分経過してもゲートに入らない・・・

「うわ!ダメだこれ・・・取り消しだ。」

案の定、ラインゼウスは取り消したのだが、ディアチャイブが単勝の票を集めてくれていたので、メテオーラビアンカの単勝は25.6倍→22.0倍とそんなに下がらずに済んだのだが・・・「逃げ候補が1頭減ってしまったな」と展開面の影響が心配になった・・・

だがスタートが切られると、ブレードクイーンがその心配を払拭してくれた!!!

予想通り逃げたディアチャイブに馬体を併せてガンガン競りかけ1週目のスタンド前では2頭で後続を4〜5馬身ほど離しHペースを演出してくれたのだ!

「よっしゃー!いいぞ!これならさすがにディアチャイブも潰れるだろ?」

こうなると人気のディアチャイブは引くわけには行かず、その後も強気に飛ばして行き、ブレードクイーンを振り切り3コーナー迄は3馬身差をつけてひとり旅となったが・・・

当然、このペースで最後まで保つわけがなく4コーナーで後方待機組に一気に捕まったのだ!

そして、しっかりと3番手まで上がって来ているメテオーラビアンカにテンションが上がる!

「よ〜し!ディアチャイブはもう消えた!これはもらったろ?」

4コーナーを回り直線に入るとディアチャイブがもうひと踏ん張りして先頭をキープするが・・・アネッロドーロとメテオーラビアンカが併せ馬で猛追する!

残り100mでとうとう捕まり、ディアチャイブはここで終了〜。

そして最後は・・・

アネッロドーロをキッチリ交わし、後方から追い上げて来ていたダイナミックワルツと内をすくったミスエレキングも凌いでメテオーラビアンカが1着でゴールしたのだ!!!

「よっしゃー!単勝22.0倍GET!!!」

思い通りの展開になり、差し馬の取捨も間違えず結果に結びつけられたので大満足のレースでした!!

ただ、「差し馬の連続好走」に関してはダイナミックワルツは微差の3着に突っ込んできましたので、微妙な結果でしたけどね・・・

しかし1番人気のディアチャイブは5着に負けたとはいえ、この展開でここまで粘るのだから、次走、多少のHペースでも1600mなら確勝でしょうね。まぁ人気にもなるとは思いますが・・・

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    今日は、私は午前中のみの参戦だったので、このレースはやっていませんが、確かにメンバー見たら、先行馬壊滅の匂いがプンプンするレースですよね。
    ただ、8枠の2頭買いではなく、メテオーラビアンカの単勝1点買いでの的中は見事です。
    私だったら、恐らく前回お世話になった、ダイナミックワルツの単複で勝負していたと思います。

    メテオーラビアンカには、私は南関東にいたころ2度ほど大穴の恩恵に預かったことがありますが、この馬は、普段は後方からジリジリと脚を伸ばすだけの足らない馬なのですが、時々思い出したかのようにすさまじい末脚を披露して大穴を開ける一発屋ホースでしたから、そろそろ狙い所だったのかもしれませんね。

    私は今日は、園田の5レースでオオエピクシー、アワジノオトメの単勝2点買いと、6レースのエンデヴァーの単勝1本釣りを的中したので、午前中のみの勝負ながら勝利することは出来ました。
    今日は園田が前残り馬場だったので、1230m戦の前残り狙いは単複さんの得意なパターンですから、ひょっとしたらこのレースも的中されていたのではないでしょうか?

    6レースのエンデヴァーは、C1でも上位争いしていた馬で、1230mでもハナを奪えてお終いもさほどばてない馬なので、石堂騎手の軽量での逃げに期待しました。9馬身差の圧勝ですから強かったです。昨日に引き続き、石堂君様々です。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      やはりエンデヴァー買ってましたか(笑)
      場柱見た時に「石堂君か…ボムジュンさん勝ってそうだな」と思いました…今日の騎乗馬の中ではこれが1番狙いごろでしたからね。
      ただ、私は、このレースは吉村騎乗のレッドラフィーネがC2では掲示板が精一杯だろうと思ってカモにしようと思ったのですが、メイショウナンバーが切りきれなかった事とエンデヴァーが思ったより人気になっていたので、見してしまい、石堂君バブルにはあやかれませんでしたが…強かったですね!

      ちなみに、5Rの1230mも見です。
      ここはオオエピクシーの逃げを石堂君が邪魔しそうだったので躊躇してしまいました。
      オッズを考えたら「逃げた方が勝つ」と2点買いも有りでしたね!
      今日の午前中の園田は大荒れでしたからね…その中でキッチリ単勝2本的中はお見事だと思います。おめでとうございます!

      私は今日は名古屋10Rにかなり気があったのでこれ一本に絞ってました。逆にこのレースでひょっとしたらボムジュンさんダイナミックワルツ軸の差し馬3連複BOXを買っているかな?と思ってました(笑)