以前から狙っていたチビノヴァルタンがようやく中距離を使ってきてくれたが・・・

福島7R 4歳以上500万(牝馬限定) ダ1700m 16頭立て

今日はこのレースに以前から「中距離の方が絶対合うのにな・・・」と思っていたチビノヴァルタンが出走してきたので「おっ!」と思い、こいつで勝負しようと決めていたのだ!

この馬、キンシャサノキセキ産駒なので今まで、中央では1200m〜1400mのダートばかり使われていたが、未勝利勝ちは門別の1700mだったのだ。レースぶりからも1200mだと後方のまま流れ込む競馬で着外に沈んでいるが、1400mだとある程度前に行けて、1.0秒以内の着差で掲示板を確保出来ているように着差も内容も1200mよりも1400mの方が良く、今回の1700mへの距離延長は更にパフォーマンスを上げる可能性が高い!おそらく1700mなら楽に好位が取れるだろうし、このレースの単勝1番人気のノーブルスノーが3.4倍もつく混戦模様が示すとおり今日のメンバーは牝馬限定戦だけあって大した馬は見当たらない。「これくらいのメンバーなら十分、勝ち負けになるだろう」と読んだのだ。

福島ダ1700mだけあって先行馬は他にも多数いるが、確固たる逃げ馬は不在でペースもそこまで上がらないだろうし、3枠5番と内枠を引いたチビノヴァルタンは悪くともインの5〜6番手にはつけられそうなのも心強い。「1700mのペースなら脚も溜まるだろうし、内をロスなく回ってくれば、頭まで有り得る!」と思ったのと、他のメンバーに関してはどれも信用できず、まったく絞れなかったのでチビノヴァルタンの単複を購入した!

スタートが切られると逃げたのは外枠から藤田菜七子騎乗のサウンドマジックだった。そして内から2枠2頭がこれを追いかけて上がっていった為、ポッカリと空いた内ラチ沿いの4番手にチビノヴァルタンが取りつく事が出来た!

「よしよし。良い位置だ」1〜2コーナーで外から各馬が殺到しチビノヴァルタンは7〜8番手になってしまったが、逃げるサウンドマジックから3馬身程度しか離されていないので問題は無い!逆に外から押し上げた馬達は終いで垂れるだろうという感じだった。

事実、3コーナーからペースが上がると、スタート後に動いた外枠各馬は垂れ始め、対照的に内で脚を溜めていたチビノヴァルタンは手応えに余裕がある上に内ラチ沿いをピッタリ回っているので、コーナーワークでジワジワと着順が上がって行くという最高の展開に!

4コーナーを回り直線に向いた時にはチビノヴァルタンは3番手まで進出して来た!!!前を行くのは逃げていたサウンドマジックと番手のレッドエレノア2頭だけだ!「よーし!これなら差せるだろう?」

残り200mで先頭のサウンドマジックの脚色が鈍り出しレッドエレノナとチビノヴァルタンが2馬身はあったサウンドマジックとの差を半馬身差まで一気に詰め寄り、勝負はこの3頭に絞られた!

「来た〜!ここまで来たなら差せよ!」脚色的にはレッドエレノナとチビノヴァルタンの2頭が優勢だったのだが・・・ここでチビノヴァルタンの鞍上原田が前を行くサウンドマジックを交わす為に内に進路を切り替えたのだ。レッドエレノナとサウンドマジックの間が開かないと踏んで内に行ったのだろうが・・・この一瞬の切り替えの間に2頭との差がスゥーと開いてしまったのだ!

「いかん・・・これは脱落だ・・・」

案の定、そこからは着差が詰まらず・・・

チビノヴァルタンは3着入線となってしまいました・・・

「まぁ一応、複勝当たったから良いけど・・・」せっかく中距離を使って来てくれたチビノヴァルタンが結果を出してくれたので、出来れば単勝を当てたかったが、7番人気→4番人気→9番人気の決着だった為、複勝配当900円なら良しとします。

ただ、チビノヴァルタンはこれで次走、人気になってしまうでしょうから次は旨味がなさそうですけどね・・・それにしても最近、中央で単勝が当たらないな・・・

コメント

  1. いし より:

    単複さんお疲れ様です!的中おめでとうございます!複勝900円なんて自分には到底無理です!自分は今日アーリントンカップでパクスアメリカーナからタワーオブロンドンの馬連とレッドヴェイロンのワイドが当たったので皐月賞の軍資金ができました!

    • 単複 より:

      いしさん お疲れ様です。
      アーリントンカップの的中おめでとうございます!
      お互い皐月賞で減らさないようにしましょう!

  2. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    チビノヴァルタンは、この条件は良さそうでしたし、展開は向きそうでしたからこの馬の単勝複勝狙いはいい狙いだったと思います。複勝900円は見事だと思います。

    鞍上原田騎手も今日は最短距離を通って、直線で上手くインをつく最高の騎乗でしたが、今回は、積極的にハナを主張して絶妙なペースで逃げた菜七子騎手のほうが一枚上手でした。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      そうですね!競馬は相手がいますから、
      なかなかすべてが自分の思い通りにならないですからね・・・
      ただ、チビノヴァルタンには勝って欲しかったですけどね(笑)