園田の菊水賞には目もくれず名古屋最終に全力投球したら・・・大正解だった!

今日は園田で3冠レースの1冠目、菊水賞が行われましたが、「人気のコーナスフロリダとアゼツライトで堅いだろ?」と思い、このレースは1円も買わなかったら、なんとコーナスフロリダが出遅れて道中で脚を使ってしまい、4コーナーで逃げたアゼツライトに突き放され、4着に敗退と馬券圏外に飛びやがった!「うわー買わなくて良かった」おそらく馬券を購入していたらコーナスフロリダから買っていただろうから”見”で正解!

もちろん1円も儲かっていないのだが、なんだか得した気分になり、本日の勝負レースである名古屋12Rに挑んだのだ!

名古屋12R Bー6組 1600m 9頭立て

このレースは1番人気のホッコーカゲウシャが初の1600m挑戦という事だったのだが、1400mで逃げて好走していた馬で距離延長がプラスになるとは、とても思えなかった。単騎で楽に行ければ、まだ買えない事もないが、このレースにはアネッロドーロやアブソルプションと絡んできそうな馬が出走しており、ホッコーカゲウシャは鞍上が宮下瞳という事もあり、逃げてゴール前で垂れそうな気配がプンプンしていた。

となると差してこれる2番人気のザッツアモーレが絶好の展開になりそうなのだが・・・この馬は出遅れ癖があり、ちょっと信用できないし、差し馬と言っても比較的、早めに捲って行くタイプなので、先行馬が潰れる展開の場合は一緒に沈む危険性もあったのだ。

それよりも8枠2頭に魅力を感じた!

ミスエレキングは前走の1600m戦を1分45秒1の好時計で快勝しており、2着だったサンマルアルティマに0.6秒差をつけていたようにまだ余裕がある勝ち方だったし、正直、今日のメンバーなら前走だけ走れば、勝てそうだ。主戦の山田騎手がザッツアモーレに乗る為、鞍上が尾崎騎手になったのは若干、マイナスだが、「まぁ山田と尾崎なら大して変わらないだろ?」という感じだったし、ダイゴコクリュウは出遅れた前走でもミラクルシップ相手に1秒差と踏ん張っていたし、こちらは今回、鞍上が主戦の丸野騎手に戻るので心強い!この馬もザッツアモーレ同様、出遅れ癖があるのだが、大外枠を引いた今回は多少、出遅れても包まれないのでじっくり乗れるし、これだけ人気が無ければ、勝負する価値はある!

人気のホッコーカゲウシャがレースを引っ張り、3コーナーくらいからアネッロドーロと出遅れなければザッツアモーレがプレッシャーをかけに行くはずなので、その1歩後ろから差してこれそうな8枠2頭を購入する事にしたのだ!!

レースがスタートすると、ポンっとホッコーカゲウシャが飛び出し先頭に立った。2番手はアスターリュートが押して押して上がっていき、3〜4番手にアネッロドーロとアブソルプションという並びに。一応、今回はダイゴコクリュウもザッツアモーレも出遅れなかったのだが、この2頭は後方からの競馬となった。

正面スタンド前を通過する時にホッコーカゲウシャとアスターリュートが3番手以下を離してリードを取り、3番手のアネッロドーロはこれを無理に追いかけず、内で脚を溜めていた・・・「出来ればアネッロドーロにも競りかけて欲しかったが、まぁアスターリュートが突ついてくれているので、ホッコーカゲウシャは垂れるだろう」という感じでレースを見守っていると・・・

3コーナー手前からアスターリュートがホッコーカゲウシャに馬体を併せに行った!更に内からアネッロドーロもこれに迫りペースが上がる!「よし!いいぞ!ここで前の馬は脚を使い切っちまえ!」3頭から3馬身遅れで、8枠のミスエレキングが上がって来ていたのでテンションが上がる!「よしよし・・・そのまま前が潰れてピンクの帽子が差して来い!」

4コーナーに入ると1番人気のホッコーカゲウシャは、やはり距離が応えたのか、一気に失速しアスターリュートが先頭に立つ!「はい!1.6倍消えた!!!」2番手にはアネッロドーロが上がり、2馬身差の3番手の内にミスエレキングが、更に外からもう1頭のピンクの帽子ダイゴコクリュウまでもが良い感じで上がって来たのだ!!!「おおー!2頭とも来たか?これはもったろ?」

この時点で、完全に「取った」と思ったのだが・・・直線に入っても先頭のアスターリュートの脚色がなかなか衰えないではないか!

残り100mを切ってもまだ粘っていやがった!「まずい!これは誤算だ!」そして8枠の1頭ミスエレキングは既にバテており、勝負圏外から漏れてしまっていた。「マジか?こうなったらダイゴコクリュウが頑張るしかないぞ!」

「差せ!差せ!丸野!単勝しか買ってないから絶対差せよ〜!!!」

私の声援に応え、ダイゴコクリュウは本当に伸びて来て、さすがに脚が上がりはじめたアネッロドーロを交わし、アスターリュートに迫って行く!

「頼む!差してくれ!丸野!」なんせ単勝59.8倍である!そりゃ応援にも熱が入るというものだ。

そして結果は・・・

「よっしゃ〜!!!でかしたぞ!丸野!!」

ゴール前でキッチリ差し切ってくれたダイゴコクリュウ&丸野騎手のおかげで無事、単勝59.8倍をGETとなったのだ!!

菊水賞には目もくれず、名古屋最終レースまで待っていた甲斐がありました!

「しかし2着に粘ったアスターリュートは強かったな・・・Hペースでホッコーカゲウシャを潰したきった上に展開の向いたダイゴコクリュウも最後やっとこクビ差、勝ちだもんな・・・」

2走前に1600mで先行して着外に沈んでいたので甘く見ていましたが、今日の内容はかなり強かったと思いますので、次走も1600mなら狙って見たいと思います。

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    今日は昼から園田競馬場に行って菊水賞を現地観戦しておりましたが、アゼツライトは強かったです。
    アゼツライトは近走内容から、揉まれこんだらどこにもいない可能性が高いですが、先行すんなりなら多分メンバー最強だと思っていたので、アゼツライトの単勝馬券を握りしめて絶叫しておりました。
    しかし、すんなり逃げられたとはいえ、ここまで圧勝するとは思いませんでしたね。
    ただ、2~3走前みたいにごちゃついたら惨敗する馬ですから兵庫ダービーでは、その可能性が高そうならカモ扱いする予定です。

    この名古屋12レースは、ホッコーカゲムシャは、JRAの内容からも完全な短距離馬でマイルでは完全に馬券圏外に飛ぶのが確実だと思っていたのですが、そのため欲をこいてしまって、差し馬だけの3連複BOXで勝負したのが大失敗でした・・(もちろん、8枠2頭も買っておりました・・)
    菊水賞の勝利でテンションが上がっていたのと、かなり美味しいレースだと思ったので、ついつい手を出してしまいましたが、園田、船橋と違って名古屋でこの狙い方は中々成功しませんね・・

    名古屋競馬で50倍オーバーの単勝的中は凄いですね、私は勝ち馬をピンポイントで狙うのが苦手なので、そこそこの配当までしか単勝1本釣りが出来ないのが悲しいです・・

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      菊水賞的中おめでとうございます。
      私は今回、アゼツライトは逃げるにしても、もっと厳しい展開を想像してましたので、まさかあんな楽に逃げられるとは…といった感じで見ておりましたが、4コーナーでコーナスフロリダを突き放し圧勝するとは思いませんでした。馬場も前有利で展開も向き、何もかも上手くいった感はありますが、今日のアゼツライトは強かったですね!単勝馬券を持っていたボムジュンさんは直線、笑いが止まらなかったのではないでしょうか?
      ただ、おっしゃる通り兵庫ダービーは危険な人気馬になりそうですね…さすがに今日のようには逃がしてくれないでしょうからね…メンバー次第ですが、カモれそうな感じはしますね。

      名古屋で1〜3着すべて差し馬決着は滅多にないので、3連複なら先行馬入れないと的中率が大きく落ちてしまいますが…全部差し馬の場合だと10万オーバーの配当になるでしょうから夢がありますよね!